恋愛・恋活結婚・婚活

男の本音と建前。あなたは本命?それともお金や体の都合のいい女友達?


あなたは本命?それとも都合のいい女友達?男の本音と建前。

特定の男性にとって、自分はどんな存在なのか。

それってとっても気になることですよね。

精神的に気になるという面もありますし、これから正式にお付き合いしようとか、結婚に向けて話を進めようかなんて考えてる時には、人生がかかってます。

ここで、見極めを間違えてしまったら、失笑物、いや、一生物の痛手です。

そこで今回は、男性が女性に対してどんな本音を抱いているのか?お金や体が目的なのか?女友達としてしか見ていないのか?言っていることは建前か?そして、何を見極めれば男の本命がわかるのか?についてご案内します。

スポンサーリンク


あなたは本命ですか?

まず、一番重要なところから攻めていきましょう。

それは、自分は特定の男性から本命だと思われているに違いない。と、思っている人への忠告です。

つまり、特定の本命がいると安心しきって、ある意味こういう記事すら人ごとのように余裕綽々で読んでいるあなたに向けた忠告だという事です。

はっきり言って、恐怖体験になってしまうかもしれませんよ。

エッチしたから、本命だ。

愛しの彼と素晴らしい夜を何度も過ごしている。

そんなことを根拠に自分の事をその彼の本命だと思って安心している人がいたら、もう、アウトもいいところです。

はっきり言います、エッチなんて、何の根拠にもなりません。

よく考えて下さい、男は、お金さえあればその日にあったばかりのお店の女の人とだってエッチすることのできる生き物です。

言い方を変えれば、お金を払ってでも、そして相手をよく知らない女性でも、エッチしたいのが男という生き物の本性なんです。

そう言う観点から言えば、一円も払うことなく手軽に肉体関係を持ってくれるあなたは本命ではなく、本格的に都合のいい女、という見方もできるのです。

もうずっと付き合いが長いのに、なかなか結婚を言いだしてくれないんだよねぇ。なんてカップルにはこの可能性が非常に高い場合があります。

コンビニエントなエッチの相手を手放したくない。そんな風に思われているだけかもしれません。

なので、もし、肉体関係を根拠に自分を彼の本命だと思っているなら、考え方を改めましょう。

誰よりも彼に尽くしているから、本命だ。

愛しの彼の事を、精神的にも肉体的にも支えているのは私だ。

なんてことを、本命であることの根拠にしている人もいますが、これもNG。

しかもこの場合は、本命であると信じていることもNGなら、むしろ彼にとって特別な存在であるという所から疑いが生じるレベルのNGだと言ってもいいでしょう。

どういう事かというと、彼にとってそんな女性は、2番手ですらなく、下手をすると深い関係をもっている女性の中で最下層に位置するかもしれないという事です。

いわば、お財布。いわば、コンビニ。いわば、お掃除ロボットのルンバ。

というのも、男という生き物は性欲と生活と恋愛感情を完全に切り離せる存在として心に持つことができるからです。

夜の相手を嫌がらずにしてくれる女性と生活の面倒を一身に見てくれる女性がいるにもかかわらず、そういう事を全くしてくれない女性に恋をしているなんてことも普通にあり得るのが男心。

気が付くと、尽くすだけ尽くして素敵になった彼が、そのおかげで1ランク上の女性を手に入れるなんて悲劇が待っているかもしれません。

結婚の約束をしているから、さすがに本命だ。

彼は結婚しようねって言ってくれているから、間違いなく本命だ。

これも実は非常に危険な話です。

と、言うのも、男とはいうのはその場の雰囲気や勢いの様なものに流されやす側面を持っているからです。

つまり、男は、なんとなくいい雰囲気になって、ムードが高まったその時に、ほぼ自分に酔っている状態で軽々しく「結婚しよう」なんてことが言える生き物だという事です。

その言葉を聞いて、まにうけて舞い上がっているようでは、あとで痛い目を見ることもあるでしょう。

さらにもっとひどいパターンもあります。

もし、あなたが彼とエッチすることを拒んでいたとしましょう、そしたら男はただ1回のエッチをしたいがために「結婚しよう」などという口説き文句を言う場合があるのです。

結婚を前提にすればやらせてくれるに違いない。という、目論見で、です。

まさか、今どきっとした人はいませんよね。

軽々しくエッチをするのが嫌で拒んでいたら、突然彼が真剣な表情になって「結婚しよう」なんて言ってきて、その言葉を信じて体を許したなんて人、いませんよね?

