ライフスタイル

バレンタインデーとは 由来、意味、いつ?海外の風習・習慣は男性から


1月に入ると、デパートやショッピングモール、街は一気にバレンタインムードな装いとなります。本命の相手がいる女性も、そうでない女性も、「今年はどんなチョコレートにしようかな」「手作りを頑張ろうかな」と、ウキウキしながら頭を悩ませているでしょう。

そんなバレンタインを目いっぱい楽しむために、バレンタインの由来や海外のバレンタイン事情、人気のチョコブランドや手作りレシピ、渡し方など、2月14日にまつわるエピソードや豆知識をたっぷりご用意しました。

チョコ選びや、当日のデートプラン、バレンタインの会話にお役立ちな情報の数々を、今すぐチェックしてみましょう。

スポンサーリンク



「2月14日はバレンタインデー」というのは浸透していますが、どうしてバレンタインと呼ばれているのかという理由は、日本ではあまり知られていません。バレンタインデーはクリスマスと同じく、キリスト教が由来であるため、仏教徒が多い日本ではあまり話題にならないからかもしれません。

バレンタインというのは実は、3世紀、ローマに実在した「聖バレンタイン」を表す人物名です。聖バレンタインはキリスト教の司祭であり医師という、人々から大変慕われる人間だったと言われています。

当時のローマは戦争の真っ最中でした。そのため、皇帝は若者たちが戦争を拒まないよう、結婚を禁じていたそうです。守るべきものをあえて持たせないことで、命を懸けて戦場で戦えると考えたのでしょう。

しかし、若者たちの中には当然、結婚を望む男女が多く存在していました。そこで、秘密裏に結婚式を執り行っていたのが、キリスト教の司祭である「聖バレンタイン」だったのです。

この行動は、やがて皇帝の知るところとなります。当時「キリスト教を排除しよう」という動きがあったこともあり「聖バレンタイン」はとうとう処刑されてしまったのです。この処刑日が2月14日でした。

それから約2世紀が過ぎ、戦乱は治まりました。すると、若者たちは2月14日になるとくじ引きを行い“選ばれた相手と交際する”という祭を楽しむようになります。ところが、この「くじ引きで交際相手を決める」という行為は、キリスト教の風紀に合わないものでした。

そのため、祭は廃止され、2月14日は、キリスト教殉教者を祀るための祭日と定められました。この時、多くの恋人たちのために手を貸し、処刑されてしまった「聖バレンタイン」の名が挙がり、“バレンタインデー”と呼ばれるようになりました。

つまり、バレンタインデーは「聖バレンタイン」の命日なのです。彼の愛情あふれる行為が語り継がれ、今では“大切な人へ贈り物をする日”として、世界の多くの国へ浸透しています。

●ちょっと気になる!海外のバレンタイン事情

日本のバレンタインデーは、女性が好きな男性へチョコレートを贈るのが一般的です。この習慣は昔からあった訳ではなく、1950年代に入ってから広まり、1970年代頃に定着しました。

デパートなどで「バレンタインデーは、女性から男性へチョコレートを贈る日」として宣伝され、チョコレート・ココア協会が2月14日を「チョコレートの日」へ制定したことも相まって、今のスタイルとなった日本ですが、それでは、海外ではどのようなバレンタインを過ごしているのでしょうか?

海外のバレンタインデーと日本のバレンタインデーを比較しながら、真似できる部分を取り入れてみるのも、面白いかもしれません。

本場アメリカのバレンタインデー

アメリカのバレンタインデーは、男性が大切な人にプレゼントを贈る日です。恋人たちは、記念日やクリスマスのように、特別なお店を予約して、スペシャルなデートを楽しんでいます。ホテルやレストランの予約が1年前から埋まることもあるほど、カップルにとって欠かせない日だと言えるでしょう。

気になる相手がいる男性が、告白するのに最適なのもバレンタインデーです。日本とは男女が逆ですが、この日に気持ちを伝える男性が非常に多く、たくさんのカップルが誕生しています。

