美容・健康

シミ消したい、シミを薄くする方法は?医薬品、食品、美容液によるスキンケア


Contents

消したいシミ、薄くする方法は?医薬品、食品、美容液によるスキンケアそれぞれ

日焼けや年齢を重ねると、当たり前のようにシミが出現します。

顔にできた茶色や黒色の斑点を「シミ」と呼んでいますが、「シミ」は医学的な言葉ではありません。例えば、老人性色素斑や雀卵斑などのように、シミにはそれぞれ、名前が付いており細かく分けると6種類くらいになります。

シミ対策にはそれぞれのシミの内容、対処法を知ると共に、シミに有効な食品を摂取して体の中から働きかけることも必要です。

ここではシミに効果のある食品と摂取の仕方、さらには、シミに効く医薬品や美白美容液によるスキンケア方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.できてしまったシミは薄くできる?まずは、シミの性質を見極めよう

シミは40代以降にあらわれるのが一般的です。シミの原因のほとんどは紫外線ですが、紫外線を浴びたからといって、すぐにシミとなって肌にあらわれるわけではありません。10代、20代、30代と長期にわたって浴びてきた紫外線が徐々に蓄積されて、40代以降にシミとなって出現するのです。

・老人性色素斑

シミといわれるものの中で、一番多いのが老人性色素斑です。老人性色素斑は、加齢とともにあらわれてくるシミで、長年にわたって浴びた紫外線の影響を強く受けています。

頬骨の高い位置にできることが多く、はじめは1センチほどの薄い茶色をしていますが、時間とともに色が濃くなり、はっきりとしてくることもあります。

・脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

老人性色素斑がイボのように盛り上がったもので、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、年寄りイボとも言われ、顔だけでなく全身どこにでも発症し、加齢とともに数が増える傾向があります。老化現象の一つですが若い人にもできます。

最初は平らですが徐々にイボのように盛り上がり、無色のものから濃い茶色、もしくは黒色をしていて、表面に凹凸があります。

脂漏性角化症は良性ですので取り除く必要はありませんが、注意したいのは、脂漏性角化症と思っていたら、皮膚がんのこともあるということです。気になる時には、病院で検査をする方が良いでしょう。

・炎症性色素沈着(炎症後色素沈着)

ニキビ跡や傷、虫刺され跡が残って、茶色くなったものを炎症性色素沈着または、炎症後色素沈着といいます。すなわち肌に起きた炎症が鎮まったシミで紫外線を原因としたシミではありませんので、肌が露出していなくても発症します。

なお炎症性色素沈着は、ニキビができやすい顎やこめかみに残ることが多いです。

また、ムダ毛を毛抜きで抜いていると、毛穴周辺が黒くなることがあります。そうした毛穴の黒ずみも、炎症性色素沈着の一種です。

・雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的には「そばかす」といわれるシミです。幼児期から思春期に頻繁にできるシミで、目の下、鼻周辺にできることが多いです。

雀卵斑(じゃくらんはん)の名は、見た目が雀の卵の模様に似ていることから付けられました。肌の色が薄い西洋人によく見られるシミですが、日本人でもできます。

雀卵斑ができる肌質には、遺伝的要素が関係しているともいわれています。

・肝斑(かんぱん)

肝斑は女性特有のシミで、頬骨のあたりに左右対称にできます。なかには、額や鼻の下にできる人もいます。

薄い茶色か灰色をしていて、形はもやもやした三角形のような形をしています。その形が肝臓に似ていることから、肝斑と呼ばれるようになりました。

女性ホルモンのバランスが崩れることが原因で、妊娠中やピルを服用した際、更年期などにあらわれます。

・花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

肩や背中にできる花弁状色素斑と呼ばれるシミがあります。よく見ると花びらのような形をしていて、急な日焼けの後にできやすいシミです。

日光に当たった後、すぐに肌が赤くなってしま方は、紫外線による影響を受けやすい肌タイプです。花弁状色素斑にもなりやすいので、レジャーの時は特に紫外線対策を万全にしておきましょう。

