結婚・婚活

お見合い成功率アップの秘訣!失敗しないための女性の服装、会話、マナー


近年、お見合いがきっかけで結婚するカップルが増えてきました。

出会いの少ない職場が多い現代では、男性にとっても女性にとっても、お見合いは良いシステムだと思います。

そんな成婚率の高いお見合いには、どんな秘訣があるのでしょうか。

お見合いの成功率を上げるコツやポイントをご紹介します。


スポンサーリンク




一般的な男女の出会いと違って、決められた日に将来の結婚相手と出会うことができるのが、お見合いの良いところです。お見合いに向けて、事前に自分の中でシミュレーションする、しっかりと準備することができるので、落ち着いた気持ちで出会うことができます。

お見合いの成功率を上げたいと思ったら、しっかりと地に足をつけて準備をすることです。

当たり前のことですが、お見合いはただの恋愛関係ではなく、その先の「結婚」を視野に入れたもの。相手の印象や性格、雰囲気や考え方など、本気でジャッジし、またされる場でもあるのです。

お見合いでは、プロフィールがあらかじめ相手に知られていることがほとんど。とくに年齢は、最初にチェックされるでしょう。

20代の女性は若さを利用することができ、30代は大人の落ち着いた女性をアピール。40代では経済的に自立していること、相手をサポートする能力などをアピールしましょう。

男性が「妻にしたい」と思う女性になるには、まず上品な見た目や服装、落ち着いた話し方や大人としてのマナー、一般常識を身につける必要があります。

お見合いの日まで、まだ時間があるという方、現在は予定してないないけれど、この先お見合いをすることを考えている方は、一日でも早く準備に取り掛かることをおすすめします。

お見合いで自分の気に入った人に出会えなかったら、この先お見合いの回数を重ねていくことも考えられます。その時のためにも、お見合いに向けて心構えをしておくことが大切なのです。

出会って最初の第一印象が成功率を決める

お見合いは結婚を意識したものだから容姿はあまり関係ない、と思っている人がいるとしたらそれは間違いです。

お見合いだろうと、それは男女の運命の出会いに他なりません。

出会った時に「ビビッ」と感じるものがある人に、みんな惹かれていくのです。また、お見合いの時間は限られているもの。最初の印象が悪かったとしたら、その後挽回するチャンスが残されていないかもしれません。

お見合いパーティーなどのライバルが多い場では、第一印象で相手の心を掴まなければ、他の人に取られてしまう可能性もあります。自分の気に入った人にも、自分のことを一目で「いいな」と思ってもらわなければいけないのです。

ですから、出会って最初の5秒ほどで、その後の運命は決まってしまうと考えましょう。そう考えると、お見合いとはなかなかサバイバルなものです。

お見合いを成功させるための秘訣

お見合いを成功させるには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

お見合いで幸せな結婚生活を手に入れるには、相手から「選んでもらう」ことが大切です。そんな選ばれるような女性になるための秘訣をご紹介します。

上品で清楚なファッション

お見合いの命とも言える「第一印象」では、ファッションが大きく影響します。

その人の服装は個性を表すポイントであり、女性のイメージを決める要素となります。

お見合いでは、常に男性から「妻にしたい」と思われる女性となるよう心がけます。そのため、ファッションも清楚なものを目指しましょう。淡い色味や、白っぽく明るい色の服装を意識します。

また、服の素材にも気を配り、相手が気を張らなくて良い程度におしゃれします。エレガントな雰囲気を心がけ、ショールやカーディガンなどの羽織ものをプラスしましょう。

手首や足首、デコルテなどはできるだけ露出するようにし、女性らしい華奢なラインを強調します。それでいて、下品な露出度にはならないように気を付けましょう。

高すぎず安すぎない、可愛らしい感じのネックレスやブレスレット、ピアスなど「揺れる」アクセサリーを取り入れるとより効果的です。男性は本能的に、揺れるものに興味を引かれるそうです。

全体的に清楚な色味と雰囲気でまとめることを意識して、自分の体型や雰囲気に合ったものをチョイスしましょう。

ナチュラルメイクで笑顔を意識

お見合いで張り切っているからといって、メイクを盛りすぎるのはNGです。

メイクはナチュラルメイクで、素顔を感じられるようにしましょう。あまりに化粧が濃いと、「実際の顔はどんな顔なんだろう」と男性が軽く恐怖心を抱くこともあり、敬遠されるかもしれません。

