ライフスタイル

義理チョコのお返しに幸運の女神。ホワイトデーに訪れたモテない男の幸せ


義理チョコ、なんとも悲しい響きである。

「義理堅い」とか「義理人情」と言うといぶし銀のようなかっこよさを醸し出すのに、「義理チョコ」となると途端に哀愁を帯びるのは、なんという言葉のあやだろう。

僕は、毎年2月14日になると、チョコレートまみれになる。

そう言うと、いかにもモテる良い男というイメージが沸くだろう。

しかし、僕に手渡されるチョコレートは、悲しいかな、全て義理チョコだ。全て、だ。

そう、全て。

オフィスの男性社員全員に配給される義理チョコ
誰かのついでに渡される義理チョコ
見返りを求めて渡される不純な義理チョコ
営業スマイルつきの保険のおばちゃんの義理チョコ

ひとくちに「義理チョコ」といっても実に様々で結構なことである。

結構なことではあるが、僕にとってはそんな多種多様な義理チョコなど、どうでもよい。

問題は、義理チョコにつきまとう「お返し」だ。

スポンサーリンク


何を好きこのんで、頼んでもいなければ欲しくもないチョコレートを押し付けられ、1ヵ月後に「お返し」とやらを渡さねばならんのだ。

このやるせない義務感が嫌で、僕は義理チョコなんてこの世から消えて無くなればよろしい、と密かに熱望していた。

今年も同じく大量の義理チョコにまみれて、僕は途方にくれていた。

もう義理チョコはいらないよ。

僕は大して好きでもないチョコレートに囲まれて、お返しに一体いくら費やさねばならぬのか計算してうんざりした気分になった。

そうだ!

僕は突然思いついた。

別にお返しなんてしなければ良い。

「あの人、お返しくれないのよ。や~ね~」という印象を与えてしまえば、もう次の年からは義理チョコは無くなるだろう。別に僕だって欲しいと思っていないのだから、それでいいのだ。

そうすれば1人分の義理チョコ費用が浮き、僕もお返しにお金を使う事が無くなり、ウィンウィンという事になるだろう。

僕はこのアイディアを思いついた自分に「グッジョブ」と親指を立てて賞賛し、今年はお返しは渡さないと心に誓った。

折角人が並々ならぬ決意をしても、それを揺るがそうとする奴は必ずいるものだ。

同僚の男性社員と昼食をとっている時、ホワイトデーのお返しの話になった。

皆で貰ったものに関しては、皆で割り勘して一気に買わないか、という内容だったが、僕はちょっと気取って「申し訳ないけど、僕は今年はお返しはしないんで」と断った。

瞬間、微妙な空気が流れた。

「お前な~、そりゃ、女子たち非難轟々だぞ」

「皆でお返しする分は、まぁ辛うじてごまかせるっていうか俺らもフォローできるけど、個人的にもらったやつもお返ししないのか?」

口々に咎めるように責める同僚たちを、僕は鼻であしらった。

「頼んでもない義理チョコのお返しをする義務はないと思ってね。もう来年からは義理チョコはいらないって意味合いも込めて、今年はホワイトデーにお返しはしないって決めたんだ」

皆は「いやいやいや・・・」という空気になっている。

1人が口を開いた。

スポンサーリンク


「気持ちは分かるけどな。ホワイトデーにもバレンタインにも、重要な意味があるんだ」

何を言い出すかと思って最初こそ話半分に聞いていたが、聞いているうちに、なんとなく納得できるような、あまり認めたくはないが、確かに・・・と言わざるを得ないような、そんな話だった。

要は、バレンタインの義理チョコと、ホワイトデーのお返しには強大なコミュニケーションツールとしての効果があるというものだった。

僕みたいな冴えない内気なモテない男は、ろくに女の子と会話したりするような事も無いんだから、このチャンスに交流をもたないでどうする、と説得された。まして嫌われても良いから、来年は義理チョコなんていらないから、お返ししないなんて、言語道断だという。

ただでさえチャンスが無いのに、数少ない交流の機会を自ら潰すというのか!と同僚に熱っぽく語られた。

あまりの剣幕に押されてしまい、また、多少は心が動いたので、僕はしぶしぶ最低予算でホワイトデーのお返しを準備した。

一応義理チョコを誰にもらったかだけは、メモしておいて良かったと思った。もらった当時は「あーあ、またお返しで小遣いが飛ぶ・・・」とぼやきながらも、お返しするつもりだったので、メモを残しておいたのだ。衝動的に「もうお返しなんてしない!」と決めた時に破り捨てずにいて良かった・・・。