スポンサーリンク


2.それぞれにあったケア方法をしよう!シミを薄くするスキンケアの方法

同じシミに見えてもその性質は様々で、シミを薄くするためには、それぞれのシミにあった適切な処置を選択することが重要です。

・老人性色素斑なら、はやめに美白化粧品を使用する

老人性色素斑は、メラミン色素が過剰になっている状態なので、美白化粧品を使用してメラミン色素の発生を抑制しましょう。

なお、初期の頃の老人性色素斑なら美白化粧品も有効ですが、色が濃くなってしまった老人性色素斑を美白化粧品で無くすことはできません。完全に消したいならレーザー治療がおすすめです。

また、ビタミンC誘導体配合の化粧品は、シミを無くすというより予防の働きをするものです。よって、老人性色素斑は、ビタミンC誘導体配合の化粧品で予防しつつ、できてしまったものに関しては早いうちから美白化粧品で対応していきましょう。

・脂漏性角化症なら、凍結療法や手術。化粧品や薬はダメ

脂漏性角化症は老人性色素斑が進行したシミともいわれており、美白化粧品や飲み薬、塗り薬で無くすことは不可能です。脂漏性角化症の治療には、液体窒素(凍結療法)や炭酸ガスレーザー、手術があります。

・炎症性色素沈着なら、ピーリング+美白化粧品で対処しよう

炎症性色素沈着に即効性があるといわれているのは、ピーリングです。

ピーリングは、できてしまったメラミン色素を洗顔によって排出させる美容方法です。

顔全体を軽く濡らした後、泡立てたピーリング用石鹸の泡でやさしくこすります。通常、メラミン色素はターンオーバーによって自然と排出されていきますが、ピーリングをすることでより効率的にメラミン色素を剥がすことができます。

また、メラニン色素の生成を抑えるためには、美白化粧品が有効です。美白化粧品はシミ予防の効果もあるので、シミめがけて部分的に塗るのではなく、顔全体に塗り広げてください。

ピーリングで古い角質を捨て去った肌には、美白化粧品も浸透しやすいため、ピーリングと美白化粧品の相乗効果が期待できます。

・雀卵斑には、レーザー治療。でも紫外線対策がかかせない

雀卵斑(そばかす)は、シミの中でも遺伝的要素の強いものなので、美白化粧品やピーリング等で対処するのは難しいでしょう。そばかすを取りたい場合は、レーザー治療が有効です。

そばかすの正体も、他のシミと同じようにメラミン色素の蓄積が関係しています。遺伝的にそばかすができやすい肌質の人は、日頃から紫外線対策を入念にしておく必要があります。

・肝斑は、内服薬とピーリングや美白化粧品等の合わせ技が有効

肝斑の治療には、トラネキサム酸の内服薬を服用することが多いです。トラネキサム酸は止血剤、炎症剤として使用されるものですが、美容皮膚科では肝斑の治療に利用されています。

内服薬の場合、血液によって有効成分のトラネキサム酸がシミの元にまで届くため外用薬に比べ効果が期待できます。
さらに内服薬と一緒にピーリングや美白化粧品を併用すると、より早く効果を得ることができます。

とはいえ、トラネキサム酸が効かない肝斑もあり、またトラネキサム酸は血栓症のリスクのある人には使うことはできません。ピーリングや美白化粧品は各々の判断ですぐにでも実行できますが、内服薬の場合は専門医の意見を参考にしながらはじめる必要があります。

・レジャーには必ず日焼け止めで予防したい!花弁状色素斑

花弁状色素斑は、日光による日焼けが大きく影響するシミですので、まずは、紫外線に当たらないようにすることが大事です。レジャーの際には、必ず日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止めの選び方について日本皮膚科学会は、日常使いにはSPF5、PA+のものを、レジャーの際はSPF20、PA++程度の日焼け止めをすすめています。

花弁状色素斑予防のために、日焼けをした後は、なるべく早いうちにビタミンC 誘導体配合の化粧品を塗って肌へのダメージを最小限に抑えましょう。

スポンサーリンク


3.シミに効く医薬品(第三類医薬品)は、何がある?

