美容・健康

トリア(tria)おすすめパーソナルレーザー家庭用脱毛器(プレシジョン、4x)ご案内。効果、口コミは?


Contents

トリア(tria)パーソナルレーザー家庭用脱毛器(プレシジョン、4x)。脱毛器の効果、口コミ

いくつになっても、悩まされる女性のムダ毛問題。
本格的な夏シーズンを前に、「今年こそ脱毛して、面倒な処理から解放されたい!」そんな風に、考えている女性も多いと思います。

しかし、

「本気で恋活や婚活をスタートしたい!」
「水着や肌の露出が多いファッションを楽しみたい!」
「いつでも自信あふれる自分でいたい!」

といった気持ちはあるものの、脱毛エステや美容クリニック・皮膚科は価格が高い上に、通う時間がかかります。だからといって、毎日こまめにメンテナンスするのも、面倒くさくて・・・。

この気持ち、もちろん私も同じです。
「早く確実にムダ毛を無くす方法はないの?」と夏が来る度に吠えていたのですが・・・ありました!
家庭用脱毛器の「トリア(tria)」が、なにやら良い仕事をしてくれるらしいのです。

「エステで脱毛したけれど、まだ気になる毛が残っている」
「光脱毛器を使ってみたけれど、効果に満足できなかった」

そんな経験を持つ女性からも、高評価な口コミが多数届いている、人気のパーソナルレーザー脱毛器トリア。ムダ毛で悩む全女性が知るべきその魅力を、とことん探っていきましょう。



ムダ毛解消には一般的にどんな方法があるの?

トリア(tria)について詳しくご紹介する前に、一般的にはどのような脱毛方法があるのかを、まず確認しておきましょう。それぞれのメリット・デメリット、注意点についても、簡単にお伝えしてきます。

クリニックで行うレーザー脱毛

美容クリニックや皮膚科など、医療機関で使用されているレーザー脱毛。レーザーには、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザー、ヤグレーザーなどの種類があります。

いずれのレーザーも毛根の中にあるムダ毛の黒いメラニン色素にレーザーを当て、毛根組織を破壊しますが、当てる光線の種類によって、効果の現れ方が若干異なります。そのため自分の肌質や毛質に合わせてレーザーの種類を決める必要があります。

脱毛の施術は、強い光線を照射しますので痛みが強いこと、保険適用にならないため高額になりがちといったデメリットがありますが、資格を持った医師から施術を受けられる、確かな脱毛効果を感じられる、脱毛完了までの期間が短い、というメリットがあります。永久脱毛を希望するならレーザー脱毛になります。

脱毛エステで行うフラッシュ脱毛

街中やチラシで多く見かける脱毛サロンやエステサロンでは、フラッシュ脱毛(光脱毛)の施術を受けることができます。IPL脱毛やSSC脱毛、SHR脱毛などがあり、どれを選ぶかによって、それぞれ痛みの強さや脱毛期間が変わってきます。

レーザー脱毛に比べると出力が弱いため、肌が少し温かくなるという程度の痛みである場合が多いことがメリットです。一方、デメリットは永久脱毛ではないため、年数が経つと、毛が再び生えてくることがあります。

エステサロンで行うニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛は、フラッシュ脱毛が流行る以前に、主流だった脱毛方法です。毛穴一つひとつに電流を流して処置していく方法で、永久的に脱毛できるというメリットがあります。

効果は非常に高いのですが、痛みが強い、費用が高い、期間が長いというデメリットがあり、最近ではまず選ばれない方法です。

家庭用脱毛器(サーミコンタイプ)で行う脱毛

サーミコンタイプの家庭用脱毛器は、ムダ毛を熱で焼き切ります。カミソリよりも肌にやさしいというメリットがありますが、表に出ている毛しか処理できないため、半永久的な脱毛効果は期待できません。

カミソリを使うのが怖い、電気シェーバーが苦手という女性は候補に入れてみても良いでしょう。

家庭用脱毛器(フラッシュタイプ)で行う脱毛

エステサロンで行うフラッシュ脱毛器を、家庭用の出力にしたものが家庭用フラッシュ脱毛器です。出力が弱い分、痛みを感じにくかったり、肌荒れをしにくかったりする反面、処理が終わるまでに、長い時間かかる傾向にあります。