メイクに時間をかけるというより、前日からパックやマッサージなどをして、内側から潤いを与えておくようにしましょう。

肌が綺麗な女性というのは、それだけでポイントが高いものなのです。

清潔感のある綺麗な髪

お見合いでの髪型をどうするかということに、女性は気をとられがちですが、まずは髪を美しく保つことを意識しましょう。ツヤがあって潤いたっぷりの髪は、何もしないで垂らしているだけで魅力的です。

むしろ男性は、凝ったヘアスタイルよりナチュラルな髪型を好みます。前日からトリートメントをしっかり行い、潤いを閉じ込めておきましょう。もし髪のキューティクルが壊れていてパサパサの場合は、思い切って切るのも良いでしょう。

清潔感を与える潤いのある髪を、常日頃からキープするように心がけると良いですね。

興味を持って相手の話を聞く

お見合い当日は、男性の話がたとえつまらなかったとしても、興味を持って話を聞くことが大切です。男性は、きちんと自分の話を聞いてくれる女性に好感を持ち、一緒に時間を過ごしたいと思います。

できるだけにこやかに、絶妙なタイミングで相槌を打てると最高です。また、「私も分かります」といった共感をすることで、相手との距離が縮まります。

まずは笑顔で、一生懸命に聞く姿勢を持ちましょう。

話すことが得意でないという女性は、気にする必要はありません。聞き上手で笑顔の女性が、男性には一番人気があるのです。

食べ物や飲み物はスムーズに決める

お見合いの席で食べ物や飲み物を注文することがあると思います。

そんな時はあまり迷わず、サッと決めましょう。なかなか決められない態度だと、優柔不断な性格と思われてしまいます。

また、お見合いの目的は相手の男性と話をすること。

料理や飲み物がメインではありません。緊張して飲みすぎる、料理の文句を言うなどというのは論外です。

大人の女性らしく、注文はサラリと決め、スムーズに物事が運ぶようさりげなく気を遣いましょう。

大人としてのマナーをわきまえる

お見合いの席で、一般常識や大人としてのマナーを備えていることはとても重要です。

基本的なことですが、正しい敬語での挨拶、失礼なことを言わない、質問攻めにしないなど、相手のことを思い遣ることが大切です。

例えば、初対面でいきなり年収や貯金といったデリケートな話題を選ぶのはマナー違反です。質問して良いことと悪いことをよく考えましょう。

そのほか、突然お見合いをキャンセルしない、お断りする場合でも丁寧に感じよく断るなど、相手の気持ちをよく考え、大人として最低限のマナーをわきまえることが大切です。

自分の男性に対する条件ばかりが先行して、相手の気持ちを無視してはいけません。

自分のことももちろん大事ですが、相手も緊張して真剣な思いで参加しているということを、しっかり覚えておきましょう。


スポンサーリンク




お見合いから交際、結婚までの流れとは

お見合いをしていざお互いが気に入った場合、結婚に向けてその先へ段階を進めていくことになります。その際の注意点やポイントなどをまとめてみました。

お見合いで意気投合なら連絡先交換

お見合いで相手を気に入り、相手もあなたのことが気に入った場合、さっそく連絡先の交換です。

いつでも連絡のとれるLINE、電話番号が一般的です。

まずはお見合いのお礼を忘れずに。その後スムーズに最初のデートの約束を取り付けます。

この段階では、まだまだお互いを知ることが第一目的なので、デートの内容や場所よりも、相手と話をする、一緒に時間を過ごすということに重点を置きましょう。

デートを重ねる

お互いのことをもっと知っていくため、デートを重ねることは重要です。お見合いはそもそも結婚が大前提なので、真剣な交際に発展するのも早いです。

デートをする中で相手に質問があったら、遠慮なく聞いてみましょう。

あなた自身のことを聞かれた場合も、正直に本当のことを話す方が良いです。

あとは自分の気持ちに正直に従って、相手と自分が結婚してうまくやっていけそうか、という想像を膨らませると良いでしょう。

交際開始

お見合いで出会ったカップルは、最初の時点からいわば「仮交際」の状態です。結婚に向けての計画や、お互いの結婚生活のイメージなどを話している場合は、すでに交際しているといっても良いでしょう。

