美容・健康

シミ取りレーザー治療の効果と費用、気になる治療後のケア・ダウンタイム、失敗のリスクは?


Contents

シミ取りレーザー治療の効果と費用、治療後のケア・ダウンタイム、失敗のリスク

シミに悩む方にとって、比較的短期間で効果を実感できると言われるレーザー治療は、とても気になる存在だと思います。

シミを薄くする方法としては最も確実性が高いと言われているので、受けてみたいと思っている方も少なくありません。

しかし、その一方で、「やけどする可能性がある」「治療に痛みが伴う」といったリスクもあり、受けるのを躊躇する方が多いのも現実。

そこで、シミ取りレーザー治療について詳しく調べてみました。

悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


レーザーで取れるシミの種類

シミ取りレーザーで取れやすいと言われているシミには、次のような種類があります。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

「老人性」という名前がついている通り、60歳以降の方に発症する機会の多いシミです。早ければ20代から出始める人もいて60代ではほとんどの人に発生します。

主な原因は紫外線。顔、手の甲、腕、背中、すねなどの紫外線が当たりやすい場所に、褐色で数ミリ~数センチのシミが浮き出てくるのが特徴です。

治療法としてはフォトセラピー、トレチノイン・ハイドロキノン療法などがありますが、老人性色素斑自体が悪性化する心配はないとはいえ、悪性腫瘍との識別が難しいこともあるので、念のためレーザーで破壊・除去しておくと安心です。

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

花弁や金平糖のような形をしたシミで、海水浴をした時など、強い紫外線が当たったことが原因でできるケースが多いです。

そのため、紫外線が当たりやすい肩や背中などの上半身に集中する傾向があります。

色は褐色ですがほとんど黒に近いものもあり、大きさは3ミリ~1センチぐらい。

そばかすができやすかったり、日焼けをすると赤くなったりする体質の方に多く見られます。

雀卵斑(じゃくらんはん)

雀の卵の模様に似ていることからこう呼ばれるシミで、目の周りや頬のあたりに広がりやすいという特徴があります。いわゆる「そばかす」というものです。

遺伝による影響が強く、早い方では幼少期から出始めることもありますが、遺伝によって雀卵斑ができる場合は思春期頃に濃くなるケースが多いです。

思春期を超えると薄くなる人も多いですが、紫外線を浴びる機会が多いとますます数が増えたり、色が濃くなったりする可能性があるので、薄くしたいならこまめなUVケアが必要。

また、遺伝的な要因がなくても、紫外線をよく浴びる方は雀卵斑ができやすくなると言われているので、十分に気を付けてください。

有効な治療方法は、トレチノイン・ハイドロキノン療法、ビタミンCの服用、ケミカルピーリング、イオン導入、光治療、レーザー治療です。

スポンサーリンク


脂漏性角化症(イボ。しろうせいかくかしょう)

別名「年寄りイボ」とも呼ばれるものであり、60代以降で発症するケースが多いですが、早い方では30代でできることもあります。

皮膚にできる良性のイボの一種で、褐色または黒っぽい色をしており、初めは平らだったのが、徐々に盛り上がってくるのが特徴です。

1つだけぽつんとできることもありますが、同じ種類のイボがいくつも散らばってできるケースも珍しくありません。

主な原因は、紫外線や加齢によるものがほとんどです。見た目はほくろと似ていますが、脂漏性角化症は硬くてもろいので、指で削るとポロポロ取れることもあります。

有効な治療方法は、削皮(高速回転する機械で皮膚の表面を削り取る)、電気乾因(電気メスでメラニン色素を焼く)、冷凍療法(液体窒素で患部を凍らせて取り除く)、レーザー治療です。

太田母斑(おおたぼはん)