いたら、すぐに考え方を改めて、一度冷静になってみましょう。

賭けてもいいです、彼は、そんなこと言った事実すら、忘れているに違いありません。

スポンサーリンク


じゃぁ男の本命って何?

となると、男にとって本命とは何なのかが気になってきますよね。

このままだと、男には本命なんかいなくて、常に新しい女を探して歩き回っている亡者のような存在になってしまいます。

間違ってないような気もしますが、もちろんそうではありません。

ここでは、男にとっての本命とは何かについて、お教えしましょう。

まずあなたはどんな本命になりたいですか?

本命と一口で言ってもなかなか幅の広い話です。

はっきり言って、男にとっては、結婚したい女と付き合いたい女、言い換えれば妻にしたい女性と彼女にしたい女性は全く違うタイプの女性です。

もちろん、世の中そんなにうまくはいかないことは男も知っていますから、彼女とそのまま結婚というパターンは多いですが、本音は違います。

できれば、彼女とは彼女として付き合ったまま、結婚に適した別の女と結婚したいのが男の本音。

さぁあなたは、どんな本命になりたいですか?

彼女として本命?それとも妻として本命?

大事なのは、その選択です。

彼女として本命になりたい。

彼女として本命になりたいあなたが目指すべきは、飽きさせない女です。

言い換えると、常に刺激があって、常に新鮮な気分でいられる女性だという事ですね。

実はこれに関して、確定的な「こうしなさい」といったアドバイスはありません。

それは、あなたが本命だと思われたい男が、どんな性癖を持っていて、どんな性格の男なのかによって全く違ってくるからです。

それこそSかMかなんて言う、よく聞く分類によって全く違うのですから、仕方ありませんよね。

ただ、彼がどんな性癖を持つどんな男だったとしても、間違いなく言えることがあります、それは。

「常に彼の心を刺激できる女であること」です。

もちろんこれはエッチの話だけではありません、彼がもしちょっと小悪魔的なわがままな女が好きな場合は、常に彼が望む程度のわがままを小悪魔的に演出する技術が必要です。

それが出来なければ、あなたは徐々に飽きられて、元本命の地位に近づくことになるのです。

結婚相手として本命になりたい。

結婚相手として本命になりたいあなたが目指すべきは、疲れさせない女です。

男にとって結婚相手、つまり妻にしたい女性というのは「癒し」を与えてくれる存在です。

大胆に言い換えるならば「エッチができる母親」と言ってもいでしょう。

定期的にエッチをしてくれて、掃除洗濯をしてくれて、ご飯を作ってくれて、笑顔で送り出してくれて、笑顔で出迎えてくれて、愚痴を聞いてくれて、慰めてくれる女。

それが究極的に理想の「妻」です。

ね、もうそれってほぼ「エッチをしてくれる母親」ですよね。

もしあなたが彼女からそのまま妻になったとして、付き合っている時の要領そのままに刺激を与え続ける飽きさせない女のままでいたらどうなるでしょう。

そう、あなたは飽きさせない女から疲れる女に格下げになります。

そうなればどうなるか、わかりますよね。

家庭の外に、癒してくれる女性を作られてしまいます。

妻としての本命でなくなるという事は、イコール家庭の破綻を意味しますから、結果は目も当てらない惨状になってしまいます。

スポンサーリンク


本命度チェック。あなたは本命?それとも遊び?

ではここからは、先に書いたことを踏まえて本命度チェックをしてみましょう。

彼の言動から、あなたが本命なのか、本命だとして、彼女としてなのか結婚相手としてなのかを、ずばり判定していきます。

頻繁にラインやメールをくれる(本命彼女度80% 本命結婚相手度40%)

まず、男はラインやメールを頻繁に送るなんてことは大嫌いだという前提を頭に入れておいてください。

それなのにラインやメールが頻繁に来るという事は、一体どういうことなのかを考えましょう。

まず、彼女としてなのですが、これは面倒なのにもかかわらず、あなたとのラインやメールのやり取りが楽しい証拠です。安心してください高評価です。

逆に結婚相手としてはどうかというと、これはかなりポイントが低くなります。

結婚相手としての立場の女性にラインやメールが頻繁に来るということは、そうしないと嫉妬されて面倒だからです。

ラインやメールがなくても全然平気。くらいでないと結婚相手としては低評価です。

頻繁にセックスを求められる(本命彼女度90% 本命結婚相手度30%)

