結婚・婚活

仲人へのお礼・謝礼


Contents

仲人へのお礼・謝礼

結納を引き受けてくれた仲人には、お礼や謝礼を渡します。
お見合いなど出会いの場から、仲人として引き受けてくれた場合や、挙式・披露宴の仲人(媒酌人)まで続けて引き受けてくれた場合は謝礼の金額を多めに渡すことが一般的です。

仲人への謝礼

<h4>お車代

結納を引き受けてくれた仲人に、当日「お車代」を渡します。
仲人の交通費は両家で負担するようにしましょう。
略式結納、簡略式結納など一堂に会する場合は、仲人の自宅から集合場所までのタクシー料金を計算して用意します。
もし、遠方から来るなど、タクシー以外に公共交通機関を利用する場合は、別途新幹線代など必要な交通費をすべて事前に計算して用意します。
両家でそれぞれ片道分の金額を負担して、一つの包みに双方の名前を連ねて贈ります。

正式結納で、仲人が両家の家を交互に訪問する場合は、訪問の都度両家でそれぞれ用意をして渡すようにしましょう。

ご祝儀

仲人に日当的なお礼として、用意をします。
両家それぞれ1~3万程度を用意します。
両家で相談して金額は揃えておきましょう。
当日結納の後に渡すことが一般的です。
挙式・披露宴の媒酌人もお願いをしている場合は、すべて終わってからまとめて渡しても大丈夫です。

謝礼

結納が終われば、後日あらためて謝礼を渡します。
謝礼の金額はお見合いからお願いしていた場合や、挙式・披露宴の媒酌人もお願いする場合は、多めに用意をしましょう。
結納だけお願いをする場合は、結納金の1割程度、5~10万円程が相場です。

謝礼とお車代を合わせて当日渡すこともあるので、両家でよく相談して、失礼のないようにしましょう。

酒肴料

結納終了後、祝い膳を囲まない場合は、酒肴料として仲人夫妻二人分の食事代相当額を包みます。
昼食時間が近い場合は、折り詰めを用意してもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です