結婚・婚活

国際恋愛悩み相談!遠距離、英語できない、馴れ初め?結婚まで


国際恋愛ならではの悩み!遠距離、英語できない、馴れ初め?結婚まで

国際恋愛をしたい方、国際恋愛をしている方は、日本人同士の恋愛と違ってさまざまな悩みを抱えていると思います。

周囲の友達に相談しようにも、彼が外国人だと常識も違っており、なかなか相談しづらいと感じるのではないでしょうか。

遠距離恋愛、言葉の壁、文化の違いや出会いのきっかけなど、国際恋愛・国際結婚経験者が国際恋愛の悩みに寄り添っていきたいと思います。

スポンサーリンク


国際恋愛したい!そんなあなたは今すぐ行動を起こそう

国際恋愛したい!と思う人は、海外への憧れや語学力の向上など、野心が強い人ではないでしょうか。現在外国人の彼氏はいないけれど、この先欲しいと考えている人は、まず行動を起こすことが必要です。

日本に住んでいる外国人に出会いたいなら、まずはネットで検索してみましょう。外国人は今やどんな街にも存在していますが、現れる場所は限られています。外国人が集まるバーや、英会話サークル、アニメなど、趣味のイベントです。

それらの情報はネットで探すことができるので、勇気を出して足を運んでみましょう。都会であれば、エクスチェンジパートナーと言って、「日本語を教えてもらう代わりに英語を教えます」といった外国人も多く存在します。

まずはネット上でチャットし、その後カフェなどで会っておしゃべりする、というのが流れです。筆者は国際恋愛カップルを多く知っていますが、エクスチェンジパートナーとして出会ったカップルは多いです。

国際恋愛のきっかけの定番!海外旅行や留学での出会い

国際恋愛の馴れ初めの定番といえば、何といっても自分が海外へ飛び出していくことです。筆者もイギリスへの留学で、語学学校の先生の友達だった、イギリス人の夫に出会いました。

旅行の場合は、観光客が行くような場所ばかりでなく、ちょっと田舎に足を伸ばす、現地の人に触れ合うような旅にすると出会いやすいです。

留学の場合は語学を身につけるだけでなく、友達や知り合いを多く作り、パーティーなどに出かけていくことで、色々な人に出会うことができます。海外ではことあるごとにパーティーが開かれ、そこで出会う人の中には、一生ものの友達や運命の人も混じっているかもしれません。

普段パーティーや外出が好きでないという人も、留学したら積極的に出かけていくことをお勧めします。留学して語学学校に通う場合、留学生はみんな友達が欲しいので、いつもはパーティーに行かないような人も参加していることが多いです。

私の語学学校の友達は、イギリスで出会ったブラジル人と今も付き合っています。遠距離恋愛になりましたが、まだうまくやっているようです。

日本での自分のことはすっかり忘れて、海外のノリに合わせて流れに乗るように、とにかく出かけていきましょう。そうして作った人間関係は、帰国してからも重要なつながりとなるのです。

スポンサーリンク


片思いならアピールするのみ!

現在、外国人の彼に片思いしている、という人は、とにかく彼に好きなことをアピールしましょう。

日本人的には、「女性からガツガツいくのはちょっと」と思うかもしれませんが、外国人相手なら、ちょっとやりすぎくらいでないと、なかなか伝わりません。好きな気持ちを感じてもらうには、とにかく二人きりで話をすることです。

日本人同士でもそうですが、二人で話してみなければ分からないことが、恋愛上においてはたくさんあります。みんなで過ごしている時には感じられなかった魅力が垣間見え、突然惹かれ始めることだってよくあるのです。

「ちょっと相談したいことがあるんだけど今話せる?」でも、「英語の勉強しているんだけど難しくて。教えてもらえないかな?」でも良いでしょう。自分から誘っていかなければ、相手は好意そのものに気がつかないかもしれません。

デートにこぎつけることができたら、とにかく「好き好きアピール」と「あなたといると本当に楽しい」アピールです。積極的にアピールするのが苦手な人は、デートの最中ずっと「大好き」という彼への想いを解放するよう意識してください。そして常に笑顔でいることが、一番効果的です。

好きな気持ちを感じ取ってもらえて、相手もあなたに好意があれば、外国人の男性の方から積極的にあなたを口説いてくれるでしょう。相手に自信を持って口説かせてあげるように、女性は自信を持たせてあげるのがポイントです。

英語力をつけるにはとにかく会話を重ねること

国際恋愛をしたいけれど、英語ができない、英語の成績は良かったのに、いざ話すとなるとできない、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。筆者も英語は30歳で留学するまで全くしゃべれませんでしたが、独自の方法で会話力を1年でモノにしました。

その方法は、とにかく英語を「しゃべってしゃべってしゃべりまくること!」です。間違っていても良い、文法なんてとりあえず気にしない、英語を1から真面目にやっていても、「話せる英語」はいつまでたっても身につきません。