僕が用意したのは、義理チョコの値段に相応な、いたって普通の、無難な、可もなく不可もないお返しだった。

身の丈にあっていて、こんなものだろうと納得していた。

お返しを配るにも、特に恋心を抱いている女性社員もおらず、しょせんは義理チョコのお返しだから、義理返しぐらいの気分で、なんのトキメキもなく義務的に配り歩いて終わった。

特に感動も起こらず、平和に配り終わった。

同僚の説得のおかげで「あの人、せっかく義理チョコあげたのにお返しくれなかったわよ」という非難も浴びずに済んだ。

唯一寂しくなったのは僕の財布だけだった。

これでまた来年も、義理チョコまみれになるんだろうな、そう思うと僕はまたいたたまれない気分になって悲しい笑いを零した。

スポンサーリンク


翌朝、ある女性社員が僕のデスクにやってきた。

「昨日、ホワイトデーのお返し、ありがとうございました」
そう言ってペコリと頭を下げたのは、昨日お返しを配り歩いていた時に、たまたま席を外していて、近くのデスクの人に渡しておいてもらうようお願いした人だった。

「お礼が遅くなってしまってすみません」
そう言って彼女はまたペコリと頭を下げた。

「あ、いいえ・・・」

シャイな僕はそのくらいしか返せなかったのだが、彼女の方は僕とは正反対の社交的な性格らしく「昨日帰ってから早速いただきました。私、あそこのクッキーめちゃくちゃ好きなんです。も~あっという間にペロッと食べちゃいましたよ~。ほんと、ありがとうございました」とペラペラ喋った。

「よくあそこのお菓子、買われるんですか?」
そう聞かれたので「たまに」と答えると「何がお好きなんですか?」と喰い気味に聞かれた。

一体なぜそんなに僕と話したがる!?

僕があげたクッキーがそんなに気に入ったのか!?

若干不信に思いながらも「えっと、お返しでも選んだけど、マカデミアナッツのクッキーが好きです」と答えた。

「あ~分かります~めっちゃ美味しいですよね!」

人懐っこい笑顔で楽しそうに話すものだから、僕の方もついつい乗り気になって会話を続けてしまった。

「あと、食べた事あります?ピスタチオのクッキーも、塩の風味が絶妙で超美味しいですよ」

「えー!!ホントですか!?それは食べに行かないと!!」

彼女と楽しいお喋りをして、僕は、早くもホワイトデー、ちゃんとお返しして良かった、と心の中でガッツポーズを決めた。

それからも、彼女とは会社ですれ違ったり、バッタリ会ったりするタイミングで挨拶だけでなく二言三言交わすようになった。

最初こそクッキーや焼き菓子の話ばかりで盛り上がっていたが、徐々に他の話題も増えてきた。

そして、そんな日々を楽しんでいたある日、僕は彼女に突然告白されてしまった。

スポンサーリンク


まったくもって予想外だった。

「話していると楽しくて、お付き合いしたらもっと楽しいに違いないと思って。会社の中だけでちょっとお喋りするくらいじゃ物足りなくなっちゃったんです」と言われ、よければ付き合ってほしいと告げられた。

あまりに突然だったので、ちょっと待ってほしいと返答しながらも、内心かなり喜んでいた。

これがホワイトデーマジック・・・!と舞い上がっていた。

人生で告白なんてされた事もなかったような僕が告白されて、摩訶不思議な事が起こるもんだなぁと思って、気持ちを落ち着かせて、彼女と付き合うかどうか、僕なんかが彼女と付き合ってしまっても大丈夫か、上手くいくのか、などと考える日々が始まった。

このチャンスを逃したら、彼女なんて永久にできないと分かっていたので、なぜ二つ返事でOKしなかったんだろうか、などと思いながら、彼女に改めて付き合いたい旨を伝えようと決意した。

