結婚・婚活

女性が感動する成功するプロポーズ。失敗しないタイミング、場所、言葉など


女性が感動すし成功するプロポーズ方法。失敗しないタイミング、場所、言葉などなど

プロポーズは一生に一度の大イベントです。結婚したいと思う女性ができたら、どんな風にプロポーズしようか、と誰でも悩みますよね。

一生の思い出に残るプロポーズは、絶対に特別なものにしたい、間違っても失敗だけはしたくない!と思う人も多いでしょう。

筆者は女性で結婚していますが、結婚生活のリアルを知っている筆者にとって、結婚してからの毎日というのは、必ずしも幸せなことばかりではありません。けれど、ケンカした時や夫を嫌いになりそうになった時、ロマンチックだったプロポーズの瞬間や言葉を思い出すことで気持ちをどうにかおさめることができます。

「あんなに素敵なプロポーズをしてくれた彼」というのは、女性にとって一生特別な存在です。その時の瞬間、そのトキメキを思い出すだけで、結婚生活の困難を乗り越えることができるのです。

今回は女性が感動するプロポーズ、心に残るプロポーズ、女性がやめて欲しいプロポーズ、失敗しないプロポーズの場所、シチュエーション、言葉、セリフなど、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク


プロポーズのタイミングはいつが良いか

プロポーズのタイミングはいつが良いか、悩む人も多いと思います。

付き合ってそろそろ3年経つから、などという期間の問題ではなく、最高のタイミングを見極めることはとても重要です。

恋愛関係においてタイミングというのは、最も重要なポイントで、お互いの感情が高まった時にピンポイントでロマンチックなイベントを計画することで、女性はさらにその男性に恋するようになるのです。

筆者の場合、留学先で出会った外国人の夫から、私が帰国する1ヶ月前にプロポーズされました。これから離れ離れになる寂しさや不安もあって、お互いを心から求めている時期でした。

転勤で遠くに引っ越すことになった男性が、それを機会にプロポーズすることもよくありますね。「これから離れ離れになる」という恐怖がスパイスとなり、気持ちが自然に高まっている時期にプロポーズすることで、よりいっそう感動するのです。

また、彼女が傷ついている瞬間、彼女が人生において大切な岐路に立たされている時期など、「ここだ」と思うタイミングでプロポーズするのも効果的です。

もちろん、お互いの気持ちが結婚に向けて高まったタイミングが一番ですが、女性としては「自分のことを考えてくれた」と思えるタイミングでプロポーズしてくれる彼に対して、心から愛情を感じることができ、感動するのです。

プロポーズのきっかけを見逃さない

彼女と初めてキスした時のことを思い出してみてください。お互いの緊張や温もり、愛情や恋心を感じられたのではないでしょうか。プロポーズをする時も同じで、彼女の目線やロマンチックな二人の雰囲気、その場の状況に応じてきっかけをつかみましょう。

もちろん、しっかりと計画したプロポーズ作戦は、女性に対して効果的です。それでも、その時の自然な流れを大切にしなければ、せっかく完璧な計画をしても、最終的に妙な雰囲気になってしまうことがあります。

計画にとらわれて、彼女の表情や気持ちを置き去りにするのはもってのほかです。「今彼女は自分を心から好きと感じてくれている」というその瞬間を見逃さず、その流れを大切にして、プロポーズしましょう。そうすることでさらに成功率を上げ、彼女の感動も大きいものになります。

スポンサーリンク


男性がどれだけ頑張ってくれたか、女性は重視する

プロポーズを考えている男性にとって、指輪はいくらくらい?レストランはどの程度の店?など、気になることはたくさんあるでしょう。

けれど、女性は男性からのプロポーズに、無理や見栄を望んでいるわけではありません。自分が心から愛している、理解している男性が、「自分のためにどれだけ頑張ってくれたか」ということを重視します。

例えば、お笑い芸人を目指していてお金のない彼氏から、高価な指輪をもらいたいとは、彼女も思いません。彼女の好みのささやかな指輪でも、金額がそれほど高くなくても、それが今の彼にとっての精一杯なら、それが一番なのです。

仕事が忙しくて休みがほとんど取れない彼が、無理して自分の誕生日に一日空けてくれるのも嬉しいでしょう。女性にとって感動するのは、男性が何かを我慢してでも、自分に本気であることを伝えようとしてくれた、その事実なのです。

「自分にとって大切な彼女を、どうやって喜ばせようか」そう考えてくれた誠意が伝われば、どんな女性でも感動させることができます。

失敗しないプロポーズの場所、シチュエーション選び

プロポーズをする場所やシチュエーションは、とても大切です。自分でアレンジすることを前提に、ぜひ参考にしてみてください。

1.おしゃれなレストランでサプライズ

どんな女性でも、おしゃれなレストランで美味しい料理を食べるのは大好きです。特に、好きな男性とおしゃれをしてステキな空間にいるのは、まるで夢のような時間です。

おすすめなのは、夜景が綺麗なレストランや、やや薄暗いムードのあるダイニングバーです。少し薄暗い空間の方が気分も高揚し、瞳孔が開いて恋に落ちやすくなると言われています。さらにキャンドルがあれば、よりロマンチックでしょう。

