ライフスタイル

バレンタイン 本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、親チョコ、上司チョコ 人気おしゃれおすすめブランド


Contents

●相手別!彼氏や本命の相手、上司や親、友だちや義理にぴったりのチョコブランドをチェック!

バレンタインデーが近づくと、頭を悩ませるのがチョコレート選びです。彼氏や上司、義理チョコなど、送る相手によっても最適なチョコレートが違うため、事前にどんなブランドが人気なのかを知っておくとスムーズにチョコ選びができるでしょう。

「誰かと一緒は嫌!」「他の女子と違うところを見せたい!」それなら、いつものお店ではなく、通販を利用してみるのも良い手段です。好みにぴったり合った商品を選んで、嬉しい気持ちでいっぱいのバレンタインデーを演出しましょう。

スポンサーリンク


・彼氏や本命の相手へプレゼントするのにぴったりのチョコブランドはコレ!

彼氏や本命の相手へ送るなら、知名度が高いチョコブランドを選択するのがいいでしょう! 好きな気持ちをまっすぐに伝えたい場合も、味よりも、ブランド名や見た目にこだわった方がうまく行きます。お菓子にうとい男性でも知っているような、高級感溢れるブランドを贈ることで、「愛されている」「特別に思われている」という強い想いが伝わります。

ただ、いくら“有名なブランド商品”であっても、どこでも買えるチョコレートを贈ってしまっては、「自分はその程度なのか」と、がっかりした気持ちにさせてしまう場合もあります。長い付き合いで“相手の好みを完璧に把握している”というケースでない限り、近場で調達するのは避けた方が良いでしょう。

絶対に外せない!王道「ゴディバ(GODIVA)のチョコレート」

チョコレートと言えば「ゴディバ(GODIVA)」と思っている男性が多いことをご存知でしょうか?知名度抜群な「ゴディバ(GODIVA)」のチョコレートは、見た目のゴージャスさと、味の美味しさで、多くの男性から愛されています。

「ゴディバ(GODIVA)を貰えたら特別!」「本命チョコと言えばゴディバ(GODIVA)」という都市伝説があるほど、男性人気が高い商品ですから、意中の相手がいる場合は、是非購入したいチョコレートです。定番のトリュフが人気ですが、チョコレートが苦手な彼へは、クッキーやアイスなどの商品で勝負しましょう。

パッケージも可愛い「ヴィタメール」のチョコレート

チョコレートの本場であるベルギー発祥の「ヴィタメール」チョコレートは、高級感あふれるバレンタインデーにぴったりのデザインとなっています。また、味に定評があるだけでなく、リボンのパッケージが女性らしさを引き立ててくれるでしょう。

気になっている相手へプレゼントするなら、ピンクリボンが女性の可愛らしさを引き立てる「ショコラ・ド・ヴィタメール」がぴったりです。100年以上の歴史を持つ伝統のチョコレ―トが、告白の舞台を盛り上げてくれるでしょう。

女子力を高めてくれる「Lindt(リンツ)」のチョコレート

スイスのチョコレートメーカーである「Lindt(リンツ)」は、味や質はもちろん、愛らしいパッケージで恋する女性から人気を博しています。本命の相手にはトリュフのボックス、女友達にはギフトボックス、という選び方をしている女性も多いようです。

1店舗で本命チョコも、友チョコも準備できるため、忙しい女性の味方ともいえる「Lindt(リンツ)」……大切な人へ贈るなら、通販サイトでオーダーできる、1枚54円のメッセージカードを添えて、想いを伝えてみましょう。

スポンサーリンク


年上彼へプレゼントしたい「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のチョコレート

「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のバレンタインチョコは、どれもがシンプルで洗練されたデザインのものばかりです。そのため、若い男性へ贈るより、年上の彼氏や、仕事がバリバリできる男性へプレゼントするのに最適でしょう。

「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のチョコレートは、お菓子であると同時に、アート的要素が高くなっています。こだわり抜いたチョコレートの価値を分かってくれる、大人な男性へ是非プレゼントしたい一品です。

男性のハートをくすぐるビジュアルが人気!「カカオ サンパカ」のチョコレート

バレンタインの日、男性へチョコを渡した瞬間に「これは……」と思わせるなら「カカオ サンパカ」の商品を選びましょう。黒を基調としたオシャレなデザインのパッケージが、贈られた相手が“特別である”ということを、無言で示してくれます。

カカオ率の高い商品が多いため、「甘いものが苦手……」という男性に「カカオ サンパカ」のチョコレートは喜ばれています。チョコと相性ぴったりのワインセットもあるため、年上彼氏のハートを射止めたいなら、是非チェックしてみて下さい。