美顔器としても使用できる商品が多いため、処理したい毛の量が少なく、同時に美肌も目指したい方は、選択してみても良いでしょう。

家庭用脱毛器(レーザータイプ)で行う脱毛

美容外科や皮膚科で使うレーザー脱毛器を、家庭用の出力にしたものが、家庭用レーザー脱毛器です。フラッシュタイプと同じく、医療機関のものより出力が抑えられていますが、それでも家庭用フラッシュタイプの3~4倍を誇る脱毛力があります。家庭用脱毛器として、もっとも人気のあるタイプです。

しかし、医療機関で行うレーザーよりは出力が低いので、地道に処理を行う必要があります。

毛抜きで行う脱毛

毛抜きで1本1本ムダ毛を抜いていく、オーソドックスな脱毛方法です。費用は安く抑えられますが、抜いた後が赤く腫れる、埋没毛ができる、手の届かない部位は処理が難しい、というデメリットがあります。肌の健康を守りたいなら、できるだけ避けたい方法だと言えるでしょう。

カミソリ、電気シェーバーで行うムダ毛ケア

カミソリや電気シェーバーは、表に出ているムダ毛を一挙にキレイにできます。短い時間で処理できますが、すぐに新しい毛が生えてしまうため、こまめなケアが必要となるでしょう。手軽ですが、処理後に肌荒れが起きたり、剃った後の毛穴が黒ずんで見えたり、といったデメリットもあります。

家庭用脱毛器でムダ毛処理するならトリア(tria)がおすすめ!

脱毛と一言で表しがちですが、上記のように脱毛にはさまざまな方法があります。

クリニックやエステサロンでの脱毛は、すべて任せられて楽な反面、費用が高額になってしまうことが多く、サロンへ通う時間や予約の手間がかかる、というデメリットがあります。スタッフの良し悪しによって仕上がりが変わったり、追加のパーツやジェルなどの購入を促されたりしそうで心配、という不安もあるでしょう。

だからといって、カミソリや電気シェーバーでの処理では、日々のケアで肌を傷めてしまったり、毎日ムダ毛処理が必要だったり、朝剃っても午後にはもう生えてきてしまったり・・・というデメリットがあります。

その点、家庭用脱毛器の場合、きちんと効果のある商品を選べば、これらのデメリットをすべて解消できます。脱毛サロンへ数ヶ月通う程度の価格で購入でき、空いた時間にいつでも処理を行うことができる上に、処理後はしばらくムダ毛が生えてこないため、日々のケアを楽にすることもできます。

使い方も、肌に当てるだけの簡単なものが多いですから、仕事が忙しい女性や、できるだけ脱毛に費用をかけたくない等、女性に嬉しいメリットを数多く持っていると言えるでしょう。

そこで、家庭用脱毛器についてくわしく調べてみたところ、サーミコン式脱毛器、フラッシュ脱毛器よりも効果が高く、手ごろな価格で購入できる家庭用のパーソナルレーザー脱毛器があることが分かりました。

それがトリア(tria)です!

脱毛の本場であるアメリカでは、90%もの医療機関でレーザー脱毛が行われているそうです。このことからも、フラッシュタイプより、レーザー脱毛の方が効果が高いことが分かります。

また、家庭用レーザー脱毛器として市場に出回っているのは、世界中でもトリアだけなのだそうです。プロのレーザー治療は費用が高く、また場所によっては恥ずかしい思いをしながら施術に臨む必要がありますが、家庭用ならそのような心配もいりません。

エステサロンでフラッシュ脱毛をしたけれど、残ってしまった自分のムダ毛の処理や、家庭用フラッシュ脱毛器を購入したけれど、効果が物足りなかったという女性が、後から購入する例も増えているそうです。

トリア(tria)の持つ特徴や開発秘話をチェック!

