ライフスタイル

ホワイトデーは日本だけ!その由来・起源、いつから?


日本が起源のホワイトデー!その由来、いつから?

「バレンタインデー」が終わるとすぐに、デパートやショッピングセンターの売り場には「ホワイトデー」の商品が並び始めます。「バレンタインデー」に、チョコレートなどのプレゼントを貰うのは嬉しい反面、「好きな相手はどんなお返しを望んでいるのだろう?」「義理チョコへのお返しのことを考えるとちょっと憂うつ」といった悩みを抱える男性も多いのではないでしょうか?

毎年「ホワイトデー」のお返しで頭を悩ませている……それなら、お返しの持つ意味やオススメ通販ショップ、女性が喜ぶデートプラン、義理チョコへぴったりのお返しなどを、今年はチェックしてみてください。女性に人気の商品や、エスコート先を知っておくことで、当日までの準備がスムーズになり、相手を笑顔にすることができるでしょう。

スポンサーリンク


ホワイトデーの起源・由来。そもそも「ホワイトデー」はいつからどこで始まった文化なの?

「バレンタインデー」の1か月後、3月14日が「ホワイトデー」であることは、年配の方であっても当たり前に知っているでしょう。元をたどれば、「バレンタインデー」が日本で定着したのは1970年代頃、そして「ホワイトデー」もほどなくして広まった文化だと言われています。

そもそも、「バレンタインデー」の習慣は、海外から伝わりました。多くの国では“男性が女性へ贈り物をする日”として定着していますが、日本ではチョコレート・ココア協会の働きかけがあり、女性から男性へチョコレートを贈る日として広められ、今に至ります。

その後、福岡のお菓子会社が「バレンタインデー」のお返しを贈る“マシュマロデー”を提案したり、飴菓子工業協同組合が”バレンタインのお返しにキャンディーをプレゼントする日“を広めたりしたことによって、「バレンタインデー」にチョコレートを貰ったら、お返しを行う、という文化が根付きました。

つまり、「ホワイトデー」は日本だけにあるイベントデーなのです。日本から「バレンタインデー」の文化が伝わった韓国には「ホワイトデー」がありますが、その他の国では相手からのお返しは特に無いそうです。

こうして、マシュマロやキャンディーなどがお返しとして定着しはじめた日本ですが、当時は3月14日という日付は定められておらず、名称も「マシュマロデー」「キャンディーデー」といったバラバラの呼び方でした。

しかし、“お返しする”という行為が当たり前になるにつれ、お菓子会社や百貨店などはより儲けにならないかと考えます。その結果、「バレンタインデー」のお返し習慣を利用して、「マシュマロやキャンディー以外の商品も売れれば……」といった思いが業界内で高まりました。

この時、「どうせイベント日を作るなら、百貨店などが暇な時期が良い」と言うことで、いくつかあった候補日の中から3月14日が選ばれました。こうして、「バレンタインデー」と対になる「ホワイトデー」の日が誕生したのです。

呼び名が「ホワイトデー」になったのは、純潔を表す白色が、“恋する若者の気持ちにぴったりだから”と言われています。その後は私たちの知る通り「ホワイトデー」の習慣がごく当然のものとなり、毎年日本各地で盛り上がりを見せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です