シミに効くといわれる成分は、いくつかあります。例えばビタミンC誘導体は、ビタミンC を肌に吸収されやすい形にかえたもので、厚生労働省がその効果を認めています。

ビタミンC が美白に有効なのは、メラニンの元となるチロシンが酸化するのを防いでくれるからです。つまり、ビタミンCの働きによりチロシンが酸化しなければ、メラミン色素の発生を防ぐことができるということです。

また、小麦胚芽やニンニク、ブロッコリーに含まれる成分、L-システインもメラミンの発生を抑制する働きを持っています。L-システインは、飲酒前に摂取することで胃癌のリスクを減らせる可能性があるともいわれており、最近注目を集めている成分の一つです。
(東北大学大学院医学系研究科研究論文より)

・チョコラBB ルーセントC

ビタミンCとL-システイン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEをバランスよく配合した医薬品です。L-システインは基準値の最高である240mgを含み、その他、ビタミンB2、B6によりターンオーバーを正常な状態に戻します。さらに、血行を促進するビタミンEの働きで、古くなった角質を排出するのを助けます。

・ネオビタホワイトプラス

メラニンの抑制とターンオーバーの促進を目的とした医薬品が、ネオビタホワイトプラスです。ネオビタホワイトプラスは、ビタミン剤の開発に強い皇漢堂製薬の商品であるところに信頼が置けます。L-システインは最高値の240mgをクリアし、ビタミンCは600mgを配合しています。高品質を求める方におすすめの医薬品です。

・ハイチオールCプルミエール

L-システインとビタミンC、パントテン酸カルシウムの3つがバランスよく配合された医薬品として、人気があります。L-システインは、医薬品の上限240mgを実現し、ビタミンCは300mg、パントテン酸カルシウムは24mgを配合しています。L-システインを多く含むハイチオールC プレミエールは、シミ・そばかす対策はもちろん、体の代謝を良くする効果から疲れやだるさにも効くと評判です。

・キミエホワイトプラス

メラニン色素の発生を抑えて、できてしまったメラニン色素を排出、最後には新しい肌の生まれ変わりまでをカバーしてくれる医薬品です。L-システインとアスコルビン酸が、メラニン色素の抑制から排出までを助ける成分。新しい肌を作る作業は、パントテン酸カルシウムが担います。パントテン酸カルシウムは、たんぱく質や糖質を分解して、肌の新陳代謝を助ける働きをします。つまり、パントテン酸カルシウムには、肌のターンオーバーを促進する効果があるということです。

・ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKBは、ビタミンCとL-システインの含有量が、しみ・そばかす対策医薬品の中でトップクラスという特徴があります。L-システインは、厚生労働省が定めている含有量の最高値240mgを含み、ビタミンCに関しても1000mgという高い数値を実現しています。皮膚のターンオーバーを促進してくれるビタミンB2やビタミンB6も含まれており、L-システインと一緒に摂取することで更なるシミ予防につながることが期待できます。

〇知っておこう!「医薬品(第三類医薬品)」、「医薬部外品」、「化粧品」3つの違い

医薬品、医薬部外品、化粧品を肌への有効成分が多く含まれる順に並べると「医薬品」→「医薬部外品」→「化粧品」の順になります。

「医薬品」は、有効成分が多く含まれているので高い効果が期待できます。「医薬部外品」は、有効成分が一定量含まれていることを厚生労働省が認可したものです。「化粧品」は、有効成分の配合は保証されていません。

なお、一般用医薬品は「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」に分けられます。第一類医薬品は、使用実績が少ないものや、副作用や飲み合わせ等で注意が必要なもので、薬剤師の説明を受けてからでないと購入できません。第二類医薬品も、第一類医薬品のように副作用などに気を付けるべき薬です。第二類医薬品は、薬剤師もしくは登録販売者が常駐している店であれば販売が可能であり購入者への服薬指導の義務は求められていません。第三類医薬品は、薬剤師の説明なしに購入できる薬で、副作用があったとしても日常生活に支障をきたさないレベルのものでビタミン剤や整腸剤がこれにあたります。