トリア(tria)は、自宅で光を利用したスキンケアという新ジャンル開拓した、この分野におけるトップ企業であるトリア社により開発されました。

「プレジジョン」と「4X」があり、どちらも、医療機関で使用している何十万ドルもする脱毛器を、家庭用に小型化したもので、。

シンプルな使い勝手と、効果的かつ効き目が長持ち、光のエネルギーがムダ毛にしっかりアプローチするのに、周囲の皮膚ヘは影響を与えない仕様となっています。

トリア(tria)「プレシジョン」「4X」の特徴・効果

トリア(tria)はレーザー処理ができる唯一の家庭用脱毛器で、その品質もプロレベルと評価され、本場アメリカではFDA(日本でいう厚生労働省)から認可を受け、美容家電ではなく、医療機器として販売されているものです。

そのため、安全性、機能性ともに問題ありません。

トリアは、気になる部分を、好きな時に好きなだけ、自宅で処理できるアイテムです。クリニックでのレーザー脱毛は、治療として受けるため効果が高い反面、医師と相談を行い、統合的な判断を得た上での施術となりますが、トリアは、家庭用として出力を弱めているため、空いた時間に、少ない肌ダメージで脱毛ができます。

家庭用の出力とは言えど、医療機関でも使用されているダイオードレーザーが使われているため、ワキの場合は片側5~6分、鼻の下は3~4分、ビキニラインは片側10~12分でお手入れ完了できますよ。

トリアを使用できる部位は、ワキや腕、手指や脚、足指、胸、腹部、背中、ビキニライン、顔の鼻から下となっています。つまり、トリアがあれば、鼻から上を除いたほとんどの場所を、自宅で脱毛できるんです。

気になるトリアの仕組みですが、本体から照射されるダイオードレーザーが、毛に含まれる黒や茶の色素のみを選択し光を当てることで、毛が抜け落ちていくシステムとなっています。

その結果、使用開始から3ヶ月が過ぎる頃にはムダ毛がほとんど気にならず、満足のいく結果が得られるのだそうです。「すでにサロン脱毛を行っている」
という場合も、トリアは肌に優しいレーザーですから、併用が可能ですよ。

トリアは、黒や茶色などの濃い部分に反応するレーザーのため、顔上部以外であっても、日焼けをしている場所やほくろ、シミ、デリケートゾーンの黒ずみなどがある場合は、使用を避けるようにしましょう。日焼け後や、ケミカルピーリング後、ケガや肌荒れしている場所にも使えないため、トリアを使用する前に、肌状態を整えておくと良さそうです。

また、レーザー脱毛器ということで、目への危険も気になる方もいるでしょう。トリアは、国際電気基準会議における、レーザー製品の対する安全基準で見ると「Class Ⅰ」となっています。

「Class Ⅰ」とは、危険評価が人体へダメージを与えない低出力であることを表し、警告ラベルを貼ることなく販売できる証。目への危険度的にはCDプレーヤーやDVDプレーヤーと同等程度ですから、安心して使えることがよく分かります。

トリアを使用した後の効果を詳しく見てみると、臨床試験の結果、お手入れから週間後に、ムダ毛の本数が60~70%減少したという報告が届いています。2~3ヶ月の使用で、ムダ毛がスッキリし、細かい毛もケアできるようになっていくそうです。この頃には、ムダ毛が密集していた場所に、変化を感じ始めるでしょう。

さらに、3ヶ月のケアを終えると、お手入れ回数が少なくなる人が増えていきます。ここまできたら、定期的なケアは必要なく、気になった時のケアだけで良いので、処理がぐっと楽になりますね。

また、研究対象となった87%のユーザーが、他の脱毛法よりも毛が細くなったと答え、70%のユーザーが最後のお手入れから1ヶ月が過ぎた段階で他の脱毛法よりも毛の色が薄くなったと報告したそうです。これらの報告はたった3回の臨床試験で得た結果だそうですから、驚きです。そして、トリアは充電式なので、場所を問わずにケアできる点も気に入りました。

毛抜きやカミソリ、シェーバーでのケアは、毛穴が目立ってしまったり、肌が荒れてしまったりしがちですが、レーザー脱毛のトリアなら、思わず触れたくなるような、柔らかい仕上がりになるそう。使い続けることで、毛穴が目立たなくなるという声が多い点にも、興味を持ちました。

公式サイトでは、実際にトリアを使用した方の動画も公開されているのですが、拝見した女性のワキが、ツルツルすべすべの仕上がりになっていて感動しました。家庭でムダ毛処理を行うなら、唯一無二の家庭用レーザー脱毛器、トリアを選ぶのが正解のようです。

トリア(tria)の商品開発秘話!

