ライフスタイル

バレンタインチョコの平均金額・予算、簡単レシピ・作り方、告白セリフ


バレンタインシーズンに入ると、チョコレート選びが楽しい反面、「今年はいくらくらい予算が必要なんだろう……」といったお財布の心配も出てきます。

現在では、バブル真っ盛りのような、高級チョコの贈り合い合戦は見られませんが、「本命相手にはお金をかけたい」「義理と言えども安っぽいチョコや贈りたくない」という意見が根強く、平均予算は高値で安定しているようです。

普段送っているバレンタインチョコが平均以上なのか、それとも以下なのか……気にな相手別平均予算をチェックしてみましょう。


スポンサーリンク




本命相手へ贈る場合の平均予算・金額

本命の相手へバレンタインデーにチョコを贈る場合、平均予算は2000円~3000円だと言われています。意外に安く感じるかもしれませんが、チョコレートにプラスしてプレゼントを贈る場合も多いため、妥当な金額だと言えるでしょう。

「甘いものはそんなに食べない」「一人でたくさん食べきれない」という意見もあるため、2000円~3000円の商品の中でも、大量にチョコレートが入っているものではなく“高級感のあるショコラなどが数粒”という商品を選ぶ方がスマートでしょう。

上司へ贈る場合の平均予算・金額

上司など、普段お世話になっている相手へバレンタインチョコを渡す場合、平均予算は1000円程度となっています。感謝の気持ちを表すには安価なように思えますが、良識ある男性の場合、ホワイトデーへ貰ったチョコレート以上の価格帯でお返しを考えるでしょう。

そのため、あまり高額なバレンタインギフトを贈ってしまうと、逆に上司やその家族を困らせる結果となってしまいます。渡す相手が複数いる場合は、同じ商品を選び、差が出ないようにするなどの配慮も大切です。

親へ贈る場合の平均予算・金額

父親や義父へチョコレートを贈る場合、平均予算は1000円程度となっています。チョコレートは苦手……というケースも多いため、その場合は小物アイテムなどのプレゼントを選ぶと良いでしょう。

チョコレートの代わりに和菓子を選んだり、お酒を贈ったり、という家庭も多いようです。喜んでもらいたいなら“チョコレートを贈る”ということにこだわり過ぎず、好きなものをリサーチし、用意するようにしましょう。

義理や友チョコの平均予算・金額

義理チョコや友チョコの平均予算は100円~1000円程度となっています。特に同僚などには“1000円程度の個別包装されている商品を配る”という傾向があるため、金額にバラツキが出ているようです。

個別に購入する場合も500円程度が相場でしょう。義理チョコ、友チョコは、凝った商品よりも、みんなでワイワイ楽しめるタイプの商品へ人気が集まっています。普段は買いに行けないような場所で売っている、レア感の高いチョコレートを選べば、周囲へ好印象を与えることができるでしょう。

●不器用さんでもOK!簡単にできるバレンタインチョコレシピ・作り方

「バレンタインデーのチョコレートを手作りしてみたい」と憧れているものの、「料理が得意でないため自信がない」という声が聞かれます。バレンタインチョコは前日に用意することが多く、万一失敗してしまった場合取り返しがつきません。

「絶対に失敗できない!」「簡単で絶対に失敗しないレシピが知りたい!」そんな方のために、ここでは不器用さんでも作れる簡単チョコレシピをご紹介します。手作りするなら、包装にもこだわって、大好きな気持ちを届けましょう。

どの年代にも人気!凝った感もアピールできる「生チョコ」レシピ



「生チョコって難しそう……」そう思っていませんか?ですが、実は意外に簡単に作ることができるんです。「溶かして固めるだけの小学生レシピは嫌……」それなら、今年は生チョコで勝負してみましょう。

・用意するもの
板チョコレート250g
生クリーム100㏄
ココアパウダー適量
(分量はチョコと生クリームが5:2と覚えましょう)

・作り方
1.お鍋で生クリームを温め、沸騰する直前に刻んだチョコレートを投入します。
2.湯気がおさまったところで、チョコと生クリームを滑らかになるまで混ぜます。
3.バットなどにクッキングペーパーを敷き、2を流し込みます。
4.冷蔵庫で冷やし固めたら、好みのサイズに切り分け、ココアパウダーを振って完成です。