あなたの目的が「外国人と流暢にしゃべること」であるならば、とにかく文法は置いて、しゃべる練習と度胸を身につけることです。そして、単語を1つでも多く覚えることです。

単語の意味を知っていれば、英語の会話の内容がつかめます。単語を発することができれば、あなたが何を言いたいのか、ネイティブの相手は理解することができます。英会話において一番大切なこと、それは単語力。その一言に尽きるのです。

留学していた時、語学学校のみんなでよく飲みに行きましたが、ヨーロッパ、アジア各国、みんな酔っている時の方がリラックスして、流暢に英語をしゃべることができました。まずは酔った状態で英語をしゃべる練習をしてください。

酔っていると気が大きくなり、大げさな動作や言い回しをします。それが英会話では良いのです。日本人のままで英語をしゃべろうとするから恥ずかしいのです。ほろ酔いくらいが、一番流暢に話せます。

筆者はイギリスで英語の試験を受けましたが、会話のテストの前に、グラス1杯のワインを飲んでいくと良い、と学校の先生にアドバイスされました。そのくらい、お酒の力は会話力に自信を持たせてくれるのです。

自分に自信を持ってとにかくしゃべっているうちに、緊張せずにしゃべることができるようになります。学校のテストに挑むような勉強法ではダメです。外国人の集まるバーに出かけるなどして、場数を踏むことで、英語の会話力はつきます。

実際、六本木の外国人がよく集まるバーで働いていた、という日本人男性に会いましたが、彼の英語は観光客のイギリス人を楽しませるのに十分な英語力でした。机に向かう勉強ではなく、どれだけ外国人相手にしゃべったか。そこなのです。

スポンサーリンク


国際恋愛には悩みがつきもの!

国際恋愛をしている人も、これからする人も、日本人同士のカップルは抱かないような悩みを抱えているでしょう。

国際カップルならではの悩み、それについての解決法とは、どんなものなのでしょうか。外国人男性の国によっても違いますが、共通の悩みは必ずあります。これから国際恋愛する人も、ぜひ参考にして欲しいと思います。

1 言葉の壁

言葉の壁は、国際恋愛の一番の悩みの種ではないでしょうか。これは、ただ単に言葉をしゃべれるかどうかという問題ではないのです。

日本でも、正しい日本語をきっちりと話している人はあまりいませんよね。それと同じで、ネイティブ同士の会話となると、どうしてもスラングやアクセント、その人特有のしゃべり方や癖があり、外国人からすると非常に聞き取りづらいのです。

また、恋愛関係がうまくいっている時は良いですが、いったん喧嘩や言い合いになると、母国語でしゃべっていない側は、とてもストレスを感じます。言いたいことの半分も言えない、うまく感情を説明できない、そこで相手にペラペラとまくしたてられると、とてもストレスになります。

例えば、日本に住んでいるアメリカ人男性と仲良くなり、彼は日本語がペラペラだから日本語でいつも会話しているとします。けんかになった時、あなたが日本語で日本人の感覚で、思いのままに彼を罵倒するとどうなるでしょうか。彼はストレスを通り超して、「こっちは日本語でしゃべってやっているのに」と感じるかもしれません。

言葉の壁は語学力の問題ではなく、どちらか母国語を使っている方が、「自分の言語に合わせてくれて、ありがたい」という謙虚な気持ちを持つことが大切なのです。

とくにけんかになった時は、言葉の威力に任せて相手をけなしたりすると、取り返しのつかないことになってしまいます。どんなに仲良くなっても、「言葉の壁がある」ということを忘れず、常にお互いを思いやることが大切です。

2 お互いの「当たり前」が違う

海外に一歩出てみると分かるのが、「日本人がいかに独自の文化と習慣を持っているか」ということです。空気を読むこと、敬語を使い分けること、マナー、必要以上に詮索しないなど、独自の常識を持っている日本人は、海外に行くと大抵「恥ずかしがり屋」という印象を持たれます。海外に進んで出て行く日本人は、だいたい「恥ずかしがり屋」ではありませんが、外国人の持っている日本人に対する印象・先入観は「恥ずかしがり屋」というものです。

日本人にとって「当たり前」だと思っていることは、外国人男性にとっては思いもよらないことかもしれません。それを無理に押し付け、「普通こうでしょ!」と決めつけるのは、外国人男性にしてみれば酷なものです。

逆に、日本人女性が海外に行っても同じことで、相手に対して親切でしたことなのに、時には怒らせてしまうことだってあるのです。

例えば、欧米の男性は自立心が強いですが、日本人女性はつい世話を焼いておせっかいをしがちです。

「急がないと遅刻するよ」などと親切で声をかけたのに、「言われなくても分かってる!」と怒らせてしまうこともあるでしょう。実際筆者の友人もそうでした。

自分にとっての「当たり前」とは何でしょうか。それは日本で生まれ、日本で育ち、日本人の両親を持つあなたが思う「常識」です。日本は歴史上200年以上鎖国していたこともあり、外国から見ればかなりミステリアスな、独自の文化を築いている、アジアの中でも特別な国です。

