ライフスタイル

ホワイトデーの予算・相場 本命と義理との違い。女性が喜ぶプレゼント、過ごし方、告白の返事の仕方は?


ホワイトデーの予算・相場 本命と義理との違い。女性が喜ぶプレゼント、過ごし方、告白の返事の仕方

「ホワイトデー」の相場はいくらくらい?本命と義理の違いとは

「他の男性はどのくらいお金をかけているんだろう?」
とつい気になってしまうのが、「ホワイトデー」のお返しにかかる予算です。頼んだわけでもない義理チョコへも、社会人としてきちんとお返しをしなくてはいけない場面が多く、困っている方もいるでしょう。

市販のチョコレートなら金額の目安がつきますが、手作りの場合は同程度でお返しすることも難しく、頭を悩ませてしまいがちです。チョコレートをくれた相手へ、悪印象を与えないためにも、「ホワイトデー」の相場を知っておきましょう。

彼女や好きな相手へ贈るお返しの予算

「ホワイトデー」に彼女や好きな相手へお返しをする場合、2~3000円が相場だと言われています。手作りチョコレートの場合も、この価格帯を意識しておけば問題ありません。ただし、彼女から「バレンタインデー」に貰ったプレゼントがそれよりも高額な場合は、貰った価格以上のお返しを用意しましょう。

また、お返しは最低でも同価格、できれば2倍3倍……と考えている女性も多いため、同価格程度のスイーツにプラスして、別のプレゼントを用意してあげると、さらに喜ばれます。ダイエットを気にしている女性が多いため、“多すぎるお菓子のプレゼントは敬遠されてしまう”ことも覚えておきましょう。

義理チョコをくれた相手へ贈るお返しの予算

義理チョコへのお返しは、貰ったチョコレートと同価格、もしくはプラス500円以内が相場です。あまりに高価なお返しをしてしまった結果、「お返し目当てに義理チョコをたくさん貰うようになってしまった……」という例もあるため、見栄の張り過ぎは厳禁です。

手作りチョコを貰った場合も、義理チョコであれば500円程度の予算で問題ありません。余計な問題を起こさないためにも、友だちという意味を持つクッキーや、意味を持たないケーキなどを選びましょう。職場や学校で配る場合は、差別にならないよう、どの女性へも同じ商品を配ることが重要です。

スポンサーリンク


「ホワイトデー」を機に急接近したい!特別なプレゼントで彼女の気持ちを引き寄せて

好きな相手や、彼女へのホワイトデープレゼントは、スイーツだけでは、少し物足りません。「バレンタインデー」のお礼や、感謝の気持ち、これからも一緒にいたいという想いを込めて、特別なプレゼントを贈ってみてください。この心遣い一つで、彼女の気持ちをぐっと引き寄せることができるでしょう。

ダントツ人気!プレゼントの定番アクセサリー

女性が「ホワイトデー」に貰いたいものランキングのナンバーワンは、なんといっても「アクセサリー」です。大好きな人からもらったものを、常に身につけられる幸せは、女性にとって特別なものでしょう。

彼女が好きなブランドやイメージなどを考慮し、プレゼントするなら安っぽいものは避けましょう。長く大切にしたい、と思える商品を選ぶことで、彼女と過ごすこれからの時間を彩ることができます。

自分では上手に選べない……という場合は、人気ブランドショップの店員さんに相談したり、一緒に買いに行ったりすることで、彼女を笑顔にするアクセサリーと出会えるでしょう。

全ての女性が喜ぶ!花

貰って嬉しくない女性はいない、と言われるほど、贈り物として愛され続けているのが、お花のギフトです。花束を贈れば、特別だという想いをストレートに伝えることができるでしょう。

意識の高い男性はこの時、花言葉にもこだわってプレゼントを贈っています。相手への思いが込められた花言葉のブーケなどを選ぶことで、彼女のハートが温かくなるはずです。生花ももちろん良いですが、枯れることのないプリザーブドフラワーのアレンジメントも人気となっています。

プリザーブドフラワーなら、通販が利用できるため、早い段階で用意しておけるのも選ばれているポイントです。前日や当日になって慌てることなく、「ホワイトデー」の段取りが組めるでしょう。

ちょっとした感謝の気持ちを伝えるならミニタオルで

本命の相手ではないけれど、普段からお世話になっている……そんな相手へはお菓子に添えて、プリントや刺しゅうが綺麗なミニタオルを送ってみましょう。手ごろな価格で買える商品のため、相手に気を使わせ過ぎず、かつ日常的に使うものですから迷惑になりません。

「ハンカチギフトの方が上品なのでは?」
と感じるかもしれませんが、ハンカチは別れを連想させる、という考え方もあるため、特に年上世代には送らない方が良いアイテムです。ミニタオル以外で選ぶ場合も、事務用品やハンドクリームなどの消耗品が喜ばれるでしょう。