2003年、アメリカでトリア社を立ち上げたのは、医療機関で使用されているプロ用脱毛器を開発した技術者たちです。

当時、クリニックで使用されていた脱毛器は、1000万円以上する高額なものでした。さらに重さが55キロもあり、持ち運ぶなんてとても無理なサイズだということで、レーザー脱毛は病院で受けるもの、という考えが一般的でした。

ところが、技術者たちはクリニックへ通うことができない女性のため、この高額で重たいマシンを、手ごろな価格のハンディタイプにできないかと研究をし始めます。

小さいだけではなく、“医療用と同じ効果を感じられなければ意味が無い”という信念の元、製品開発や徹底的な臨床実験を重ねた結果、ハンディサイズであるにも関わらず、プロが使用する脱毛器と同じ効果があり、さらに安全に使用できる「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」が完成したのです。医療機器として販売されたことも、大きな注目を集めました。

そしていよいよ、2005年には日本でもトリアの販売が開始。その後も次々と改良が加えられ、さらに品質が高まったこともあり、2018年には日本国内だけでも販売台数が20万台を突破するなど、“家庭用脱毛器といえばトリア”という確かな地位を確立しています。

トリア(tria)脱毛効果・人気・信頼の裏付け、おすすめ理由

発売以来、売上を伸ばし続けているトリア(tria)。興味津々なのですが、安心して購入したいので、トリアの脱毛効果や人気、信頼の裏付けを徹底的に行うことにしました。

各種メディアで話題沸騰のトリア(tria)

医療用レーザー脱毛器と同じ、優れた機能で家庭での脱毛をサポートしてくれるトリア(tria)は、ファッション系、美容系だけでなく、数々の女性向け雑誌から、高い注目を集めています。

「INRED」「Oggi」「stedy」「MUSE」「MAQUIA」「Sweet」「BAILA」「AneCan」「GLITTER」「ゼクシィ」「up」「美人百科」「Hanako」など、女性なら一度は聞いたことがある雑誌がこぞって取り上げるほど、大きな話題となっています。

どの雑誌もブランド力を持ち、読者のニーズに合わせて編集されている内容ばかり。このような、人気雑誌に複数掲載されているということは、トリア(tria)の優れた効果やについて、きちんと信頼されている証です。

「Instyle」誌アワード受賞!

1994年にアメリカで創刊された、人気ファッション誌「Instyle」。セレブやハリウッドスターに憧れる、世界中の女性から愛されていることで有名です。

この「Instyle」誌でもトリアは取り上げられ、2016年には、「BEST BEAUTY BUYS」の栄えあるアワードを受賞しています。これは、世界中の女性が買うべきアイテムと証明されたようなものです。

FDAに認可された唯一の家庭用レーザー脱毛器

アメリカでは、食品や薬品、サプリメント、化粧品、タバコなどの品質や安全性をFDA(アメリカ食品医薬品局)という機関で厳しくチェックしています。そのFDAでトリアは、医療機器として唯一認可された、レーザー脱毛器です。

FDAは、日本でいえば厚生労働省にあたる機関です。つまりトリアは、国レベルでの認証が行われている商品ということです。

皮膚科医からの評価にも注目!

FDA認可した唯一の家庭用レーザー脱毛器ということで、現役医師からも厚い注目が注がれています。

公式サイトでは、6人の皮膚科医がコメントを掲載しているのですが、医療機関で使用しているプロ仕様のレーザー脱毛器と変わらないくらいの効果が得られること、初めてでも安心安全に施術が行える点、人間工学に基づく使いやすい設計のデザインなど、良い評価が並んでいます。



トリア(tria)おすすめパーソナルレーザー家庭用脱毛器(プレシジョン、4x)

トリア(tria)パーソナルレーザー脱毛器の詳しい使い方。4Xとプレシジョンの違い

トリア(tria)の公式サイトでは、「4X」と「プレシジョン」。
価格的には4Xの方がプレシジョンよりも高額なのですが、2つには金額以外にどのような違いがあるのでしょうか?

トリアの使い方は簡単!