そうした素敵な雰囲気のお店のスタッフは、サプライズにも慣れていることが多いです。スタッフに頼んで、デザートと一緒に指輪を持ってきてもらう、カクテルの中にしのばせてもらうのも良いですね。

2.友人たちに協力してもらうサプライズ

共通の友人が多いカップルなら、友人の協力を得てプロポーズを成功させるのもおすすめです。

友人に頼んで思い出の場所をデコレーションする、照明やBGMを用意する、ドッキリ風にするなど、様々なプランが考えられます。人数が多いほど、できるサプライズの幅も広がりますよね。

プロポーズの瞬間は、みんなの前で膝まずき、観客の前で行いましょう。二人だけよりも一層盛り上がり、みんなから祝福されて彼女も幸せを感じられるでしょう。

スポンサーリンク


3.記念日に二人の思い出の場所で

付き合い始めた記念日、彼女の誕生日など、二人にとって特別な日にプロポーズすることで、さらに特別感が増します。

初めてデートした場所に連れていく、二人にとって思い出に残っている場所があれば、そこを訪れるのも良いですね。場所によっては事前に伝える必要があると思いますが、なるべく行き先を告げずに、内緒で連れていくのがおすすめです。

女性としては「着いてからのお楽しみ」というのはワクワクするもので、そのドキドキ感がさらに気分を盛り上げてくれるのです。「二人の思い出の場所に連れてきてくれた」というだけで、着いた瞬間に女性は感動してしまうかもしれません。

4.美しい夜景スポット、高くて景色の良い場所

車を走らせてドライブしながら、景色の良い山の上、有名な夜景スポットに行くのもおすすめです。

プロポーズをする時は、その時の雰囲気と同じくらい、背景が美しいことも大切です。美しい夜景があなたの背後に広がっていれば、まるで映画のワンシーンのようで、自分がお姫様になったような気分を味わうことができます。

5.旅先やパワースポットで

プロポーズをするためにわざわざ旅行を計画するのも、女性にとっては非常にロマンチックで魅力的です。旅先には、以前から二人で行きたかった場所、行ったことのない場所を選びましょう。

有名なパワースポットを選ぶことで、スピリチュアルなパワーももらえるかもしれません。女性はパワースポットが大好きなので、訪れるだけで喜ばれること間違いなしです。

ただ、あまりに未開拓の大自然の中や、ハードルの高い登山道などはやめておきましょう。あくまで彼女の気持ちを考えて、二人で楽しめる場所を考えてみてください。

スポンサーリンク


やめて欲しいプロポーズ

女性にとって、「こんなプロポーズはやめてほしい」という悪い例もあります。思いついたとしても、次のようなプロポーズは避けた方が良いでしょう。

1.寝起きのプロポーズ

朝起きてすぐというのは、女性にとってはあまり顔を見られたくない状態です。ノーメイク、髪はボサボサ、頭もぼんやりしている状態は、ただでさえ彼氏に見せたくない姿なのです。

もし寝起きでプロポーズされたとしても、「なんで今なの?」と思ってしまい、反応も薄くなってしまう可能性があります。すっぴんの彼女も大好き、とあなたは思うかもしれませんが、やはりきちんとメイクしている時にプロポーズしてあげましょう。

2.酔った勢いでのプロポーズ

ほろ酔いではなく、ベロベロに酔った状態でプロポーズされても、それが冗談なのか本気なのか分からず、彼女を困らせてしまいます。次の日になって「昨日のってプロポーズなの?」と尋ねるのもなんだか虚しいです。

酔った勢いでプロポーズしたくなったとしても、やはりそれは一生に一度の大切なイベント。少し我慢して、きちんと頭が冴えている時にプロポーズしましょう。

3.自宅でのプロポーズ

自宅でリラックスしている時にプロポーズしたい、と思う男性も多いと思います。女性によっては、自宅でのプロポーズでも構わないと思うかもしれません。

けれどたいていの女性にとっては、自宅でプロポーズされると「手抜き感」を感じてしまいます。リラックスした部屋着や、テレビを見ながらの状態では、雰囲気も出ませんよね。

やはりどこかに出かけてプロポーズするのがおすすめです。

スポンサーリンク


失敗しないプロポーズの言葉、セリフ

プロポーズの言葉、セリフは心に響くものが良いですよね。どんな風にプロポーズしようかと考えている人は、ぜひ参考にして見てください。

1.ストレートに「結婚してください」

女性に人気なのは、ストレートに「結婚してください」というセリフです。結婚してほしいという思いが伝わるとともに、男らしさも感じさせます。

「結婚してくれますか?」という疑問系も良いです。女性が満面の笑み、嬉し泣きで「はい」とシンプルに答えられるようなセリフが良いのです。シンプルイズベストの良い例ですね。