まるで小さな宝石!「DEL REY(デルレイ)」のチョコレート

豊富な種類から好みのチョコレートを選べる「DEL REY(デルレイ)」は、バレンタインシーズンに欠かせない人気ショップです。その中でも一番人気が、一粒500円の“ダイヤモンドチョコ”でしょう。

素材にこだわり抜いて作られたダイヤモンドシリーズは、見ても食べても美味しいと、流行に敏感な女性から選ばれています。“ブランドものが好き”など、高級感を重視している男性へ特に向いているチョコレートです。

フレンチの巨匠が贈る「ジョエル・ロブション」のチョコレ―ト

「ジョエル・ロブション」は言わずと知れた、人気フレンチレストランのシェフです。恵比寿にあるレストランではランチの平均予算が12,000円、ディナーが20,000円~と、圧倒的な高級感を誇っています。

そんなジョエル・ロブション氏が手掛けるチョコレートは、味にうるさい男性の舌も納得できる特別なものばかり。見た目も楽しめる商品が多いため、差をつけたいなら是非選んでみましょう。

スポンサーリンク


可愛らしさをアピールできる「PASCAL CAFFET(パスカルカフェ)」のチョコレート

「PASCAL CAFFET(パスカルカフェ)」のパスカルカフェ氏が手掛けるチョコレートブランドです。世界最高峰とも言われるその味は、素材の味や香りを生かし、極力砂糖の使用を減らすなど、こだわりを持って作られています。

甘さ控えめかつ、キュートな見た目のチョコレートは、それだけで女性らしさをアピールできます。意中の相手へ、人気のハートを模したチョコレートを贈れば、想いがダイレクトに伝わるでしょう。人気商品のため、早めに購入しておくと安心です。

大好きな気持ちが伝わる!「ピエール・マルコリーニ」のチョコレート

「バレンタインで告白を考えている」「チョコレートで想いに気付いて欲しい」そんな女性から毎年選ばれているのが「ピエール・マルコリーニ」のチョコレートです。ハート型のケースに入れられた“バレンタインセレクション”なら、相手へ必ず気持ちが伝わるでしょう。

可愛らしいイメージではない男性向けのセレクションも用意されているため、相手によって商品を使い分けましょう。見た目はシンプルな商品であっても、中身にはハート型チョコが入っているため、想いを届けることができます。甘さ控えめで、男性ウケが良いことも「ピエール・マルコリーニ」の特徴です。

上質な味にこだわりたい!「PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ パリ)」のチョコレート

「普段からチョコレートが好きで食べている」そんな男性へチョコを贈る場合、舌が肥えている分ハードルが上がります。そんな時でも“これなら間違いなし!”なのが、「PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ パリ)」のチョコレートです。

バレンタインデーに、パティスリー界のピカソと呼ばれるピエールエルメ氏が手掛けるチョコレートを選べば、他のショコラティエには真似できない美しさや香り、舌触りをもって、大好きな人の心を揺さぶってくれるでしょう。

スポンサーリンク


・親や上司へプレゼントするのにぴったりの親チョコ・上司チョコブランドはコレ!

上司や親世代の男性は、多くのチョコレートを食べてきているため舌が肥えています。そのため、チョコレートを選ぶなら、味にこだわっている商品がベストでしょう。

健康に気遣っている年代でもあるため、量は少量で構いません。お酒好きな相手には、洋酒やワイン、日本酒などが入ったチョコレートも人気です。「洗練されたパッケージ」プラス「確かな美味しさを持つチョコレート」で、周囲と差をつけましょう。

バターサンドだけじゃない!「六花亭」のチョコレート

「六花亭」と言えば、バターサンド!そんなイメージが強く、お土産の定番として覚えられている「六花亭」ブランドですが、実はバレンタインデーのチョコレートも取り扱っています。

そんな「六花亭」のチョコレートをギフトに選べば、周囲へ思わず話したくなるでしょう。ちょっとした驚きと美味しさ、そして話のネタにもなる「六花亭」のバレンタインチョコなら、自分の存在をアピールしたい時にも使えそうです。

ケーキやマカロンでも有名な「DALLOYAU(ダロワイヨ)」のチョコレート

フランス、パリで愛されている「DALLOYAU(ダロワイヨ)」はオペラガトーケーキを産みだしたことでも有名な、老舗チョコレートブランドです。大人な装いのビジュアルや、お酒の入ったチョコレートが多いことなどから、上司や親世代向けに選んで間違いないでしょう。