「4X」と「プレシジョン」の違いを探っていく前に、共通しているトリアの使い方をまずは知っておきましょう。「脱毛器は難しそう」と感じている方や、「脱毛経験が一度もない」という方も、簡単に使用できます。

トリアの操作は、すべてボタン一つで行えます。最初に脱毛器上部にある、緑ボタンを1度押すことで電源が入り、もっともレーザーが弱いレベル1に設定されます。希望の強さに設定を合わせたら、脱毛を行いたい場所へトリアを当てま。

トリアの脱毛は、すべて脱毛器にお任せできます。照射レンズが肌へ当てられたことを自動で感知し、レーザー照射を行ってくれるため、自分で毎回ボタンを押す必要はなく、肌に合わせる、離すを繰り返すだけで、脱毛を完了できます。

「レーザー脱毛は痛そう」という不安を抱えている方もいるかもしれませんが、使用感については個人差があります。まったく痛みを感じない人、ゴムではじかれたように感じる人、ほてりやヒリヒリ感、チクチク感を感じる人などそれぞれです。

少しでも痛みを軽減するため、事前に脱毛箇所の毛はしっかり剃り、弱いレベルからスタートしましょう。

また、定期的にケアすることで、毛の量が減っていくため、2回目以降はどんどん最初に感じた違和感が減っていくでしょう。

使用できる部位は、腕やワキ、脚、手足の指、背中、胸、腹部、ビキニライン、顔の鼻から下部分。使用できない部分は、顔の鼻から上部分(目・眉毛・まぶた・まつ毛などの目元や額、こめかみ、ほほ骨、鼻の穴)となっています。

トリアを使用できる部位の中から、脱毛したい部分を選んだ後は、2週間に1度を目安にケアを行いましょう。最初の3ヶ月間、2週間おきにケアを行うことで、目に見える差が出始めます。

2週間おきの脱毛は、毛の生えるサイクルに合わせたものですので、それ以上の頻度で脱毛を行っても変化はありません。肌ダメージを与えないためにも、必ず2週間に1度の周期を守りましょう。

3ヶ月~4ヶ月が過ぎる頃には、毛の量が目に見えて減っている場合が多いでしょう。それでも、まだ隠れていたムダ毛が生えてくる場合があります。大体の脱毛が終わった後は、このような隠れムダ毛に焦点を絞って、定期的にケアを行うとより一層のツルスベ肌になれます。

安全性にこだわって開発、製造されているトリアですが、体質や使用条件によってはごくまれに赤み、ヤケド、水ぶくれなどができてしまう場合があります。色素沈着を引き起こさないためにも、取扱説明書に書かれている説明通りにケアを進めて行きましょう。

また、トリアでは、妊娠中、授乳中の肌がデリケートになっている人や、成長期である18歳未満の人には、脱毛器の使用を推奨していません。18歳以上かつ、妊娠、授乳をしていない状態で、使用するようにしてください。

トリア(tria)「4X」の特徴

4Xは、もっとも進化したトリア社のレーザー脱毛器です。自宅にいながら全身のムダ毛をケアできる商品として、広範囲をツルスベにしたい方向けに製造されました。

連続して使用できる時間が長いため、広い範囲の脱毛を楽々行える点が便利です。
プレシジョンにはないLEDディスプレイから照射回数のカウントや、出力レベル、電池の残量が確認でき、効果の高い脱毛が行えるよう、安全性にも配慮しながらサポートしてくれます!

4Xは、2時間半の充電で約30分使用でき、出力も5段階で調整できるなど、プレシジョンよりも高い機能を持っています。またレーザーの出力を見てみても、7~22ジュールとなっており、最大出力で脱毛する場合は、確実にプレシジョン以上の効果が得られそうです。

トリア(tria)「プレシジョン」の特徴

プレシジョンは、重さが200gと軽く、スリムボディで、普段からカミソリを使用して剃っているワキやビキニラインなど、ターゲットを細かく絞った敏感な場所のケアに向いています。

細かい部分のお手入れに向いているプレシジョンですが、時間をかければ全身のケアを行うことも可能です。

プレシジョンは、2時間半の充電で約15分使用でき、出力は3段階設定となっています。レーザーの出力は7~20ジュールと、4Xよりも若干パワーでは劣るため、早く効果的に処理したい方や毛の量が多い方は4X、サロン脱毛後のケアや毛の量が少ない方はプレシジョンを選択、という選び方も良いかもしれません。

さらに、連続照射を行う場合の待ち時間が長い、4Xと比較すると音が気になる、といった面もありますが、プレシジョンも4Xと同じく、一度の充電で両ワキのケアを十分できる商品です。



本格派家庭用脱毛器・家庭用美容レーザー

トリア(tria)経験者の口コミをチェック!