その時僕はまだ知らなかった。

これから僕を更なる試練が待ち受けていようとは。

告白してくれた彼女に改めて「付き合ってください」と言おうと意気込んで出社したその日に、なんと僕は別の女性から告白されてしまったのだ。

自分でも何が何やら信じられなかった。

「なんでですか?」
と素直に心の声を口に出すと「恋に理由なんて無いでしょ」と熱っぽい目で見つめられた。

僕に突然告白してきた新しいその女性は、確かに僕がバレンタインの義理チョコのお返しを渡した女性ではあったが、まさかそのせいってわけではないよな・・・と首をひねった。

あまりにも突然すぎて、嬉しいには嬉しいが、驚きの方が上回ってしまい、逃げるように「答えは待っててください」と言い捨ててその場から去った僕に、更なる驚きがタックルしてきた。

スポンサーリンク


同じ日の昼休み、今度は給湯室で大人しい雰囲気の新入社員に告白されたのだ。

いやいや、何かがおかしい。明らかに何かがおかしい。

どういう事なんだ。

新入社員の女の子にも、確かに僕はホワイトデーのお返しを手渡した。

しかし、それが直接の理由になっているのかどうかは分からないし、かといって、他に何か理由があるとも思えなかった。

あの、僕がしぶしぶ買ったクッキーに媚薬だか惚れ薬だかが混入していたとでもいうのだろうか。

そうでもなければ、この展開はおかしすぎる。

しかし、僕がお返しをあげた全ての女性が僕に惚れたという事ではなく、今のところは、最初に仲良くなった彼女と、今日突然告白してきた2人ぐらいで、他の女性社員は、特に僕に好意どころか、興味関心を抱いている風でもなかった。

おとぎ話のような話で、僕はつい口を滑らせて、午後の休憩時間に同僚の女性社員にビックリ体験談を笑い話のように喋った。

誰から、という具体的な名前は流石に出さなかったが、3人から立て続けに告白された旨を告げると、同僚は目を大きく見開いた。

「まじで?」

「うん、まじで。夢みたいな話だろ」

そう笑いながら答えたが、同僚の方を見ると、眉間にシワを寄せて思いつめたような顔をしている。

「それで、誰を選ぶか決めてるの?」

「え?」

次の瞬間、僕の視界が何かで塞がれた。

そして、ふいに息苦しくなった。

スポンサーリンク


僕の唇は、同僚に奪われていた。

えええええ!?

脳内が大パニックを起こしている。

待て、待て。

何がどうなってる。

一体何がおきている。

「いや、誰にも渡さないから」
同僚は唇を離すと、目に涙を浮かべて僕をまっすぐ見つめて言った。

こんな展開、ありえるか!?

僕は「ええと、うん、確かに、確かに、こいつにも俺はお返しを渡したけど・・・」とホワイトデーに同僚にも義理チョコのお返しを渡したことを思い出していた。

これで4人目だ。

もう訳が分からない。

「ずっと黙ってた。でも3人もの女に告られたなんて聞いたら、黙っちゃいられないよ。好きだー!」
同僚はそう叫んだ。

公衆の面前で叫ばれて、僕は慌てふためいて、とりあえずなだめ、「分かった分かった、気持ちは嬉しい、ありがとな」と伝えた。

さてはて、どうしたものか。

かくして僕はなんと4人もの女性に好意を抱かれてしまった。

念のためにお伝えしておくと、これ以降ミラクルというかマジックというか、よく分からない奇跡のような不思議体験は起こらなかったが、僕に告白してきた4人の女性の心は変わらなかったようだ。

僕はこのまたとないチャンスを逃すまいと、4人の女性それぞれとそれなりにプラトニックなデートを重ね、誰と真剣に付き合うか吟味することにした。

最初に仲良くなった子が明るくて良い子だというのは言わずもがな、仲良くしていた同僚も、気心知れた間柄で一緒にいてとても楽だったし、突然告白してきた謎の2人も、性格も外見も決して悪くなく、それぞれの女性の魅力に翻弄されかけていた。

僕が最終的に誰を選ぶことになっても、こんな風に女性にモテモテになるのはこの先期待できないだろう。

人生最大のチャンスを、僕は手に入れた。

いや、待てよ・・・。

これが、このモテ期が、もしも本当にホワイトデーのお返し効果だとしたら、来年のホワイトデーの時期にもビッグウェーブが巻き起こるかもしれない。

そうなったら良いな、と僕はムフフと鼻の下を伸ばした。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です