恋愛・結婚SS

男ウケする女の顔 結婚、彼氏ゲットのために見た目はやはり大切


独りが楽しいと思い始めたらお終いだ、なんて冗談半分で言っていた20代後半はあっという間に過ぎて、気付いたら30代に突入していた。

30代になると、周りの同世代の友人が結婚、出産という人生の大きな変化に呑まれて、家族との時間を第一にするようになる。そうなると、私なんかは構ってもらえずに、独りぼっちの日々を過ごしていた。独りなんて、楽しくも何ともない。ただ、寂しい、と感じるようになっていた。

家族っていいな、と思う事が多くなって、婚活をしようと重い腰を上げた。

しかし、30代への逆風は予想以上だった。

スポンサーリンク


年齢がこんな枷になるなどとは思っていなかった。
20代の女性が婚活パーティーなどの会場にいれば、私に勝ち目は無かった。

年上の女性が好き、という男性もいない事もなかったが、そういう人に限って結婚願望が無い事が多く、早く結婚したい私にとっては恋愛対象にもならなかった。

30代以上に限定された婚活イベントにも参加したし、婚活アプリにも登録し様々な男性とやりとりしたが、どれもこれも不発だった。

若い頃は何人かの男性にアプローチされた事もあったが、今は誰も声をかけてくれない。自分からぐいぐいアプローチするにも、やはり年齢が気になり積極的になれなかった。

見た目にはそれなりに自信があった。
結婚、出産し、どんどん所帯じみていく友人たちと比べたら、私はまだまだ若々しく、ハリ艶ある肌で、身に着けている洋服やアクセサリーもお洒落に気を遣ったものだった。

それなのに、いざとなると怖気づいて一歩が踏み出せず、待つばかりになってしまい、誰からも声をかけられず、ただ無駄に虚しい時間を過ごすだけだった。

「え!?結婚!?」

そんなある日、数少ない独身仲間の友人と食事に行った時に、彼女から結婚する事になったと告げられて、私は心底驚いた。

彼女にはずっと彼氏がいなかったはずだ。
それに、こう言っては失礼だが、私よりも年上で、もう30代も後半に突入している。見た目も、個人的には私の方が勝っていると思っていた。

客観的に見ても、少なくとも男ウケする女の顔立ちの美人とは言えなかったし、何より体型がスレンダーからはかけ離れた、いわゆる「ぽっちゃり系」だった。

そんな彼女が、どうして・・・。
私には納得いかなかった。

どこで出会ったのか、何がきっかけだったのか、色々と聞き出したが、彼女の話によると、どうも相手の方からアプローチされて、結婚までトントン拍子で話が進んだようだ。

どうにも腑に落ちない感覚が拭えなかったが、そんな素振りは見せないよう、彼女を祝福して、「私もがんばらないとな!」と冗談めかした笑顔を向けて、その日の食事会はお開きとなった。

フィオーレ婚活・お見合いパーティーの体験談。

スポンサーリンク


彼女に対抗意識を燃やしたというわけではないが、がぜん婚活に力を入れるようになった。
もう怖気づいて自分からアプローチするのをためらっている場合ではないと気合を入れた。

しかし、私から頑張って積極的に気になる男性に声をかけたり、仲良くなるようにアプローチしたりしても、残念ながら私の頑張りは実らなかった。

自分の力だけではダメだと思い、知人に紹介してもらったが、感触が良くなくうやむやになった。

背に腹は代えられぬと、結婚相談所にも登録して、何名かの男性と会ってみたが、これもダメだった。中には勿論私に興味を持ってくれた人もいたが、私の方が断ってしまったケースもあった。

なかなかピッタリと合致する人が見つからず、私が「いいな」と思った方は皆なびいてくれず、完全に行き詰ってしまった。

それから少し経って、女子会に参加したら、あの時の彼女が来ていた。

話題はすぐに彼女の結婚について根掘り葉掘り聞きだすというテーマとなった。

「そういえば、なんか最近すっごく綺麗になったよね~」

女子会に参加していたメンバーの1人がそう言うと、周りの女性が口々に「確かに!肌が綺麗になったのかな?」「恋するとキレイになるって言うもんね」などと彼女を褒めている。

その言葉で気付いたが、確かに彼女はここのところ綺麗になってきたようだ。
しかも思い返すと、結婚が決まる頃か、その前ごろから既に肌などが美しくなっていたような気がする。