実際に使ってみて、トリア(tria)ってすごい!!と効果に感激してばかりだった私ですが、これはあくまでも個人の感想。

「トリアってどのくらいの実力があるの?」
「本当に自宅で脱毛できるの?」
そんな疑問を、先輩である、トリア脱毛経験者の口コミから探ってみました。

口コミ1
身体の一部は、美容クリニックで脱毛しましたが、他の部分も脱毛したくて
購入しました。使い心地も医療脱毛と同じような感じで安心。ただ医療脱毛よりも、こちらの商品の方が痛みがありませんでした。

手軽に自宅ででき、好きな時間を使えるので、まずは2週間に1度の割合で継続していくつもりです。本当に買って良かったです!
<20代:女性>

口コミ2
トリアは、顔の上半分以外はすべてムダ毛処理できると聞いて、購入しました。
ワキやiラインも気になっていたのですが、30代を過ぎてから口周りの毛が濃くなってしまったことが、何よりショックだったんです。

顔の毛は細いため、ちゃんと脱毛できるか不安でしたが、最大出力でケアしたところ、4ヶ月が過ぎる頃から毛が薄くなってびっくり!化粧ノリもよくなり、とても喜んでいます。痛いと感じることもなく、手軽にムダ毛を減らせました。
<30代:女性>

口コミ3
使い始めて1ヶ月で効果を感じられました。毛の生えてくるペースが遅くなり、自己処理のわずらわしさが減っています。こんなに効果があるなら、もっと早く試せばよかったです。

人に見られるのは恥ずかしいvioやコンプレックスだった腕のムダ毛も、出力を落とし、気長に向き合っていたら、ずいぶん薄くなりました。毛穴もきゅっと引き締まった気がして大満足です。
<40代:女性>

口コミ4
以前脱毛サロンへ通っていたのですが、まだ気になる部分が残っていました。そんな時、子どもに勧められてトリアを知り、試してみることに。最初は痛みが気になりましたが、脱毛部位をきちんと冷やすようにしてからは、痛いと感じることなく、処理を終えられるようになりました。

3週間に1度の頻度でレーザーを当てていたのですが、2ヶ月ぐらいで効果を実感。年齢による肌トラブルも気になるため、次はトリアのスキンケアレーザー商品も、買ってみようかと検討中です。
<50代:女性>

効果を実感できるレーザー脱毛器。もっと続くプロの仕上がり。

トリア(tria)に関する不安や疑問をとことん解消!

トリア(tria)の使い方や特徴、脱毛効果、人気・信頼の裏付け、おすすめ理由は分かったけれど、まだまだ購入前の不安を抱えていませんか?そんな方のために、よくある不安や疑問とその答えをまとめてみました。安心して脱毛をはじめるためにも、不安や疑問はすべて解消してから使用しましょう!

・トリアは全身に使用できますか?

トリアは顔から足先まで使用できますが、顔へ使用する場合は鼻よりも下の部分までとなります。眉毛やまつ毛、ほほの毛などには使えないため、注意が必要です。

・顔の上部以外にもトリアを使ってはいけない場所がありますか?

顔上部以外であっても、耳や乳首、性器、肛門の周囲など、肌の色が濃い部分の使用は厳禁です。これらの部位は毛が濃く、皮膚も敏感なため、レーザーを当ててしまうとダメージの原因となります。

・ケガや日焼けしている部位にトリアを使用しても良いですか?

傷口の開いている傷やヘルペス、日焼け、皮が剥けてしまっている箇所など、過去6~8週間以内に新しい皮膚が生成された部位、肌荒れしている部位、リサーフェシング(フォトフェイシャル、ケミカルピールなど)の施術を受けた後は、肌が傷ついているため使用できません。

・使用できる肌や髪の色に制限はありますか?