「遅発性太田母斑」とも呼ばれるもので、シミというよりはアザといったほうが正解です。

生後半年~思春期頃に顔(目の周辺、頬など)に青あざが出てきますが、人によってはそれが広範囲に及ぶことも。

発生頻度は、男性よりも女性、そしてアジア人に多いと言われています。

ほとんどのシミは紫外線が影響していますが、太田母斑の場合は胎児期の皮膚メラノサイトの定着がうまくいかないことにより、メラニンの量が増加してしまうことが原因とされる説が有力です。

しかし、今のところはっきりとしたことはまだ分かっていません。

治療法としては、以前は冷凍療法がよく使われていましたが、十分な効果が得られなかったり、患部に傷が残ったりするリスクがあるため、レーザー治療を行うケースが増えてきました。

スポンサーリンク


レーザーで取れにくいシミの種類

ここからはシミ取りレーザーでは取れにくい種類のものについて説明したいと思います。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、顔の片側だけでなく、左右対称に現れるシミです。

特に頬骨のあたりにできることが多く、右と左で大きさもほぼ同じ。ぼんやりとした色で、皮膚との境目もはっきりしないことが多いです。

できやすい年齢は30~40代で、閉経に伴って薄くなるケースが多く、高齢者で発症するのは稀だと言われています。

主な原因は紫外線とホルモンバランスの乱れですが、皮膚への強い刺激で、すでにできてしまった肝斑が悪化することも。肝斑ができている時は、過度なマッサージや顔の洗いすぎなどの刺激を避けるようにしましょう。

有効な治療法は「トラネキサム酸」の服用だと言われていますが、治療を始めてもなかなか効果が表れない場合は、別の種類のシミが同時に発生している可能性があります。

自分では判断するのが難しいので、おかしいと感じたら早めに病院で診てもらいましょう。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

これは文字通り、皮膚の炎症によってできるシミです。

ニキビ、虫刺され、やけど、傷、強い摩擦、脱毛などによって肌がダメージを受けると、これを回復させようとして表皮にあるメラノサイトがメラニンを作り出します。

そのため、ダメージを受けた部分の皮膚が黒ずみ、炎症性色素沈着となって現れるのです。

有効な治療法は、トレチノイン・ハイドロキノン療法、レーザー治療。

茶褐色のものは比較的治癒しやすいですが、皮膚の奥深くでメラニンが生成された青色もしくは灰色のものは治りにくいので、治療に時間がかかるケースもあります。

日頃からターンオーバーが正常に働いていれば、炎症が起きてもメラニンがスムーズに排出されやすくなるので、炎症性色素沈着を防ぐためにはスキンケアや睡眠に気を配るようにしましょう。