もちろん、義理チョコや友チョコといった風習はなく、ホワイトデーすら存在していません。贈り物は愛する一人にだけ贈り、その内容も、チョコレートではなく相手が喜びそうなジュエリーやアクセサリー、ファッション小物などが選ばれているそうです。

スポンサーリンク



チョコ発祥!ヨーロッパのバレンタインデー

ヨーロッパでも、アメリカと同じく“男性から女性へ贈り物をする”のがバレンタインデーです。一年で一番レストランが賑わう日だとも言われています。

少し違うのは、プレゼントのメインが「花」であることでしょう。女性を彩る花と一緒に、プラスαでカードやアクセサリーなどを添えるのが一般的です。花の中でも、「あなたを愛しています」という意味を持つ「バラ」が特に選ばれています。

バレンタインデーにチョコを送る習慣を始めたのは、イギリスだと言われています。女性のハートをわしづかみにする、オシャレなチョコレートBOXが贈り物にぴったりだったことから、メッセージカードとともに、お菓子を添える習慣が始まりました。バレンタインカードにはあえて送り主を書かないことが、イギリスの伝統だそうです。

女性が大好きなことで有名なイタリア男性は、バレンタインデーになると普段以上に動きが活発になります。愛する女性の為、この日のためのデートプランを練り、「レストランを予約する」「花束を用意する」「プレゼントを購入する」など、こまめな心配りで喜ばせているそうです。イタリアでは、下着もプレゼントの定番です。

1年に2回!台湾・中国のバレンタインデー

台湾と中国では、バレンタインデーが年に2度訪れます。2月14日と、日本では七夕にあたる、旧暦の7月7日です。この日は、男性から女性へプレゼントを贈る日であり、対象となるのは恋人のみとなっています。

台湾では、恋人へ贈るメインのプレゼントは「バラ」が基本で、本数によって意味が変化します。1本の場合は「あなただけを愛しています」、11本の場合は、「一番愛しています」、99本の場合は「一生愛し続けます」、108本の場合は、「結婚してください」などのメッセージが込められているそうです。そのため、台湾では“バレンタインデーがプロポーズ記念日”というカップルが多数存在しています。

中国では、バレンタインデーを「情人節」と表し、意味は「恋人の日」です。プレゼントはカップルによって様々ですが、一番人気があるのは中国でも「花」です。バレンタインデーになると、街中に花売りが立ち並ぶ光景が風物詩にもなっているほど、たくさんの花が売られています。

日本から伝わった韓国のバレンタインデー

アメリカ、ヨーロッパ以外の多くの国でも、バレンタインは男性が贈り物をする日として定着しています。プレゼントの内容や過ごし方は多少変わりますが、基本はアメリカ、ヨーロッパスタイルでしょう。ですが、日本からバレンタインデーが伝わった韓国だけは違い、「女性からチョコを渡す」「ホワイトデーがある」など、日本とほぼ同じ文化となっています。

そんな韓国でも、一点違うのが「ブラックデー」があることです。バレンタインやホワイトデーと縁が無かった人は、4月14日に黒い服を着て、黒いものを食べる日となっています。

バレンタインデーを祝わないイスラム教、ヒンズー教エリア

中東など、イスラム教を信仰しているエリアでは、キリスト教の祝祭である「バレンタインデー」を祝うことはありません。「バレンタインデーはイスラム教を侵害するもの」と捉えられ、「バレンタインデーを祝った者は死刑」という厳しい決まりがある国もあるそうです。

その一方で、若者を中心に「好きな相手へプレゼントを贈る日」として定着している国もあります。ヨーロッパ圏からの影響が強く、男女を問わず「バラ」などの花を贈ることが多いそうです。

インドを中心としたヒンズー教を信仰しているエリアでも、バレンタインを祝うことはありません。バレンタインデーを祝うことは禁止され、バレンタインを楽しんでいる男女がいた場合は、そのカップルが攻撃の対象となったり、関連イベントを妨害されたり、という例が少なくないようです。

その中でもバレンタインデーを楽しみたい、という若者は、海外の文化を取り入れ、レストランで食事をしたり、花やプレゼントを贈ったりしています。この場合も、贈り物をするのはやはり“男性から”が基本です。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です