4X、プレシジョンともに、肌の色が白、アイボリー、ベージュ、ライトブラウンかつ、髪の色がライトブラウン、ミディアムブラウン、ダークブラウン、黒であれば使用可能です。

日本人にはあまり見られませんが、肌の色がダークブラウン、ブラックかつ髪の色が金髪、白、銀、赤の場合は使用できません。

・トリアの使用前にムダ毛を剃ったらレーザーが届かなくなりませんか?

トリアを使用する前に、カミソリや電気シェーバーで毛をきれいに剃っても、毛穴の中に根元部分が残っていますので、問題なく脱毛を行えます。毛根から取り去ってしまう、毛抜きや除毛クリーム、ワックスなどは使用しないようにしましょう。

万が一、毛をのばした状態で照射してしまうと、ヤケドや肌荒れ、痛みの原因となりますので、脱毛前は必ずシェービングしてから始めるようにしてください。

・どのくらいの期間でお手入れを完了できますか?

個人差がありますが、2週間に1度の頻度でケアを行った場合、3~4ヶ月程度で効果を実感できる方が多いようです。毛の量を減らしたい場合は数ヶ月程度、完璧なツルツル状態を目指したい場合は1~2年程度かけて、じっくり取り組んでいきましょう。

・お手入れの頻度を増やしても大丈夫ですか?

トリアでの脱毛ケアは、2週間に一度の頻度がいいようです。毛周期があるため、それ以上頻度を早めても、アプローチできる毛がまだ生えていないこともあり、頻度を上げても効果はあまりないようです。早く脱毛を終わらせたい場合は、頻度を早めるよりも、2週間に一度のケアを忘れずに続けることの方が重要です。

・痛みに弱いのですが大丈夫でしょうか?

最初から全く痛みを感じない方や、ゴムではじいた様に感じる方、ヒリヒリ、チクチク感を感じる方など、痛みの感じ方は人それぞれです。そのため、最初は一番低いレベルからスタートし、大丈夫そうなら一つずつ強くしていくようにしましょう。使い続けられないくらい痛みを感じる場合も、トリアは30日間の返金保証があるため安心です。

・医療用のレーザーとトリアのレーザーは同じものですか?

医療機関にも使用されているダイオードレーザーを使用していますが、自分だけでも使用できるよう、出力を抑えてあります。クリニックへ通うよりもムダ毛処理の期間が長くなる傾向にありますが、肌への負担を最小限に抑えられるというメリットがあります。

・脱毛サロンでのケアと同時進行できますか?

問題ありません。より早く脱毛を終えられたり、サロン脱毛のトリートメント効果を長持させたりといったメリットがあります。

・タトゥーが入っている部分も脱毛できますか?

トリアは、黒い部分に反応するレーザー脱毛器のため、タトゥー部分へ照射してしまうと、肌を傷つける原因となります。タトゥーやほくろ、シミなどの部分は避けて、照射するようにしましょう。

・妊娠中、授乳中にトリアを使っても大丈夫ですか?

トリアは妊娠中、授乳中の女性を対象とした調査を行っていませんので、妊娠中、授乳中の方はトリアを使用しないでください。ホルモンの変化が肌を敏感にし、肌が傷つくリスクを高める恐れがあります。

・家族や友人と一緒に使っても良いですか?

トリアは個人向けに作られた商品です。衛生的に使い続けるためにも、購入者のみの使用が最適だと言えます。

・トリアは何歳から使用できますか?

18歳未満の方は、トリアを使用できません。臨床研究が行われておらず、安全の保障ができないためです。

・内臓電池の充電回数はどのくらいですか?

トリアの内臓電池は約500回程度、充電して使用できます。1回の充電で、両ワキ程度の範囲を脱毛できるため、電池が寿命を迎える前に、全身の脱毛を完了できる方がほとんどです。

・商品の保証はありますか?

トリアには安心の2年保証がついています。2年以内であれば製品に欠陥があった場合も、無償で修理交換できるため、脱毛完了まで不安なく使い続けられます。

・痛みや肌トラブルなどが出てしまった場合は返品できますか?

トリアのパーソナルレーザー脱毛器を初めて使用された方であれば、どのような理由であろうと30日間以内は返品可能です。トリア・ビューティーお客様サポートセンターへ連絡の上、手続きできます。

効果を実感できるレーザー脱毛器。トリアで憧れのツルすべ肌を。

トリア(tria)はどこで買えばいいの?