スポンサーリンク


シミ取りレーザーの費用

シミ取りレーザーは、はっきり言って高額な費用のかかる治療法です。

「レーザーで取れるシミの種類」の項目で紹介したものの中では、唯一「太田母斑」だけが保険適用となる場合もありますが、その他のシミは残念ながら保険適用外。

美容目的で行うレーザー治療は、全額自己負担となってしまいます。

シミ取りレーザーの料金の相場

クリニックの方針や受けるレーザーの種類によって値段は異なりますが、シミ取りレーザーの1回あたりの料金は3,000~40,000円ぐらいが相場です。

たいていの場合1度の治療ではシミを取り切れないので、総額で数十万円になるケースも珍しくありません。

治療費を一括で支払えない場合の対処法

シミ取りレーザーは高額な治療なので、多くのクリニックではクレジットカードや医療ローンによる分割の支払いも受け付けています。

分割払いにすると金利が上乗せされるのでトータルでの支払総額は高くなりますが、まとまったお金を用意できない時には非常に便利です。

無理のない返済計画を立て、賢く利用しましょう。

シミ取りレーザーを少しでも安く受けるための方法

クリニックによっては、誕生月の割引きや、たまったポイント数に応じた割引きなどのサービスを実施しているところがあります。

会員登録が必要となる場合が多いですが、何度も通う方にはメリットも大きいので、興味があれば登録を考えてみても良いのではないでしょうか。

また、回数券を購入したり、キャンペーンを利用したりするのも1つの方法です。

自分の写真をHPやCMで使われることに抵抗がなければ、モニターになると、料金が全額無料もしくは格安になる場合もあるので、クリニックのHPで確認してみましょう。

スポンサーリンク


皮膚科でのレーザー治療

始めて皮膚科でのレーザー治療を受ける方へ、知っておきたい基礎知識をまとめました。

シミ取りレーザーの効果

シミ取りレーザーは黒いものに反応する性質を持っており、シミの原因となるメラニン色素を狙い撃ちして破壊することで治癒へと導きます。

そのため、レーザー治療が有効な種類のシミを消すにはかなりの効果が期待できますが、アフターケアを怠るとまた同じ場所に再発することもあるので注意が必要です。

レーザー治療を受けつつ、UVケアや正しいスキンケアも併せて行ってこそ、シミ取りレーザーの効果を最大限に享受できます。

痛み

レーザー治療を受ける際に最も気になることといえば、「どれぐらい痛いのだろう」ということだと思います。

確かに、レーザー治療にはそれなりの痛みが伴う場合もあります。

しかし、多くの場合、麻酔もいらない程度の軽い痛みなのであまり心配はいりません。

痛みに弱い方や、治療範囲が広くて時間がかかる場合は、事前にクリーム麻酔を塗ったり、局所麻酔や全身麻酔を打ったりする方法もありますので、医師に相談してみましょう。

レーザー治療に必要な回数

シミの大きさや数、広がっている範囲にもよりますが、薄くて小さいものなら1~3回、濃いシミや広範囲のものなら10回ぐらい必要になることもあります。

どのレーザーを使うかによっても回数が違ってくるので、カウンセリング時に予算のことも含めてよく相談しましょう。

治療箇所以外への影響

レーザー治療は必要な部分だけにピンポイントで作用するので、周辺組織を傷めることなくシミを取ることができます。

スポンサーリンク


良いクリニックの見つけ方

シミ取りレーザーを安全に受けたり、ちゃんとした効果を出したりするためには、できるだけ腕の良い医師を見つけることが大切です。

そのため、クリニック選びの際には、次のポイントを意識してみましょう。

HPに紹介されている症例数が多い

シミ取りレーザーは、決して簡単に扱えるものではありません。

経験や知識の乏しい医師が使うと、やけどや皮膚の悪化などのトラブルが起きたり、シミの性質に合ったレーザーを使い分けられなかったりすることもあるので注意が必要です!

経験が多く、腕に自信のある医師はHPに症例数を乗せているケースが多いので、判断材料の目安にしてみましょう。

またHPの症例を鵜呑みにするだけでなく、実際に治療を受けた方の口コミも併せて参考にすることをおすすめします。

医師の経歴が明らかにされている

美容外科や美容皮膚科の医師には、当然のことながら、経験の浅い方もいれば「エキスパート」と呼ばれるほど腕の良い方もいます。
これを見極める方法の1つが、HPに記載されている医師の経歴。

複数のクリニックでシミのことをしっかり勉強してきた先生や、実際の手術でそれなりの実績を上げてきた先生、経験が長くてあらゆる症例を経験してきた先生なら安心です。

さらに言うなら、シミ取りレーザーを「得意分野」「専門分野」として紹介している先生なら、それだけ自分の腕に自信がある証拠なので頼りがいがあります。

カウンセリングが丁寧である

シミ取りレーザーは正しく行えば比較的失敗の少ない治療法ですが、どんなに腕の良い医師でも絶対ではないし、患者さん側の体調などが治療結果に影響することもあるので、治療は慎重に進めていく必要があります。

そのために役立つのが、事前のカウンセリング。

シミの種類とこれに合った治療法、痛みの感じ方や対処法、持病の有無、体質、体調、予算、その他に何か不安に感じていることがあれば細かく相談し、双方が納得した上で決定していくことが大切です。

疑問を抱えたままでは安心して治療を受けられないし、万が一トラブルが起きた場合の対応にも期待できないので、カウンセリングの時点で「いい加減だな」と感じたクリニックはやめておきましょう。

