結婚・婚活

未婚男性が結婚前に知っておくべき恋愛結婚のメリット、デメリット!失敗、後悔しないためにするべきことは?


未婚男性が失敗、後悔しないため結婚前に知っておくべき恋愛結婚のメリット、デメリット!

近年は晩婚化が進み30代になってもなかなか結婚しない人が多いです。離婚、家庭内別居などが多い今、結婚に慎重になってしまうのも仕方ないのかもしれません。

今回は、結婚を考えている恋人がいる男性が結婚前に知っておいた方がいい恋愛結婚のメリットやデメリット、結婚前に確認すべきことなどをご紹介します。

あなたの恋愛は結婚につながるでしょうか?

ぜひ参考にして幸せな結婚をしていただけたらと思います。

スポンサーリンク


恋愛結婚のメリットとは?

(1)好きになった人と結婚できる

恋愛結婚のメリットは、なんといっても自分が 本能で「好きだ」と思った人と結婚できることです。

お見合い、マッチングサイト、婚活パーティーでの出会いが珍しくない現在では、シンプルに恋に落ちた相手というのは貴重。

直感で「この人だ!」と思ったら、それこそ運命を感じるでしょう。結婚生活の中でも、好きになった人だから許せるというポイントが何度も訪れるはずです。

(2)お互いの性格をよく知ることができる

恋愛結婚の場合、出会って付き合い、いろいろな危機を乗り越えて今に至る、という二人の「歴史」があります。

今までの出来事や付き合いの中から、お互いがどんな性格かということを理解でき、結婚前に深いところまで知ることができるでしょう。そのため、「こんなことしたら相手はどう思うだろう?」といった不安を感じにくく、結婚生活もリラックスして送ることができます。

(3)ケンカしても愛情で乗り越えられる

お互いが好きになって結婚する恋愛結婚では、ケンカになっても「好き」という愛情で乗り越えることができることが多くあります。

たとえ「大嫌い!」と思うケンカがあっても、自分が心から好きになった人を、簡単に手放そうとは思わないでしょう。ケンカのたびに相手が嫌がることを発見し、関係を良くしていくことができればベストです。

夫婦によっては、ちょっとしたケンカは仲良くなるために必要です。

(4)恋愛で一番よかった時期を思い出せる

結婚に至るより前、出会ったばかりの頃や恋愛が一番盛り上がっていた頃のことは、結婚してからもずっと良い思い出になります。

結婚生活で相手に対して冷めるようなことがあっても、出会った頃のときめきや切なさを思い出すことができる、というのは結婚生活を続けて行く上でとても大切なことです。

結婚生活が長くなれば、相手にときめく、ドキドキするというのはなかなか難しくなるでしょう。けれど二人にとってステキな思い出があれば、記念日などが訪れるたびに、そのことを思い出して相手にドキドキを感じることができます。

付き合い始めやプロポーズなど、二人のステキな思い出は、結婚して何があっても失われることはないのです。

スポンサーリンク


恋愛結婚のデメリットとは?

(1)理想の条件ではない

恋に落ちるとき、理想の条件を頭の中で考えて相手を選ぶ人はほとんどいないと思います。理想のタイプではないのに、気がついたら好きになってた!という人も多いのではないでしょうか。

そのため「結婚するならこんな人がいい」という条件に合わないタイプと結婚することになる場合もあります。極端なことを言えば、家事が全くできないバツイチの年上女性を好きになった、相手の家庭がものすごく悪かった、実は風俗で働いている女性だったなど、結婚するにはちょっと考えてしまうような肩書きの女性と恋愛関係になり、結婚して良いものかと考えることもあります。

自分の両親に反対される、自分が結婚してから苦労することが目に見えている相手でも、「惚れたからしょうがない」と受け入れるしかないこともあります。恋愛結婚の場合、結婚相手が理想の条件とかけ離れていても、苦労すると分かっていても、好きになったら振り切って結婚してしまうこともあるのです。