何かやったのかな・・・
そう思うと、いてもたってもいられなくなり、私はプライドを捨てて彼女に結婚できた秘密を聞こうと心に決めた。

そして早速約束を取り付け、2人きりで会う事にしたのだ。

スポンサーリンク


「それで結婚できたかどうかって聞かれると、何とも言えないところなんだけど、実は密かに努力したんだ」

彼女はそう語り始めた。

私は彼女を心の奥底で少しバカにしていたのを恥じ入った。彼女はものすごく努力していた。

整形はせずとも、男ウケする女の顔立ちや、男にモテる女の外見を彼女なりに研究し、化粧品を色々試してみたり、エステにも通ったと言う。

男性はとにかくナチュラルな美しさを求めるという事が分かり、彼女は徹底して、毛穴の汚れや、シミ・シワのケア、美白、黒ずみ対策などをおこなった。

「劇的に変わったわけじゃないんだけど、鏡を見るのが楽しくなって。それで、多分自分の内側から少しずつ自信が湧き出てきたのかな。それまでよりも人と話す時におどおどしたり、この歳になっても独身って事に負い目を感じなくなってきたの。多分、それが総じて良い効果になったんじゃないかな、と」

そう言って笑った彼女の顔は、確かに輝いていた。

清潔感があり、自然で、嫌味が無く、確かに「かわいい!きれい!」と目を引くような見た目ではないが、とても好感が持てる雰囲気を醸し出していた。

男にモテる女の外見というのは、決して高いブランド品の服やアクセサリーを身に着け闊歩する事ではなかった。
男ウケする女の顔立ちというのは、決して化粧品を厚塗りして本来の自分を隠して偽りの自分を仮面のように被る事ではなかった。

本当に男ウケする女の顔立ち、男にモテる女の外見は、女性自身の自然な美しさだったのだ。

確かに街頭インタビューなどでは「厚化粧の女は嫌い」と言う男性も多い。
私は今まで一体何を見てきたのだろうか。

スポンサーリンク


家に帰って化粧を落として鏡を見ると、そこには30代の自分のありのままの姿があった。

あまりまじまじと見つめた事がなかったのだが、よく見ると、小ジワやシミが現れはじめている。そして毛穴の汚れが目立っていた。これから黒ずみも出てくるだろうし、美白もやっておいた方が良いのかな・・・。
そんな事を思った。

こうして改めて自分と見つめ合って、今まで何故かそこそこの自信を持っていた自分の見た目に、急に自信が無くなってきた。

結局、そういう事なのだ。自分の見た目は、自分が思っているほど良くない。年相応に変化してしまった。誰かに見初められるためにはルックスも大事で、私にはそれはきっと足りていない。そう気づいた。

「よし!!」

私は声に出して、頬をパチンと軽く叩いて、自分自身に気合を入れた。

これから私は変わる。男にモテる女の外見を手に入れて、絶対に結婚する!
そう決意した。

それから私は、徹底して美容を意識した生活に切り替えた。

ひとまず小ジワとシミをどうにかしなくては、と、シワやたるみに効く乳液や美容液、サプリメント、またリフトアップエクササイズなどをおこなった。そして、美白効果もあるというパックや美容液なども使い、黒ずみ対策もおこなった。毛穴のケアは、独断で色々おこなうのが少し怖かったので、エステサロンで相談してケアしてもらってから、自分でのケア方法も教えてもらった。

スポンサーリンク


こうして私は、シワ、シミ、毛穴の汚れ、黒ずみなど様々な問題に対抗し、更に美白を目指して肌のケアを行う毎日を過ごした。

ボディケアも手を抜かずに、エステへ通ったり、自宅でもエクササイズしたり、とにかく自分の見た目を磨き続け、男にモテる女の外見を目標に頑張った。

プライドを捨てて色々教えてもらった彼女とは、それからすっかり仲良くなり、彼女も私に様々な有益な情報を送ってくれて、応援してくれた。

ご主人とはうまくいっているようで、楽しい新婚生活を送っているようだった。
そんな彼女の幸せそうな姿が、私のやる気を掻き立てた。

絶対に良い男をモノにしてやるんだから!
男ウケする女の顔立ち、バッチリ研究したんだから!