スポンサーリンク


アフターフォローが充実している

シミ取りレーザーは治療をして終わりではなく、その後の経過もしっかり見ていくことが重要です。

ダウンタイムについては事前に説明を受けますが、予想以上に症状が強ければなんらかの対処をしなくてはなりません。

また、思うような効果が得られなかった場合の治療内容の変更、治療後の正しいお手入れの仕方などについても相談に乗ってもらう必要があるので、アフターフォローがしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。

▼アフターフォローがしっかりしていると判断するポイント

・治療後の経過観察を丁寧に行っている

・自宅でのケアの仕方を分かりやすく説明してくれる。そのために必要な道具や薬も持たせてくれる

・電話やメールでいつでも相談ができる。スタッフで対応できない内容の時は、治療を担当した医師がきちんと応えてくれる

・良い治療結果が得られなかった時は、予算も考慮しながら最適と思われる対処法を考えてくれる

・複数の施設があるクリニックでは、転勤などで引っ越した際も別の施設で引き続き治療を受けることができる

料金が適正価格である

腕に自信のないクリニックは、お客さんを呼び込むため料金を相場より安く設定したり、「気に入らなければ全額返金」を謳っていたりします。

しかし、きちんと治療をするためにはある程度のコストがかかるのは当然ですし、十分なサポートをするためにはスタッフの数も必要です。

それなのに相場より安く治療できるというのは、どこかで無理に予算を削っているか、機械が古いなどの理由があるはず!

中には本当に良心的な値段のクリニックもありますが、あまり安すぎる場合は一応疑ってかかったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク


シミ取りレーザー治療後のケア、ダウンタイム

ダウンタイム

シミ取りレーザーを受けると、「ダウンタイム」と呼ばれる期間が発生します。

これは治療後に肌の状態が正常に戻り、普通に日常生活を送れるようになるまでの期間で、シミ取りレーザーでは治療後に主に次のような症状が現れることが多いです。

<かさぶた>
治療から1~3日後、レーザーを照射した部分にかさぶたができますが、これはかなり目立ちます。

口の周りならマスクで隠すこともできますが、鼻から上の部分だったり暑い季節だったりするとそれも難しいので、ダウンタイムも考慮して治療の計画を立てるようにしましょう。

また、皮膚トラブルを避けるため、かさぶたは無理に剥がさず、自然に取れるのを待つようにしてください。

保護テープを出された場合は、外部刺激を避け、少しでも早く治すため、指示通りに正しく使うようにしましょう。

<赤み>
レーザー照射直後は熱によって少し赤みが出ますし、かさぶたが剥がれた跡も炎症で肌が赤みを帯びる場合があります。

赤みは1~3ヶ月ぐらいで自然に引いてきますが、長い場合だと半年ぐらい残ることも。

引っかいたりこすったりすると余計に消えにくくなるので、あまり触らないようにそっとしておきましょう。

<色素沈着>
レーザーを照射した部分には炎症が起きているため、ダウンタイム中に強い刺激を与えると色素沈着を起こす場合があります。
洗顔やメイクの際には強くこすらないよう気を付け、必要以上に触らないようにしましょう。

