スキル・仕事・お金

20代女性の転職事情。転職を成功させるポイントは?


転職したいと思うきっかけは人それぞれで、転職したい全ての人が「キャリアアップをしたい」と言う前向きな理由ではありません。

給料が少ない、残業が多いなどの不満から転職を考える人も多いでしょう。ですが、転職活動を行う上で最も注意したい点が一つだけあります。それは、闇雲に行動しないことです。

転職活動においては、事前準備がその明暗を分けると言っても過言ではありません。20代女性の転職事情を理解し、成功のポイントを押さえることで内定率は大幅に上がるでしょう。

また転職の「成功」とは、内定をもらう事だけを指しているのではありません。転職先の企業で長く勤められてこそ、本当の成功と呼べるでしょう。

この記事を読んで、あなたの転職活動に是非お役立てください。


スポンサーリンク




近年では女性向けに特化した転職サイトや転職エージェントなども増えてきており、その結果、女性の求人数も増加傾向にあります。また男女雇用均等法の制定により、求人に対して男女を区別するような記載が出来なくなりました。

しかし、企業側が一定の条件を満たすことで年齢制限を設けることは可能となっています。その為、20代女性の転職は30代40代よりも多くの求人に応募することが可能となっており、転職活動を有利に運ぶことが出来ます。

転職活動をさらに有利に進める為には、ライバルの多い職種への応募を避けることも一つの策です。転職活動は長引けば長引くほど、モチベーションが低下してしまいます。ライバルの多い職種に応募し続けるよりも、人材が不足している業界を狙った方が、最短で転職を決めることが出来るのです。

ここでは人気の高い職種と、今最も需要のある職種についてご紹介します。

20代女性に人気の高い職種とは

20代女性に最も人気の高い職種、それは事務職です。その理由は、営業職や販売職などと比べて残業も少なく、プライベートの時間が作りやすい職種だからです。

しかしその反面、1つの求人に対して多くの応募者が集まり、倍率が上がってしまい転職の難易度は高くなる傾向にあります。

また、事務職の離職率の低さも転職の難易度の高い要因の一つとして挙げられます。

子供がいる主婦の場合、学校の行事や面談等で会社を早退しなくてはならない事が多々あります。そんな時、取引先に出向く営業職や、シフトで働く販売職などでは突発的な私用に対応出来ません。

その点、事務職は他の職種よりも時間に融通が利くことが多く、会社に束縛されないという利点があります。

さらに、事務職の求人倍率が上がっている背景には、もう1つの理由が存在します。

それは、事務職の正社員求人が年々減少している事です。現在、事務職をパートやアルバイトで補う企業が増えてきており、それに比例して事務職の正社員求人も減少傾向にあります。それだけ事務職の需要が減ってきているわけです。

筆者自身も事務職での転職経験があり、50社を超える求人に応募してきました。しかし、書類選考を通過したのは僅か8社程度。書類選考の通過率は20%にも満たなかったのです。そこから更に1次面接、2次面接と進んでいくわけですから、内定率は更に下降していきます。

転職での平均応募数は、一般的に10社~20社と言われていますが、事務職は全く別の市場だと考えた方が良いです。10社応募して書類選考を通過出来るのは、2社程度です。スキルや経験によっては更にこの数値が下がることも考えられます。その為、事務職で転職をすると決意した場合には、多くの不採用通知を見ることになるでしょう。

しかし不採用通知が届いても、その都度落ち込んでいてはいけません。仮に最終面接まで辿り着いたとしても、応募する手を止めてはいけません。そして、転職活動が長期化する可能性があることも予め覚悟しておきましょう。

事務職はそれだけ人気の高い職種なのです。

今最も需要のある職種とは

現在、最も求人需要が高いのは介護業界です。高齢化社会が進み、多くの介護施設が次々に建設されています。

しかしその一方で、介護施設に勤める職員が少なく、常に人手が足りていない状況です。その為、20代から介護業界にチャレンジすることで、20代の間に管理職に就くことも可能です。

筆者自身も介護業界に携わった経験がありますが、施設に勤める職員の平均年齢は20代~30代と若く、約8割の職員が女性という状態でした。また介護施設にもいくつかの種類があり、その中でも代表的なサービスが「訪問介護」「通所介護」「施設内介護(老人ホームなど)」です。

訪問介護は利用者の自宅に訪問して、身の回りのお世話などを行います。通所介護は通称デイサービスとも呼ばれており、レクリエーションや機能訓練などを行い、利用者の自立を促すサービスです。施設介護は、老人ホームなどの施設に居住している利用者の身の回りのお世話を行います。このように介護の仕事は常に動き回ることが多く、それなりの体力が必要とされます。その為、高齢になるほど介護の現場で活躍するのが難しくなります。

しかし、20代から介護施設での経験を積むことで、早い段階から現場から離れることも可能なのです。と言うのも、施設内で昇格していけば、いずれは管理職となり必然的に現場を離れざるを得ないからです。

入社時は当然現場からのスタートとなりますが、結果的に管理職というオフィスワークを手に入れることが出来るのです。今、必死に事務職を探している人でも、長い目で考えた時に介護業界も選択肢の一つとして検討しても良いかも知れませんね。

20代女性が転職を成功させるポイントは?