そのため、改めて「付き合ってください」という告白はないことも多いです。お見合いから結婚までがスムーズなカップルほど、流れに乗るように、自然に結婚までたどり着くので、改まった告白がなくても気にしないことです。

付き合い始めはお互いに緊張しているかもしれませんが、徐々に緊張も解け、お互いに自分のことを話すことができると思います。

相手の性格や習慣、自分との相性など、相手をより理解することを意識しながらデートを楽しむようにしましょう。デートを楽しむことで相手もリラックスすることができ、結婚が次第に現実味を帯びてくるのです。

デートの段階で失敗してしまうカップルは、「妥協して選んだ」という傲慢な気持ちが相手に伝わり、相手に対してくつろぐ気持ちが持てないことが多いです。

結婚は恋愛と違って、毎日の生活のことなので、相手にとって居心地の良い存在であること、お互いを尊重し合うことが一番大切なのです。

お互いの家族を紹介

お付き合いが始まると、結婚に向けての準備で忙しくなります。

まず最初に行うのは、お互いの両親への挨拶です。

この時の服装やマナーも、十分に気をつけましょう。お見合いの時と同様、エレガントで好感の持てるファッション、正しい言葉づかいや手土産の持参など、抜かりなく行いましょう。

お見合いなので、お互いの親もすでに好意的に迎えてくれる可能性が高いと思います。あまり緊張しすぎず、親しみやすい雰囲気で、笑顔を絶やさないようにしましょう。

プロポーズ、入籍

きちんとしたプロポーズがあるかどうかは、もちろん男性によると思います。あるいは現代は女性からプロポーズする場合も少数派ですがありえます。

あとはそれぞれのシチュエーションに合わせて、新居探しや結婚式の準備、結納や入籍をどうするかといった実務で、忙しさに追われるようになります。

ささいなことでも、相手の男性と相談しながら、二人で決めていきましょう。

結婚は二人でするものなので、独りよがりに自分の夢を押し付ける、突っ走ってしまわないよう気を付けましょう。

お見合いで失敗しないためにイメージトレーニングを

お見合いで自分のどんなチャームポイントを売り込むか、どんな相手を見つけたいかということを、一度自分の中で明確にしてみましょう。お見合いで失敗する人は、自分の目指すところがどこなのか、途中で分からなくなってしまう人が多いようです。

自分はどんな人と結婚したいのか、自分の長所はどんなところで、また短所はなんなのか。

お見合いに参加する前に自分と見つめ合ってみることをおすすめします。

結婚は恋愛と違って、毎日の生活です。つらいことや、悲しいこともあるでしょう。そんな時でも一緒に乗り越えていけるような相手でなければ、たとえ結婚できてもその後離婚してしまうかもしれません。

お見合いで真剣に相手を探したい、自分にとって最高の結婚相手を見つけたいという人は、しっかりと準備をしてお見合いに挑みましょう。

容姿に気を配ることももちろんですが、話し方や男性との会話の話題、自分のどんなところを知っておいてもらいたいかなど、細かいことまでシミュレーションしておくと、当日慌てずにすみます。

また、お見合いで良い人が見つかっても、相手の人にも選んでもらわなければ2度と会うことはできないかもしれません。お見合いでは、悔いのないように行動する、チャンスを自分からつかまえに行く勇気も必要なのです。

いざお見合いの時になったら、緊張して言葉が出てこない、思っていたより話せなかった、行動に移せなかった、という後悔になりそうな気がする人は、事前にじっくりイメージトレーニングをしておきましょう。

そうすることで、気後れすることなくお見合いに参加できると同時に、リラックスして自分らしい面を相手に見てもらえることになります。

自分らしくふるまった結果、あなたを選んでくれた男性こそ、本当に相性の良い、将来の旦那様なのです。

ぜひお見合いで最高のパートナーを見つけ、これからの人生をもっと良いものにしていきましょう。


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です