もし、対応を誤って強い刺激を与えた場合、「炎症性色素沈着」と呼ばれる濃いシミができることもあるので注意してください。

<痛み>
レーザー照射後は、皮膚が軽くやけどをしたような状態。そのため、しばらくはピリピリとした痛みを感じることがあります。

しかし、これは数時間で消失しますのであまり心配しすぎることはありません。

クリニックでは保湿と痛み止めを兼ねたクリームや軟膏が処方されることも多いので、忘れずしっかり塗っておきましょう。

治療後のケア方法

ここからは、レーザー治療後の正しいケア方法についてご説明します。

<化粧>
できれば避けたほうが良いですが、レーザー治療後にかさぶたや赤みができていても、化粧をすることは可能です。

ただし、肌は治療前より刺激に弱くなっていますので、できるだけ保護テープを貼った上からの化粧がおすすめです。

使うファンデーションも、クレンジングが必要なものより、石鹸で簡単に落とせるタイプを選ぶようにしましょう。

化粧を落とした後は、乾燥しないようしっかり保湿をしてくださいね。

<お風呂>
お風呂は普通に入ってかまいませんが、入浴中も保護テープは剥がさないようにしましょう。

だいたい一週間ぐらいは貼ったままにしてくださいと言われることが多いので、クリニックの指示に従ってください。

体にシミ取りレーザーを当てた場合に気を付けたいのが、いつもの調子でゴシゴシ洗ってしまうことです。

ダウンタイムが終わるまでは、ボディタオルやスポンジを使わず、手のひらで優しく洗うのがおすすめです。

タオルで水気を拭き取る際も、こすらず上からそっと押さえるようにしましょう。

スポンサーリンク


シミ取りレーザー 失敗のリスク

どんな治療法にも失敗のリスクはありますが、シミ取りレーザーも決して例外ではありません。

シミ取りレーザーで起こり得るリスクについて解説しますので、参考にしてみてください。

治療を受けてもシミが消えない

レーザーは黒いものに反応するようにできているので、ぼやんとした薄いシミには効果が薄い場合があります。

また、表皮のメラニンはかさぶたと一緒に取り除かれますが、真皮内にできたメラニンは破壊後もしばらく体内に残り続けるので、完全に見えなくなるまで半年以上かかることも珍しくありません。

同じ種類のシミでもメラニンが存在する場所によって治癒までの期間が異なるので、医師とよく相談しながら経過を見ていきましょう。

紫外線の多い季節に治療を受ける

レーザー照射後の肌はいつもより紫外線の影響を受けやすくなるので、UV対策は万全にする必要があります。

しかし、5~8月は紫外線量が多く、日焼け止めを頑張って塗っても防ぎきれない可能性大。

その結果、かえってシミが濃くなってしまう……なんてこともあるので、シミ取りレーザーは紫外線量が比較的少ない冬場に受けたほうが無難です。

やけど

皮膚にレーザーを照射すると軽いやけど状態になるので、しばらくは炎症やヒリヒリとする痛みが出やすくなります。

数日でかさぶたになり、徐々に治っていくのであまり心配はいりませんが、かさぶたを無理にはがすとこれが刺激となり、色素沈着しやすくなるので気を付けてください。

うっかりかさぶたを剥がしてしまった時は、放置せず、早目にクリニックを受診して傷を保護してもらいましょう。

新たにシミが出てくる

レーザー治療で破壊できるのはメラニン色素だけであり、メラニンを作り出す元となるメラノサイトには影響を与えません。

そのため、せっかくメラニンをやっつけても、レーザー治療を受けた際の刺激でまたメラニンが作られてしまうことがあり、これが新たなシミとなって出てくるのです。

しかし、これはレーザー治療において当然予想される範囲のリスクであり、紫外線や摩擦などの外的ダメージに気を配れば、半年ぐらいで自然に消えていきます。

ターンオーバーを促すため、保湿もしっかりしておきましょう。

皮膚のバリア機能が低下する

レーザーによってダメージを受けた肌は、一時的にバリア機能が低下して刺激に弱くなっています。

そのため、保湿ケアを怠ると乾燥や肌荒れが起きやすくなるし、UVケアが不十分なまま紫外線を浴びると、その影響をダイレクトに受けることに。

レーザー治療後はいつも以上に気を付けてケアするようにしましょう。

まとめ

シミ取りレーザーは、経験の豊富な医師の元で正しく受ければ、比較的成功率の高い治療法です。

1回あたりの治療費は少し高額ですが、シミやそばかすが目立たなくなるのであれば、決して惜しくない出費ですよね。

口コミなどをよく調べて評判の良いクリニックを選び、注意事項もしっかり守って透明感のある素肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です