(2)結婚するまでに時間がかかる

恋愛から結婚を考えるタイミングというのは、本当に人それぞれです。

あまり結婚に興味のない女性と恋愛が始まった場合、すぐに結婚とは進みません。相手の気持ちと自分の状況を考慮しながら、結婚する時期を考えるので、結婚するタイミングが合わず交際期間だけが長くなることもあります。

どちらかというと女性が早く結婚したいのに比べて、男性の決心がなかなかつかない、ということが多いと思います。もちろん逆の場合もあるでしょう。

好き同士であっても、結婚したいタイミングはそれぞれで、緊張して結婚の話が持ち出せず、気が付いた時には交際期間だけが長くなり、結婚適齢期をとっくに逃していたということも多々あります。

注意しましょう。

(3)冷静な判断ができない

恋をしている時は、誰もが冷静な判断を失うものです。恋をしていると人は、熱が出ているときと同じようにボーッとしてしまうことも多いですよね。

できちゃった結婚などが典型で、思っていたプランとは全く違う展開になってしまうのが恋愛です。人生のパートナーを決めるという大事な決断であっても、恋の熱に浮かされて、冷静な判断ができないこともよくあることです。

(4)結婚してからのギャップがある

恋愛で盛り上がっているときは完璧に見えた相手が、結婚してから豹変したように感じるのも恋愛結婚に多いパターンです。

結婚する前は健気で尽くしてくれていた彼女が、結婚を機に冷たく、自分の行動を制限しているように感じるかもしれません。

例えばお見合い結婚の場合には、「結婚してもこれは譲れない」というような話を、冷静に、交際前にできることもありますが、恋愛結婚の場合、結婚して欲しいがために自分の生活スタイルを曲げることもよくあります。

結局結婚生活の中でそれがストレスとなって疲れてしまう、ということもあるでしょう。

スポンサーリンク


後悔しないために結婚前やるべきこと、確認すべきこととは?

(1)家事ができるかどうか

結婚する以上、女性がきちんと家を守ってくれるか、基本的な家事ができるかということは重要なポイントです。

全く家事ができない、部屋を散らかし放題でも平気、といった要素が見られるなら注意が必要です。

結婚して、仕事から疲れて帰ってきた時、部屋が散らかり放題、嫁が食事も作ってくれないないというのでは、ストレスがたまることは目に見えています。

(2)自分の家族とうまくやっていけるタイプか

自分が好きになった相手だからといって、自分の家族が彼女を気に入るかどうかは分かりません。

もし自分の母親が嫁を気に入らなかった場合、結婚してから苦労するのは間に挟まれる自分です。自分の家族のことを考えたとき、結婚相手は問題なく仲良くやれそうか、というのは重要なポイントです。

(3)浮気ぐせ、浪費ぐせがないか

離婚してしまうカップルの多くが、パートナーの浮気、不倫が理由で別れています。特に女性側の浮気、不倫の場合、男性がどうしても許せないということが多いのです。

過去に浮気したことがある女性がみんなそうだとは言いませんが、人間はそう簡単に変われるものではありません。浮気ぐせのある女性とは結婚を考え直した方が良いでしょう。

また、浪費ぐせも深刻な問題です。自分が稼いできたお金を大事に使わずに無駄遣い、ギャンブルに使う、高級ブランドを買いあさるなど、家計のことを全く考えない女性だと、生活も苦しくなり、必ず気持ちが冷めていきます。

(4)子育てに関する考え方はどうか

結婚したら子供を持ちたい、というのは一般的な意見だと思います。けれどごくたまに子供はいらないと考える人もいます。また、かなり偏った子供の育て方を夢見ている人もいます。

子供は夫婦で一丸となって育てていかなければなかなかうまくいきません。子育て、子供を持つことについての考え方はどうか、結婚する前に確認しておくべきでしょう。

(5)経済的な不安がないか

自分の生活で精一杯の給料で、さらに無職の女性を妻にする、というのは少し無謀な考えです。

経済的な負担は結婚生活の中で深刻な問題です。相手の女性が働いていない、働いたことがない、これからも働けないと言った事情があるなら、本当に結婚してやっていけるか、もう一度考えてみる必要があります。