私の美容研究に熱が入りすぎると、彼女が「あんまりギラギラ、ガツガツしてると引かれちゃうから気を付けてね」と苦笑がちになだめてくれた。

そんな彼女の言葉に時々クールダウンしてもらいながら、私の見た目改革は着々と成果を出しつつあった。

鏡を覗き込むと、なんとなく肌のキメが細かくなっているような気がした。

それから、目尻の小ジワが無くなったというか、目立たなくなった。
顔面全体にハリ艶が出て、少し若返ったように見えた。思わずニッコリしてしまう。

そうか、これだったのか。
何かがストンと落ちた。

この感覚、自分が綺麗になっていき、その事に喜びを感じて、ウキウキする気持ち、そして内側から湧き出てくる自信。これが、女性の輝きを生み、魅力的に見せる力を与えてくれるのだ。

今まで男の目線ばかり意識して見た目改革にまい進していたが、いつの間にか自分自身が楽しくなり、喜びを覚えている事に気付いた。

そして、この余裕が、結果的に良い出会いを呼び込むことになる。

美白のためのシミ取りクリーム、シミ消しクリーム 効果の真相とその選び方

スポンサーリンク


見た目改革を始めて数ヵ月経ち、私は相変わらず婚活を頑張っていたが、周りの男性たちの反応が変わってきた。

声をかけてくる男性が多くなり、モテていると実感できた。自分から気になる男性に声をかければ、必ずと言って良いほど嬉しそうな反応が返ってきた。

そして「肌、綺麗っすね」や「若い!え!?20代じゃないんですか?」といった、お世辞感丸出しの台詞も、素直に受け入れられるようになった。

「お世辞でしょ」と笑いながら返すと「お世辞じゃなくて、本気でそう思ってます」と生真面目な顔で答えてくれるのも、快感だった。

こうして、多くの男性にモテると、余裕が生まれた。

余裕があると、達観して男性たちを見られるようになったので、自分と一緒に人生を歩んでいくのに、誰が良いかという事を考えながら相手を選べるようになった。

それまで「もう誰でも良いから結婚して!でもあの人は無理!」という非常にネガティブな思考だったのが、「私に相応しい人」とまではいかないが、「私と合う人」を探すように変化していった。

そして、ついに私は運命の相手を見つけた。

婚活イベントで日帰り小旅行にバスで出かけた際に、バスで隣の席になった男性と意気投合したのだ。

相手は私の1つ年上。ずっと独身貴族を楽しんでいたが、そろそろ所帯を持ちたいと考えて婚活を始めたそうだ。

共通の趣味があり、好きな映画やテレビ番組が同じで、話題には事欠かなかった。バスの中でずっとお喋りし、小旅行中に立ち寄った様々なスポットでも、楽しいひと時を過ごした。

旅行の最後にマッチングが成立した瞬間は、うすうす分かってはいたものの、あまりの嬉しさに涙があふれてしまった。

スポンサーリンク


彼はなんと「今すぐプロポーズしたい気分なんだけど、もう少しお付き合いしましょうか」とはにかみながら言ってくれた。

それから順調にデートを重ねて、2ヵ月後に婚約指輪とともにプロポーズの言葉をもらった。

婚約してからも、よく出会った時の話やデート中の互いの印象の話をしたのだが、彼に私の事が気になったきっかけや理由を聞いてみたところ「自然体でニコニコしていて綺麗な人だなぁって思ったんだよね。なんかナチュラルな雰囲気で、着飾りすぎてないっていうか、そんな雰囲気が綺麗って感じさせたんだよ」との答えが返ってきた。

これは、私の努力の賜物だった、と確信した。

見た目改革の努力が無ければ、このナチュラルな美しさは私からは滲み出てはいなかっただろう。
そして、この変化があったからこそ、私は自信に満ち溢れて笑顔を振りまけるようになったのだ。

人は見た目によらぬものとも、人は見た目が99%とも、どちらもよく言われる事だが、やはり見た目は大事だと、今回私は学んだ。

彼と結婚し、今は幸せな毎日を送っている。

彼はよく私の頬をつつきながら「ホントに綺麗な肌だよね~」と褒めてくれる。

私はあれからもずっと肌や体のメンテナンスを欠かさずおこなって美しさをキープしている。

まだ婚約する前、その努力を彼が知った時に「何もしないで綺麗って訳じゃなかったのか…そうか、必死になって作ってたって事か…」などと嫌悪感を見せる事なく、「こんなに努力しているなんて尊敬する!すごいよ!」と褒めてくれたのが、私の心が決まった瞬間だった。

この人は本当の私を見てくれている、と嬉しく思った。

こうして、努力によって彼を射止める見た目をわが物にした私は、ようやく幸せを手に入れる事ができた。

エン婚活エージェント。成果重視、成婚料なし、お見合い料金無料。婚活費用は入会金と月額料だけ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です