この分量で2センチ角の生チョコが24個できます。端を切り落とすと見た目がぐっと良くなるでしょう。バットが無い場合は手持ちのお皿などを利用しても上手に作れます。


スポンサーリンク




混ぜて焼くだけ!絶対美味しい「ガトーショコラ」



チョコレートよりも、ケーキのほうが好み……という男性は少なくありません。持ち運びに便利で、しかも食べやすい、男性ウケ抜群の「ガトーショコラ」レシピをチェックしてみましょう。

・用意するもの
板チョコレート 100g(甘いのが苦手な相手にはビターチョコを選びましょう)
無塩バター 100g
卵 1つ
砂糖 大さじ2
薄力粉 大さじ2

・作り方
1.細かく割った板チョコレートと無塩バターを湯煎で溶かします。
2.別の入れ物で、卵と砂糖をよく混ぜます。
3.2へ1を入れてよく混ぜ合わせ、最後に薄力粉を加えさっくりと混ぜます。
4.カップケーキ型に流し込み、180℃に予熱したオーブンで13分焼いた後、冷蔵庫で冷やして完成です。

この分量で5センチのカップケーキ型6個分が作れます。バレンタイン売り場には、オシャレな模様のカップ型が売られていますので、彼の喜びそうな柄を選びましょう。

二人でバレンタインデーを過ごすなら「チョコフォンデュ」がオススメ!



好きなフルーツをつけて食べる「チョコレートフォンデュ」は、男女ともに人気の高いチョコレートメニューです。新鮮なフルーツを用意するだけで、贅沢感満載の特別な空間ができるでしょう。女友達を集めての、バレンタイン女子会にもぴったりのレシピです。

・用意するもの
板チョコレート2枚
牛乳 大さじ2
生クリーム 大さじ3
お好みのフルーツやスポンジケーキ

・作り方
1.板チョコレートを細かく割り、湯煎で溶かします。
2.牛乳と生クリームを中火で温めてから、1へ投入しよく混ぜたらチョコレートソースの完成です。

食べやすい大きさに切ったフルーツやスポンジケーキなどを、串に刺して頂きましょう。フォンデュ用のお鍋があればコトコト温めて、無い場合は耐熱皿に入れたチョコレート索子をホットプレートの上に置いておくことで、温かい状態をキープできます。

●大好きな想いを伝えたい!男性が喜ぶシチュエーションや告白セリフをサーチ!

「今年のバレンタインは、思い切って気になる彼へ気持ちを伝えたい!」そんな告白を成功させるなら、男性が喜ぶシチュエーションやセリフをチェックしておきましょう。
チョコレートの力とバレンタインが持つ特別なムードが、勇気をきっと後押ししてくれるはずです。

言われたいセリフナンバー1「好きです!」

バレンタインデーに、チョコレートを持った女性が恥ずかしそうに言う「好きです」に憧れている男性率はなんと90%以上だそうです。「好きじゃない相手でも嬉しい」「一度は経験してみたい」という声が多いですから、まったく気がなさそうな相手であっても、告白してみる価値があると言えるでしょう。

草食系男子を射止めたいなら「彼女にしてください」

バレンタインデーに「好きです!」と告白した場合、返事をホワイトデーまで1ヶ月待たなくてはいけない恐れがあります。奥手な男性の場合、好きな気持ちがあっても自分からは言えず、プレゼント交換だけで終わってしまった……という例もあるんです。

せっかくお互い思い合っているのに、“チョコを渡して終わり”ではもったいない結果となってしまいます。一歩前に進展したいなら、「彼女になりたい!」という気持ちをバレンタインデーに伝えてしまいましょう。その場で返事がもらえない場合も、「ホワイトデーに返事をください」と次へつなげられるため、後悔のない告白になります。

彼の心を揺さぶりたいなら遠回しな告白で

「ストレートに気持ちを伝えるのは恥ずかしい」「彼の方から気持ちに気付いて欲しい」そんな繊細な女性心を満たすなら、遠回しな告白を意識してみましょう。

「チョコレートを渡したのは〇〇くんにだけ」「今年は本命チョコだけ買いました」「チョコだけでも一緒にいさせてください」などの言葉を使えば、彼の気持ちを自分の方へ惹き寄せることができるでしょう。

いずれの場合も、恥ずかしがりやの男性が多いため、周囲に人気がないシチュエーションが良いそうです。会社からの帰り際や、駅へ向かう途中などを狙って、そっと声をかけてみましょう。

最後に

価格やチョコレートの味、包装にこだわるのも良いですが、何といっても一番大切なのは“あなたを想っています”という気持ちです。本命の彼なら大好きな気持ちを、上司や親、友だち、義理なら感謝の気持ちを込めて、贈るようにしましょう。


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です