チョコレ―トだけでなく、ケーキやマカロンなど、幅広い洋菓子のラインナップがあるため、チョコ以外の商品を選ぶのもオススメです。全国各地のデパートなどに店舗を構えていますが、遠方の場合は通販サイトを利用しましょう。品ぞろえが豊富なため、「チョコレートだけでなく、つい自分用のお菓子も購入してしまった……」そんな女性が続出しています。

大人可愛いパッケージに注目!「デメル」のチョコレート

猫好きさんなら誰でも知っているのがウィーン発祥の洋菓子店「デメル」です。猫の舌を模した「ソリッドチョコ」が季節を問わず、贈り物に選ばれています。チョコレート自体はシンプルなのですが、パッケージデザインにこだわっているのも「デメル」の特徴です。

どこか懐かしさを感じさせる、絵画風かつ高級感溢れるパッケージや包装は、見た瞬間、大人男性の心を惹きつけます。「デメル」を選ぶことで、送り主の品を感じさせることができる、そんなチョコレートブランドだと言えるでしょう。

ベルギー王室御用達!伝統溢れる「レオニダス」のチョコレート

チョコレートで有名なベルギーですが、その中で最も国民から愛されていると言われているのが「レオニダス」のチョコレートです。ベルギー王室御用達の商品は、上品な味と見た目で、大人男性の舌を満足させてくれるでしょう。

「レオニダス」なら、定番である粒チョコレートの詰め合わせも安っぽくなりません。口に入れた瞬間、一つひとつにこだわりを感じることができる「レオニダス」のチョコレートで、敬意や親しみの気持ちを表してみませんか?

スポンサーリンク


和風で決めたい!「伊藤久右衛門」のチョコレート

宇治茶、抹茶で有名な「伊藤久右衛門」ですが、バレンタインシーズンにはチョコレート人気が高まります。抹茶の美味しさを存分に感じられる「伊藤久右衛門」がこだわり抜いた生チョコレートは、ホワイトチョコと抹茶が絶妙に混じり合い、特別な時間を演出してくれるでしょう。

和紙で手包みされた京風情溢れるパッケージも、年上男性へプレゼントするのに最適です。生チョコ以外にも、洋菓子や和菓子、お茶やお蕎麦など様々なラインナップがあるため、プレゼンスする相手の好みに合わせてチョイスできる点も人気の理由です。

大人男性に人気!銀座・和光「WAKO CHOCOLATE SALON」のチョコレート

大人男性、特に年配者や親世代にとって、銀座は特別な街です。「銀座・和光の時計台の下で待ち合わせをした」という経験がある方も多いでしょう。そんな「和光」が手掛けるチョコレートは、見た目も味も洗練され、大人世代に長く愛される飽きない味となっています。

オンラインショップには、時計を始めとした様々な商品を扱う「和光」だからこそできる、チョコレートへ添えるのにぴったりな、ハンカチやネクタイなどの小物アイテムが充実しているのもポイントです。ブランド名だけで、相手を満足させられる「和光」のギフトで、感謝の気持ちを伝えてみませんか?

落ち着いた男性に贈りたい!「ジャンポール・エヴァン」のチョコレート

日本各地の有名デパートで展開されている「ジャンポール・エヴァン」は、チョコレートに詳しくない男性であっても、“名前くらいは聞いたことがある”と言わせる有名ブランドです。“良い品を選んできた”と分かりやすく伝えられるため、上司や親世代へのバレンタインチョコレートとして、広く人気となっています。

チョコレートはすべて厳密な冷蔵管理の元、毎週パリから送られており、オンラインショップで購入した場合も、クール便で発送されるほどのこだわりがあります。冬場だから……と油断することなく、推奨されている15~18度で管理し、一番美味しい状態で味わってもらいましょう。

関東圏への贈り物にしたい!「パティスリー グレゴリー・コレ」のチョコレート

神戸みやげとして人気が高い「パティスリー グレゴリー・コレ」のチョコレートは、普段食べることができない関西圏以外の男性から人気があります。もし「上司へのプレゼントをみんな同じお店で選んでいる……」と言うような環境なら、「パティスリー グレゴリー・コレ」の通販サイトを利用してみましょう。

個別に贈るならボンボンショコラが定番人気商品です。落ち着いた青基調のパッケージが、上司の奥様からも喜ばれるでしょう。家族へのプレゼントにするならケーキもオススメです。神戸セレクションにも認定されているシェフの遊び心満載の「ブーダン・オ・ショコラ」を選べば、ほろ苦い味が大人の味覚にマッチするでしょう。

女性の上司にもオススメの「資生堂パーラー」チョコレート

資生堂のレストランやカフェでゆっくり過ごしてみたい……そんな夢を持っている女性が多いほど、不動の人気を誇る「資生堂パーラー」では、バレンタイン向けのチョコレートも取り扱っています。

レストランやカフェのメニュー同様、味にこだわっていますので、間違いなく喜ばれるでしょう。ゴージャスなパッケージと資生堂ブランドは、女性の上司へ贈るのにも最適です。「銀座が好き」「華やかなものが好き」という相手へ是非選びたいチョコレートです。

スポンサーリンク


・友だちや義理でプレゼントするのにぴったりの義理チョコ・友チョコブランドはコレ!