もちろん、経済的不安があっても夫婦で力を合わせて頑張れば、生活していくことは十分可能です。今働いていなくても、いざ何かあったら働けるか、そんな心構えのある強い女性か、見極めることが大事なのです。

スポンサーリンク


(6)相手の家族に心配な点がないか

結婚相手の家族の中に、おかしな人、心配な人がいないかということも重要です。

将来介護が必要、金銭的援助を求められる、家族の関係が悪くケンカが絶えない、やたら口を出してくるなど、結婚生活に悪い影響をおよぼしそうな人がいるのは心配です。

もちろん好きなら振り切って結婚すれば良いのですが、家族との縁はなかなか切れないものです。自分が最終的に折れる、罪悪感を感じるようなシチュエーションばかりの生活になると、幸せな結婚生活は難しくなります。

(7)お互いの将来設計は一致しているか

将来的に実家の近くに家を建てたい、老後は東南アジアに住みたい、貧乏でもいいから子供がたくさん欲しいなど、人生の将来設計について話し合うことはとても大切です。

結婚しようとしている二人の将来設計が大きくズレていると、結婚生活を続けていくのは最終的に難しくなります。

(8)真面目な話し合いができる相手か

恋愛中から同棲して共同生活を送っているカップルも多いと思いますが、やはり結婚生活は別物です。

相手のことだけでなく相手の家族のことも考えなければならず、家計のこと、子供のことなど重要なことを二人で決めていかなければなりません。ふざけあって笑いあうこともあれば、真面目な話し合いもできる女性でなければ、長い人生、苦労をともにしていくことはできません。

感情を抑えた知的な話、真面目な話し合いができる女性か知っておくことは、とても大切です。

(9)ありのままの自分でいられるか

恋愛と違って、結婚は毎日の生活です。無理をせず、自分らしくありのままでいられる関係であることはとても大切です。

自分も相手も飾らずに、気楽に一緒にいることができるからこそ、「生活」として長く続けることができるのです。恋愛の段階でどこか無理しているところがあり、息苦しく感じる関係なら、結婚してもうまくいかない可能性があります。

(10)力関係が対等であるか

結婚してうまくいかないパターンとして、どちらかの力が強すぎてもう一方が言いなりになっている場合があります。

そんな関係であれば、はっきり言って相性が悪いのです。

男性でも女性でも、相手を自分の思い通り動かそうというのは無理な話です。

それぞれの考え方や育ってきた環境があり、時には意見が食い違って当たり前。その時にお互いを尊重し、妥協して着地点を見つけることができなければ、ささいなことで常に不満が出てきます。

相手を尊敬する気持ちがなければ、結婚生活を長く続けていくことはできません。

結婚は人生で一番のギャンブル!しっかり見極めを

近年は婚活パーティーやお見合いサイトでの出会いで結婚するカップルも増えてきています。その人たちの中には「本当は恋愛結婚したかったけれど、相手が見つからなかったから」という思いを持っている人も多くいるでしょう。けれど実際、恋愛の楽しい時期、舞い上がっている時期に永遠の愛を決める恋愛結婚の場合、後々「こんなはずじゃなかった」という不満が出てくることも多いです。恋愛結婚したカップルがお見合い結婚に比べて離婚率が高いのも、そうしたところに理由があるのかもしれません。

恋愛関係のうちは、どうしてもいやだと思ったら別れることができますが、結婚となると相手の他に相手の家族、子供のこと、社会的メンツなど、「いやだから」と言って簡単に別れることはできなくなります。結婚前に「この人となら絶対に大丈夫」という自信があっても、人は時として変わることもあります。

ですから結婚は「絶対大丈夫」の無い人生最大のギャンブルです。事前にしっかり相手を見極めることが必要です。

相手はあなたにとって本当に必要な相手か、この先何があっても絶対好きでいられる自信があるか。それが恋愛結婚で失敗、後悔しないために見極めるべき一番大切なことでしょう。

ペアーズ(Pairs) 婚活サイト・マッチングアプリで婚活

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です