2.ロマンチックな言葉とともに「ずっと一緒にいたい」

綺麗な夜景を見ながら、あるいは二人の気持ちがロマンチックになった瞬間にふとつぶやくように「ずっと一緒にいたいな」と言うのもおすすめです。自然に心の声が漏れたような雰囲気に、女性としては心を鷲掴みにされるでしょう。

けれど、その一言ではプロポーズとは取られないので、「おじいちゃんとおばあちゃんになるまで」や、「だから、結婚しよう」など、その後にはっきりとプロポーズとわかる言葉も伝えましょう。

ずっと一緒にいたい、だから結婚したい、というシンプルな気持ちと愛情が伝わり、彼女は必ず感動するでしょう。

3.温かい気持ちになれる「家族になりたい」

結婚するということは、これからは恋人ではなく、家族として人生を歩んでいくということです。「家族になりたい」という言葉でプロポーズすることで、将来の家庭像がイメージでき、女性はとても温かい気持ちになります。 恋人同士から家族へと関係が変化していくことが想像でき、きちんと将来を考えてくれていることが伝わるのです。

「できちゃった結婚だけれど、きちんとプロポーズがしたい」と思っている男性にもおすすめのセリフです。彼女だけでなく、生まれてくる子供と一緒に家族になり、温かい家庭を築きたい、というストレートで誠実な思いが伝わり、女性を感動させることができるでしょう。

4.ちょっぴり遠回しな「新婚旅行どこ行く?」

女性が一瞬「え?今なんて言った?」と驚いてしまうような、お茶目なプロポーズも人気です。

例えば「新婚旅行どこに行く?」というセリフ。結婚するという前提での質問をいきなり女性にぶつけることで、一瞬相手を混乱させます。その混乱の時間があることで、ドキドキ感が増し、ロマンチックなシーンへと変化していくのです。

新婚旅行の他にも、結婚情報誌「ゼクシイ」を渡して「どんな式にしたい?」や、「俺と同じ苗字になってくれない?」、「両親に会ってくれないかな。結婚相手として紹介したいんだけど」など、ちょっぴり遠回しだけれど、冷静に考えるとプロポーズだと分かるセリフは、なかなか凝っていてステキです。

「一生懸命考えてくれたのかな」と女性に思わせることができ、良い思い出になるでしょう。自分の個性が発揮できる点も良いです。

スポンサーリンク


ダラダラと前置きせず分かりやすいセリフがおすすめ

プロポーズをする人の中には、彼女に色々と伝えたいことがあって、話がうまくまとまらないという人がいるかもしれません。例えば、結婚してから住む場所のこと、仕事のこと、子供の計画など、結婚するにあたって大切な事項をあらかじめ話しておきたいと思うかもしれません。

けれど、「何が言いたいの?」と思われるような分かりにくいダラダラと前置きをする、回りくどく説明するようなプロポーズは、女性には人気がありません。避けた方が良いでしょう。

プロポーズでは「何があっても君と結婚したい」という熱意を見せることが一番大切です。プロポーズの言葉はなるべくシンプルで分かりやすく、思いが伝わるものが良いのです。

うまく話そうと思うのではなく、彼女に真剣な気持ち、結婚したいという思いが伝わるように集中しましょう。

もしプロポーズの前に話しておきたいこと、確認したいことがある場合は、それをスッキリさせてからプロポーズに踏み込むと良いです。プロポーズの一日はあくまでも、思い出に残るステキなものになるように、雰囲気を大切にしましょう。

男らしく行動力を見せれば女性は感動する

プロポーズをする前には、たくさん悩むこともあるでしょう。けれど一度「この女性と結婚したい」と決めたら、男らしくそれを貫きとおす姿勢が大切です。

プロポーズの日は男性が行動力を見せ、彼女をグイグイと引っ張っていきましょう。男らしく行動することで、女性は男性に頼もしさを感じます。

プロポーズに対して迷いなく「はい」と答えさせるためには、それまでの男性の行動にも迷いがないことが大切です。まっすぐに自分に向かっている真剣な思いを感じ取ることができれば、女性は心から感動し、世界で一番幸せな女性になるでしょう。

最後に

プロポーズは、ほとんどの人にとって一生に一度です。「きっとYESをもらえるはずだ」と強く信じて、リラックスして堂々とプロポーズしましょう。

あまり考えすぎると、あなたの良さが出せなくなってしまうかもしれません。考えすぎず、気楽な気持ちで臨むと良いでしょう。

プロポーズのタイミングや場所、言葉を考えることは重要ですが、一番大切なのは、彼女に真剣な自分の気持ちが伝わるプロポーズすることです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です