友だち相手や義理チョコとしてプレゼントするチョコレートは、重すぎないことが重要です。明らかに高そうなチョコレートを渡してしまうと、お返し問題で悩ませてしまう場合があります。

友だちや義理チョコには、気軽に食べられて、貰って嬉しい美味しさの商品が良いでしょう。近くで買えない通販やご当地限定商品にも、人気が集まっています。

手軽で美味しい!「モロゾフ」のチョコレート

「モロゾフ」のチョコレートは、多くのスーパーやショッピングモールなど、バレンタイン特設コーナーには必ず並んでいる商品です。アソートタイプのチョコレートが手ごろな価格で売られているため、見た目にも華やかな印象を与えられるでしょう。

神戸に会社を構える「モロゾフ」のチョコレートは、“日本人の舌に合った味”とも言われています。間違いなく美味しく、重たさを感じさせない「モロゾフ」は、義理チョコや友チョコで迷った時の、強い味方だと言えるでしょう。

生チョコ好きに贈りたい!「Maison Chaudun(メゾン・ショーダン)」のチョコレート

パリで人気の「Maison Chaudun(メゾン・ショーダン)」、2015年までは「ミッシェル・ショーダン」として親しまれてきた生チョコ「パヴェ」で有名なお店です。人気TV番組「マツコの知らない世界」で取り上げられたこともあり、一躍有名となりました。

見た目はシンプルですが、味は秀逸な「Maison Chaudun(メゾン・ショーダン)」のチョコレートは気取り過ぎていないため、友チョコ、義理チョコにぴったりです。店舗は玉川、横浜の2店舗ですが、バレンタインシーズンは全国各地のバレンタイン売り場で販売されているため、公式サイトをチェックしてみましょう。

安定の美味しさ!間違いなく喜ばれたいなら「ロイズ」のチョコレート

生チョコや、ポテトチップチョコなどで人気の「ロイズ」は、お手頃価格で後引く美味しさのチョコレートが味わえると、若い世代から特に人気となっているブランドです。北海道のチョコレート工場で生産しているため、どの商品も、日本人好みの味に仕上がっています。

直営店は北海道にしかないため、本州以南に住んでいる場合はオンラインショップを利用しましょう。バレンタインシーズンには、各催事場でロイズ商品を買い求めることもできます。お手頃価格で気軽に楽しんでもらえる「ロイズ」のチョコレート、いつもの……に飽きたら、随時更新されている限定品や新商品を選ぶと、相手を驚かせることができるでしょう。

スポンサーリンク


相手にぴったりの一品が選べる!「Galler(ガレー)」のチョコレート

まるで絵の具箱を開いたような景色が広がる「Galler(ガレー)」のチョコレートは、シンプルながら。本格派の味で、チョコレートファンを唸らせています。チョコレートの本場、ベルギーで創業、その後すぐ品質が認められ、異例の速さで王室御用達に認定されたブランドです。

そんな「Galler(ガレー)」のチョコレートは、手ごろなタブレットやバータイプの商品が豊富なため、友チョコや義理チョコとして選ばれています。会社で配るなら、ミニバーのセットをチョイスして、好きな味を選んでもらうなどの楽しみ方も良いでしょう。

男友だちに贈りたい!「神戸フランツ」のチョコレート

テレビや雑誌でも取り上げられることが多い「神戸フランツ」には個性派チョコが勢ぞろいしてします。その中でも特に人気なのが、カーマニア向けのチョコレートシリーズです。

本物そっくりなスパナやレンチ、ドライバー、ボルト、ナット、タイヤ型など、男子の心をウキウキさせるアイテムが満載ですから、“普段から仲良くしている男友達”がいるなら是非プレゼントしてみましょう。女子友向けや自分用に買いたいお手頃チョコも満載です。

最後に

人気おしゃれおすすめブランドのチョコレートの情報で、今すぐ準備を始めたくなった人もいると思います。

海外のバレンタインデーを真似してみたり、他の女性よりもセンスあふれるチョコレート選びをしたりして、2月14日までの日々を充実させていきましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です