トリアは楽天、Amazon、ヤフーショッピング、ヨドバシカメラ、ロフト、ビックカメラ、東急ハンズ、ディノス、@コスメ、イオンなどで販売されていますが一体、どこで買うのが一番お得でしょうか?

トリア公式サイト以外にも、楽天市場やAmazonなど、大手インターネットサイトでも販売されていて、迷ってしまいます。

トリアの販売金額だけを見てみると、公式サイトで購入する場合と、楽天市場やAmazonで購入する場合、ほとんど差がないことが分かります。そのため、同じ価格であるなら、ポイントがつく楽天やAmazonの方が良いのかな、とも思ったのですが・・・。よくよくチェックしたら、公式サイトならではのメリットがたくさんありました。

まず、公式サイトで購入した場合、30日間の返金保証と、2年間の品質保証が受けられます。この品質保証は、各種インターネットサイトへ出店している正規販売店でも受けることができるのですが、出店している店舗が正規販売店であるかどうかを、確認できないケースもあるでしょう。

正規販売店だと信じて購入したけれど、実際はそうでなかった場合、返金保証も品質保証も受けられなくなってしまうため、万が一の肌のトラブルや製品の故障などを考えると公式サイトでの購入がベストです。

また、楽天、Amazon、ヤフーショッピング、ヨドバシカメラ、ロフト、ビックカメラ、東急ハンズ、ディノス、@コスメ、イオンなど、様々な場所で購入できますが、品質保証が1年だったり、価格が公式サイトより高かったり、「4X」もしくは「プレシジョン」のどちらかしか販売されていなかったり、在庫切れだったりすることもあります。

「訳あり特別価格、返品不可、保障なし」などと書かれて販売されている商品もみかけますが、不良品を引いてしまった場合のリスクが高すぎるため、公式サイトよりもお得な価格であったとしてもおすすめできません。

さらに、公式サイトでは割引クーポンが用意されていて、誰でも値引後の価格で購入できます。
定価2,900円のトリアスージングジェルが1本プレゼントされる特典もあります。

4X本体とジェルを定価で購入した場合、4Xの希望小売価格54,800円+スージングジェル2,900円=57,700円となりますが、公式サイトの割引価格+ジェルプレゼントクーポンを使用すれば、39,800円だけです。

プレシジョンもクーポンを利用することで36,800円→31,800円の5,000円引きで購入できます。

また、品質保証期間の2年が過ぎてしまった後、久々に使おうと思って出したらバッテリーがダメになっていた・・・というような例もあるでしょう。

こんな時、多くのメーカーでは、仕方なく新しい商品に買い替えるしかないのですが、トリアは違います。公式サイトから購入であれば、手元の商品と引き換えに、定価の半額で新しい商品へ買い替えられます。また嬉しいことに、半額で買い替えたトリアにも1年の保証がついています。

再購入したい場合の買い替えサポート申し込みは、購入日から10年以内。利用できるのは購入した本人のみで、製品のシリアルナンバーを申し出た後の交換となります。レシートの提示をお願いされる場合もあるため、公式サイトから購入したことが分かるように、大切に保管しておきましょう。

公式サイトで購入するメリットは、まだあります。公式サイトを利用することで、購入前に分からないことや、購入後の使い方などを、トリア・ビューティーお客様サポートを通じて、専門のスタッフへ電話やメールで相談できます。

公式サイトであれば最安値で購入でき、30日間の返金保証や2年間の品質保証があり、品質保証期間経過後の10年間の買い替え保証、お客様サポートの全てが利用できます。

安心して利用するためにも、公式サイトからの購入をおすすめします。

まとめ

脱毛サロンへ行くのが面倒、エステティシャンに身体を見られるのが恥ずかしい、という方も、パーソナルレーザー脱毛器なら問題ありません!

いつでもムダ毛処理が完璧!な状態になれば、洋服選びや外出の時間が充実するのはもちろん、男性からも女性からの視線も変わります。

トリアを使い続けることで、自分に自信が持てるようになり、彼氏や好きな人と過ごす時間が楽しくなるでしょう。



トリア(tria)本格派家庭用脱毛器・家庭用美容レーザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です