エスコートは男性から!女性が理想とする「ホワイトデー」の過ごし方

「ホワイトデー」は、「バレンタインデー」にチョコレートをくれた相手へお返しを渡す日……だけではありません。多くの女性が、当日にサプライズや特別なデートを求めていますから、彼女を喜ばせるためにも、意中の相手のハートを射抜くためにも、準備を怠らないようにしましょう。

「ホワイトデー」にしたいことを女性に聞いてみると、「レストランで食事をしたい」「夜景を見たい」といった声が多く聞かれます。「ホワイトデー」は同じような考えのカップルで、レストランも夜景ポイントも込み合いますから、「ホワイトデーに〇〇がしたい!」という気持ちがあるなら、できるだけ早く男性側から動き出すようにしましょう。

レストランの予約や、穴場デートスポット、ケーキや花などのサプライズの準備なども、もちろん大切ですが、良いタイミングで彼女のスケジュールを抑えておくことも大切です。

「驚かせたいから……」と、ホワイトデーギリギリまで隠した結果、彼女が仕事や女友達との予定を入れてしまっていた……という事態になってしまっては、目も当てられません。

デートプランを考える際は「ホワイトデー」当日にこだわり過ぎないことも大切です。直前の土日などにセッティングすれば、ゆっくりと二人の時間を楽しむことができるでしょう。この時、「予約が取れなかったから……」「自分の仕事の都合で……」など、いかなる理由があっても、ホワイトデーの14日を過ぎてはNGです。

周囲がホワイトデーデートやサプライズをしてもらっているのに、自分だけ置いてけぼりになってしまった……という気持ちにさせてしまうため、日付をずらす場合は前倒しするのが基本です。

スポンサーリンク


「バレンタインデー」に告白された男性は返事も重要!女性が喜ぶセリフやスマートな断り方をチェック!

「ホワイトデー」は、「バレンタインデー」に告げられた気持ちへ返事をするための日です。
そのため、まだ返事をしていない場合は、「ホワイトデーを」利用して、今の気持ちを伝える必要があります。OKする場合はできるだけ女性が嬉しい方法で、お断りする場合も、極力女性が傷つかない方法を選ぶようにしましょう。

<女性へOKの返事を出す場合>
「バレンタインデー」の告白に対し、OKの返事を出す場合、気持ちを伝えるセリフは最後に取っておきましょう。チョコレートのお礼を兼ねた食事やお茶などの時間をまずは楽しみ、最後に告白することで、女性側の嬉しい気持ちを高めることができます。

「バレンタインデー」にチョコレートを貰っている例では、女性側の気持ちはほぼ固まっているでしょう。そのため、「ホワイトデー」が“交際記念日”になる可能性が高くなるため、二人にとって大切な思い出になるような、雰囲気のある場所での告白がベストです。

夜景やイルミネーションなども人気ですが、3月はまだ、夜の冷え込みが厳しい時期です。風邪をひかせてしまったり、冷え性なのに我慢させてしまったり……といった面まで考慮するなら、個室のあるレストランやバー、落ち着いた雰囲気のカフェ、プラネタリウムといった場所もおすすめです。

<女性へNGの返事を出す場合>
「バレンタインデー」に告白され、「ホワイトデー」に断りの言葉を告げようと思っている場合、女性に対して思わせぶりな素振りをしてしまうのは禁物です。バレンタインチョコを渡したその場でOKを貰えなかったことで、女性側は「ダメかもしれない……」という気持ちでいっぱいになっているでしょう。

そこで、せめてもの罪滅ぼしに……と、恋人らしいムードを作ってしまったり、プレゼントを用意してしまったりした場合、余計な期待を抱かせた後、気持ちをどん底へ落としてしまうことになります。

だからといって、「ホワイトデー」のお返しへ、あえて“嫌い”という意味のあるチョコレートを包んでいないマシュマロだけのプレゼントを選ぶ必要はありません。貰ったチョコレートと同価格程度のスイーツを用意し、渡しながら「告白してくれてありがとう」と「ごめんなさい」を伝えるようにしましょう。

もしかしたら、女性がその場で泣きくずれてしまったり、怒ってプレゼントを投げたり、といった行為に走るかもしれません。ですが、そこで「大丈夫?」「せっかく買ったのになにするんだよ」などの言葉を発してしまうと、関係が余計にこじれてしまいます。

お返しを渡し、答えを告げたら、できるだけ速やかにその場を去ることが、自分にとっても、女性にとっても良いと、心得ておきましょう。

最後に

お返し選びから、当日の過ごし方まで、男性にとっては少し面倒な「ホワイトデー」ですが、女性が喜ぶスイーツやプレゼント、シチュエーションを知っておくことで、「当日がちょっと楽しみ」といった気持ちに、変化していきませんか?

「ホワイトデー」は“女性がいくつになっても楽しみにしている日”です。そんな気持ちを察し、相手の年代や好みに合わせたお返しをしてあげられる男性になれば、周囲からの印象もぐっと良くなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です