スポンサーリンク


4.シミ対策におすすめの食品

シミ対策は、化粧品や医薬品の力を借りても良いですが、食品に含まれる成分に注目して体の中からシミを綺麗にすることも考えましょう。

例えば、野菜類に多く含まれるβ‐カロテンは、体内でビタミンAに変換される栄養素です。ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を保ち、皮膚の老化の原因ともなる活性酸素を抑制する働きもします。

食品から摂取する栄養成分なら、副作用の心配がないため、安心です。

・トマト

トマトに含まれるリコピンという成分が、シミに有効です。強い抗酸化作用を持つリコピンは、活性酸素と紫外線が結びついてシミやしわになるのを防いでくれます。その威力は、β-カロテンの2倍以上、ビタミンE の100倍以上にもなるといいます。

1日の目安は、生食なら2~3個、ミニトマトなら10個ほど。生で食べるのは難しいという人には、200gのジュース缶1本や400gの水煮缶半分などで摂取することをおすすめします。

・ブロッコリー

ブロッコリーは、β‐カロテンや鉄、カルシウム、ビタミンC、ビタミンEなど、様々な美肌栄養素を含んでいます。特に、ビタミンCの含有量が多いことで知られています。

レモンの約2倍ものビタミンCを含むブロッコリーは、70g摂取すれば1日に必要なビタミンC量に達することができます。ビタミンCは熱に弱い性質を持っていますので、 加熱時間をなるべく短く調理するようにしましょう。

・にんじん

にんじんは、β‐カロテンが豊富な野菜です。β‐カロテンによる抗酸化作用を持つにんじんは、紫外線によって発生した活性酸素を抑制して、シミやしわを防ぎます。

1日10gのβ‐カロテンを摂取することで美肌効果が期待できるといわれていますが、これはにんじん110gに相当します。

・ハトムギ

イボ取り効果のある食品として、古くから知られているハトムギですが、最近では金沢大学の研究で美白効果があることも証明されました。
金沢大学

そのためハトムギを含む化粧品もよく見かけるようになりました。

ハトムギの実を脱穀して皮を取り除いたものを、ヨクイニンといいます。ヨクイニンは、8つのビタミンB群にあたる、ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、パテトン酸、B12 、葉酸、ビオチンを含んでいます。

ハトムギは、美肌をかなえる8つの成分(ビタミンB群)を一度に効率よく摂取することのできる貴重な食品ですので、1日で30g程度のハトムギから煎じたハトムギ茶を飲むようにしましょう。

スポンサーリンク


5.シミ対策には美白美容液

シミ対策をするなら美白化粧品は欠かせないものです。とはいえ、美白とうたったものは化粧水からクリーム、パック、美容液、ファンデーションまでたくさんの種類があります。

美白成分は、美容液やクリームに多く含まれていることが常です。美白パックも有効成分が含まれているものも多いですが、1週間に1~2回しか使用できないのなら、毎日使えるクリームや美容液の方を選びましょう。

なお、L-システインやプラセンタエキス、ビタミンC誘導体などの美白成分は、シミの原因となるメラニンが肌の奥底で作られるのを防ぐ働きをするものですが、これらの美白成分を含んだ化粧品を一度塗っただけで、シミを消すことは不可能です。美白成分は、シミを消す働きよりも予防する働きの方を強く持っているためです。

よって美白成分を含む化粧品を使用するなら、長く使い続けられるものを選ぶようにしましょう。

美白成分を含むパックも人気ですが、継続使用には経済的な美容液やクリームをおすすめします。特に美容液には、化粧水や乳液よりも有効成分が多く含まれている傾向にあります。

化粧水や乳液、クリームはそれぞれ、肌の水分を補給し、油分で肌にふたをすることで水分の蒸発を防ぐ、いわばスキンケアの基本アイテムです。対する美容液は、美白やアンチエイジングを目的として作られた、プラスアルファのアイテムといえます。美容液には、保湿成分や美白成分が凝縮されています。高い浸透率を持つ美容液なら、美白成分を効率よく肌に届けることができます。

40代以降に見られるシミには、20代、30代予防が大事。できてしまったシミには早めの対処がものを言います。美白美容液を使用するのに、早すぎることも遅すぎることもないと思います。美白成分を豊富に含む美容液を使って、効率的にシミ対策をしていきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です