男はどんな女性とでもエッチができる生き物です、が、いつもいつもしたいわけでもありません。

普通にしたくないときはありますし、まったくその気が起きないときだってあるのです。

ではどんな時にそんな気分になるかと言えば、相手に女性的な魅力を感じた時か、純粋に性欲を発散したい時。

つまり頻繁にセックスを求められるというのは、性欲の発散だけでなくあなたに女性的魅力を感じているという事ですから、彼女としてはかなり好ポイントです。

ところが結婚相手として、これでは疲れてしまいます。

性欲を発散したい時だけ、そのためにセックスをしてくれる。

それが結婚相手に求められることです。

自分の買い物に付き合ってほしいと言われる(本命彼女度40% 本命結婚相手度70%)

男にとって、ほとんどの場合、買い物というのは面倒くさくて仕方がないものです。

特に相手の買い物に付き合わされるなんてまっぴらごめんな人がほとんどです。

しかしそんな男が、男の方から「買い物に付き合ってほしい」なんて言い出した場合、結婚相手として本命でありたい人には朗報です。

つまりそれは、あなたに対して全くもって気を使っていないか、飾り立てる気を持っていないかのどっちかなのです。

それはまったく気を使う必要のないの信頼感であり安心感の表れ。

しかし、これが本命の彼女でありたい人にとっては、残念ながらNG。

二人で買い物に行って選んだ洋服を着て、別の女に会いに行かれても仕方のないシチュエーションです。

頻繁に家にご飯を食べにくる(本命彼女度20% 本命結婚相手度100%)

彼女の作ったものなら何でもおいしい、なんておとぎ話はこの世には存在しません。

誰が作ろうとまずいものはまずいですし、おいしかったとしても、ほめたりおだてたりしながら食べるのは面倒な話。

たまにならイベントとしてありですが、これが度重なってくると彼女としては本命感が薄いですね。

えさを与えてくれる便利な女でしかありません。

ところがこれが結婚相手ならどうでしょう。

もうこれは、ほぼ間違いなくあなたを結婚相手として本命とみていると思って間違いないです。

食事という一番リラックスしたい時間にわざわざあなたに会いに来るという事は、あなたがいかにリラックスできる存在であるかという証明。

もう結婚しなさい、あなたは本命です。

スポンサーリンク


最後に、ずっと本命でいたあなたへ。

本命シフトをスムーズに

今付き合っている人がいて、彼女として本命でありそして結婚相手としても本命でありたい。

彼にとって、ずっと自分が本命でありたい。

そう願っている女性も多いとは思いますが、それはかなり厳しいいばらの道です。

しかし方法がないわけではありません。

まず大事なのは、本命彼女から本命結婚相手へと上手にシフトチェンジをすること。

刺激とスリルをもたらしてくれる本命彼女から、癒しと安定をもたらす本命結婚相手へのスムーズな移行さえうまくいけば、本命彼女から本命結婚相手へと上手に変わることができるでしょう。

浮気はさせないのではなくできなくする

そして、次に大切なのが浮気対策。

はっきり言って男は本命がいようがいまいが、それが彼女として本命だろうが結婚相手として本命だろうが、ほかの女性とエッチしたい生き物です。

そうでない人もいないことはないですが、そう思っていた方が変な幻想を抱いて失敗するよりましです。

ではどうしたら男は浮気をしないのか、それは浮気をできない状態にしてやればいいのです。

男は時間とお金に余裕がないと浮気はしません。

ですから、常に刺激を与える彼女の時は、浮気なんてしている暇がないほど彼と共にいて、妻になってからは財布を握ってしまえばいいのです。

絶対的な安全策ではないですが、きっと一番効果的な予防法ですよ。

まとめ

いかがでしたか、相当ぶっちゃけた男の本音と本命の見分け方。

恋愛や結婚に抱いていた幻想をぶち壊されてしまった人もいるかもしれませんが、これが現実です。

でも、男がどうしようもないダメな生き物であることで幻滅するのは早急。

男が求める理想の女性像をうまく演じることで、逆にコントロールできてしまうのが男の特徴でもあるのです。

単純でわかりやすいからこそ、うまく飼いならすことができる。

うまく彼の本音を見極めて、彼の求める本命で居続ければ、気が付けば彼はあなたの思うままに操れる素敵な彼になっているかもしれません。

結婚 婚活ならゼクシィ縁結びエージェント お見合い料、成婚料なしの結婚相談所

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です