転職を成功させる為には、事前準備が必要不可欠となります。この事前準備や情報収集を行ったかどうかで、転職活動の明暗は大きく分かれてしまいます。また転職活動では、効率良く求人情報を探していかなくてはいけません。

ここでは、転職を成功させるポイントやオススメの資格、面接時の対応などについてご紹介します。

転職の目的を明確化する

あなたがなぜ転職を考えたのか、その理由を明確にしておく必要があります。

転職理由が曖昧だと転職活動の芯がぶれてしまいますし、何より求人情報を効率良く探すことが出来ません。また面接では、必ずと言っていいほど転職理由についての質問があります。

その際に回答に詰まってしまっては、受かる面接も受からなくなってしまいます。また転職理由はネット上に掲載されているありきたりな回答ではいけません。企業側はそういったテンプレートのような模範解答は聞き飽きています。

自分の本心をしっかりと伝え、且つ相手を納得させられるような転職理由を事前に考えておきましょう。


スポンサーリンク




求人媒体を絞ることが大切

現在では様々な転職サイトが存在しており、その中から数多くの求人情報を閲覧することが可能となっています。しかし、求人情報が多過ぎることで求人を絞ることが難しくなってしまうのも事実です。

効率的に求人を探すには、使用する転職サイトや求人媒体を絞る必要があります。

筆者自身も数多くの転職サイトに登録し利用してきましたが、その膨大な数の求人情報を閲覧するだけでモチベーションが低下していました。

また企業側は複数の転職サイトに同じ求人情報を掲載することも多く、それぞれの転職サイトで何度も同じ求人を目にすることもありました。よって、利用する求人媒体を少数に絞った方が効率的に求人情報を探すことが出来ると言えます。

転職エージェントを活用する

20代女性であれば転職エージェント活用するのもオススメです。転職エージェントでは、これまでの実績や経験から、あなたに合った転職先を紹介してもらえます。

内定までのフォロー体制も整っており、応募書類の添削なども無料で行ってくれる為、転職活動に不安を感じている人は転職エージェントを活用することをオススメします。

オススメの資格やスキルは?

・オススメ資格:MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)
現在、多くの企業では職種に限らずパソコン操作は必須スキルとなっています。MOSを所持していることで、どの程度パソコンの操作が可能なのか、一目で相手に伝えることが出来ます。

MOSでは各オフィスソフトの基礎から応用までを学ぶことが出来るので、職場でも役立つ資格の一つです。

面接で気をつけたいこと

20代女性であれば結婚や出産の適齢期であり、企業側もそれを懸念している部分があります。当然、面接ではプライベートに関する質問は一切出来ない為、面接官からこのような質問を受けることは一切ありません。

ですが正社員として雇用する場合、企業側からすれば長く働いてくれる人を採用したいと思うのは必然です。よって、面接では長期的に働けることをアピールする必要があります。

また自分から結婚や出産に関しての話題は出さないように十分気を付けましょう。

また女性の場合は、面接時のメイクにも十分な注意が必要です。あまりにも濃すぎるメイクでは、返ってあなたの印象を悪くしてしまいます。化粧は濃過ぎず、ナチュラルなメイクをするようにしましょう。

面接官は面接のプロではありますが、超能力者ではありません。あなたがいかに素晴らしい心の持ち主であっても、その内面を全て見抜くことは出来ないのです。その為、面接では外見や身なり、清潔感などが重視されてしまいます。

面接においてのマイナスポイントをいかに排除するか、その点も面接においては大切なポイントとなります。

転職先で気をつけたいこと

企業から内定をもらうことが転職の成功ではありません。転職先で長く勤められてこそ、本当の成功と言えます。

ここでは、転職先企業に入社した際、最も気を付けたいことについてご紹介します。

前職での経験は一度クリアにする

前職と同じ職種に転職をした場合、仕事のやり方や進め方について戸惑うこともあるでしょう。「前の会社ではこうやって進めていたのに、この会社のやり方は効率が悪いな」と疑問を持つこともあるかと思います。

ですが、入社時は会社のやり方に従うようにしましょう。業務を進めていく上で、非効率だと思ったことは後からあなたが改善すれば良いのです。

筆者も数回の転職経験があり、転職先での非効率な業務フローに疑問を抱いたこともありました。

現在では1人につき1台のPCが与えられているのが一般的だと思います。しかし、筆者の転職先では2人で1台のPCを共有していたのです。それでも会社は問題なく回っていたようで、業務に支障は出ていなかったそうです。

そこから2年を掛けてPC導入の稟議を回してきました。そしてようやく、入社から2年後に1人1台のPCを導入してもらうことが出来たのです。

転職先ではまず、その会社のやり方に従って業務を進めることが最も大切なことです。実績や根拠の無い人間の意見は全く通りません。

また、実績が無い状態で自分の要望だけを伝えてしまっては、返ってあなたの評価を落とすことにも繋がり兼ねません。入社後はまず仕事の全体像を覚えること、そして前職でのやり方にこだわらないことが大切です。

自分の能力を過信し過ぎない

転職先では、前職で経験したことのある業務を任される事もあるでしょう。そんな時にも、自分一人で完結させるのではなく、必ず先輩社員に確認を取るようにしましょう。

前職で経験しているからと言って、自分の能力を過信し過ぎてはいけません。同じ業務であっても、企業によってやり方や進め方が全く異なるのです。

その為、仕事を完全に理解するまでは、先輩社員とコミュニケーションを取りながら業務を進めるようにしましょう。

まとめ

転職の成功とはただ単に内定をもらうことを指すのではありません。転職先の企業で長く勤められてこそ、本当の成功と言えます。

これから先何十年と勤める会社を探すわけですから、企業選びは慎重に行うようにしましょう。


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です