それと同じような独特のバックグラウンドが、外国人の彼にもあること、そしてあなたはそれを知りません。日本人のあなたに対して、彼はすでにたくさんの妥協をしてくれているかもしれないことを考えてみましょう。間違っても、自分の「当たり前」を押し付けることはできないはずです。

「当たり前」ではなく、常に話し合い、自分たちにとって心地良い方法を見つけることが、仲良くいるためには必要なのではないでしょうか。

3 遠距離恋愛で不安

国際恋愛のカップルは、いやでも一度は遠距離恋愛を経験しなければならない可能性が高いでしょう。日本から近い国ならまだ良いですが、ヨーロッパやアメリカなど、遠い国だと時差もあり、スカイプするのも一苦労です。

それでも関係を続けていくには、お互いを信頼し、つまらないことで嫉妬せず、相手以外の世界を持ち、自分自身を磨く努力をすることです。

遠距離恋愛をしていると、とても不安な気持ちになります。筆者もイギリスと日本で6ヶ月間遠距離恋愛でしたが、今思い出してもつらかったと思います。私の友人の国際恋愛カップルも、遠距離でなんとか続けている人がいますが、つらそうです。

そこでモチベーションを保つポイントとしては、期間を決めた遠距離ならうまくいく、ということです。例えば「1年間は遠距離でがんばってみる。それでもお互い必要なら結婚」など、明確な目標を持っておくとお互いに頑張ることができます。

期間を決めずにダラダラ遠距離をしていると、そのうち別れにつながってしまうことが多いですし、不安も一層増すでしょう。

遠距離恋愛では、お互いを好きでいることと同じくらい、相手を一番の友人と思い、運命共同体として、同じ目標を持って進むことが大切です。その目的地が二人とも同じでなければ、いずれ距離に負けてしまいます。

スポンサーリンク


付き合うと自然な流れで同棲に

国際恋愛の場合、付き合い出すと自然な流れで同棲することが多いです。逆に、同棲してみなければお互いの本質は分からない、という考え方をする人が多いように思います。

一緒に生活することで、金銭感覚や習慣、安らぎを感じられるかどうかという点が初めて見えてくるからです。

外国人男性は一般的に、付き合う相手を一緒にいる時のフィーリングで決めることが多いので、恋をすると同時に、人間として大好きな相手にならなければ、正式な彼女とは思いません。

時々会って食事し、体の関係があったとしても、「正式な彼女」とは思っていない場合もあります。人として信頼できる、ずっと一緒にいたい、というコミットメントをする時、同棲というのはごく自然な流れです。

別れ方がポイント!復縁することも多い国際恋愛

国際恋愛カップルは、遠距離が理由で別れることも多いため、何年かして復縁することもけっこうあります。別れ方が、「お互いに嫌いになったわけではない」場合、心の片隅にずっと残っているのですね。

その場合は、お互いのシチュエーション、タイミングが合えば、復縁してそのまま結婚、ということだってありえます。

外国人パートナーと別れる時、失恋してしまう時は、とても辛い思いをしますが、その時にきちんと話し合うことはとても大切です。感情的になって一方的に別れを告げる、本心を言わないなどすると、後で後悔することになります。

言葉の壁があったとしても、お互いを想う気持ちがあれば、時間をかけて話し合うことができるはずです。外国人男性だからといって、「英語で説明するのが面倒。もう別れよう」という考え方になるなら、本当の恋愛ではありません。

相手のことが本当に好きなら、どんなに面倒でもきちんと話し合い、お互いが納得した別れ方をすることです。その人と今は別れることになっても、いつかまた一緒になれる日が来るかもしれませんし、別れずに一緒に頑張る道もあるはずです。

結婚まで結びつけるには運命を感じることが必須

国際恋愛は、日本人同士の恋愛と違って大変なことが多くあります。けれど、障害が多いほど燃え上がるのが恋愛です。難しいことがたくさんあるからこそ、相手と何とかして添い遂げたいと思う、その気持ちが大切なのです。

「なんとなく付き合う」という考えは、国際恋愛には向いていません。大変なことも多いけれど、本気で好きになった相手のためなら頑張れる。そんな気持ちをお互いに抱いているからこそ、関係を続けていけるのではないでしょうか。

逆に言えば、好きでなくなった時には、もう頑張ることができずに別れてしまうでしょう。国際恋愛で結婚まで続けるには、「この人しかいない!」という運命を相手に感じることが必要です。

その自分の直感さえ正しいと信じられれば、たくさんの悩みがあったとしても、解決することができます。国際結婚をしたい人は、「この人のためなら、苦労も乗り越えられる!」という人を選びましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です