恋愛・恋活

脈あり?脈なし?女性からの告白のメリット、デメリット


女性からの告白のメリット、デメリット

草食系男子が増えたことで、女性に告白する男性が減ったこともあり、「気になる相手となかなか進展しない」、「アプローチを待っているのに疲れてしまった」、「直接伝える以外、相手に気付いてもらう手段がない」といった理由で、自分から告白を考える女性が増えています。

しかし、女性からの告白には、実はメリットがたくさん隠されています。

事前にデメリットをしっかり押さえ、告白を成功させちゃいましょう。

スポンサーリンク



・女性からの告白がオススメな理由

告白するなら、女性から?

それとも男性から?

恋愛をスタートさせるには、どちらかが想いを伝える必要があります。

「傷つきたくない」
「立場が下になりそう」
そんな理由で、男性からの言葉を待っていませんか?

確かに、相手から告白されることで、傷つかない恋愛が始まるでしょう。

ですが、
「告白されないまま時間だけが過ぎてしまった」
「タイミングを逃し、友だち関係が築かれてしまった」
「両思いだと思っていたのに、実は彼女がいた」
といった失敗例もあるんです。

“告白は男性がするもの”という時代はとっくに終わっています。

女性として、旬な時期に告白することで、

「成功率が上がる」
「失敗しても、すぐ次の出会いを探せる」

といった、大きなメリットもあります。

結婚適齢期を過ぎてから後悔しないためにも、「好きな相手には自分から告白する」というスタンスでいたいですね。

イケメンと呼ばれる男性や地位が高い男性に聞いてみても、「告白は相手から」というケースが多数。

「プライドが許さない」、「人見知りだから……」そんな理由で躊躇していたら、もったいないです。

自分の未来は、少しの勇気で変えられます。

・女性からの告白で成功率が倍以上に!

男性から告白した場合と女性から告白した場合を比較してみると、その成功率はなんと2~3倍と言われています。つまり、女性から想いを告げた方が、カップルになれる率が断然高いんです。

告白されて付き合った、という男性に聞いてみると、「告白されたことで、急に相手を意識し、好きになった」、「自分を好きになってくれた相手だから、手放したくないと思った」という声が、多く聞かれます。

好意を抱かれているという事実が、男性の心をぎゅっと掴む結果になっているようです。気になる相手がいるのなら、告白しなければ大損なことが分かりますね。

「自分に自信が無いから……」と、スタートラインに立たないのではなく、成功させたい時こそ、女性から動くことが大切です。

告白をきっかけに、もっと好きになってもらえるよう努力できれば、より素敵です。

「好きな相手へ、とことん一生懸命」男性はそんな、けなげな姿に惹かれていきます。

・本当に気付いてない?男女で違う異性の見え方

告白しない系女子に聞いてみると、「さりげないアプローチで気付いてほしい」という声をよく聞きます。

同じオフィスに好きな相手がいる場合、

「時々意識して目を合わせてみる」
「偶然を装って近くで食事をする」
「飲み会で隣の席を狙う」
「お茶出しや書類の片づけなどを積極的に行う」

といった行動で、気を引こうとしがちです。

ところが。残念ながら、これらの行動にまったく気付いていない男性が多いんです。

時間をかけて少しずつ進めていたはずのアプローチ。

それがまったく届いていなかったとしたら……。

時間の無駄だと言わざるを得ません。

「学校では、友だちや勉強のこと」
「職場では、上司との付き合いや仕事のこと」
「趣味の場では、目の前のことに没頭」

と男性の視界へ、女性が入るスキはあまりありません。

もちろん、よっぽど彼女が欲しくてうずうずしている男性は別です。

しかし、女性が、「付き合いたい」と感じるのは、誰かれ構わず口説いてくる、チャラチャラした男性ではありませんよね?

人を見る目に自信がある女性こそ、自分からの告白を選びましょう。

女性の繊細な恋心を見抜ける男性はほんの一握りです。

少しでも距離を詰めたいなら、告白でのきっかけ作りがベストです。

・告白を決めるだけで女子力が格段にアップ!

「告白を決めるだけで、女子力が上がる」
嘘みたいな話ですが、これはもちろん事実です。

好きな相手がいる場合、服装やメイクに気を遣うようになりますよね。

「恋すると女性は綺麗になる」というのは、はるか昔から言われてきたことですが、自分から告白する場合は、このキレイ度がさらにアップします。

告白当日に向けてダイエットしたり、勝負服を買いに行ったり、自分磨きに余念がなくなるからです。

告白を待っている女性と比較すれば、女子力の高さは一目瞭然!

女性らしいしぐさや、温かみのある言葉遣いを研究するのも良いですね。

心の底から男性を思うことは、女性ホルモンの分泌を促します。

その結果、ハリのある肌やバストアップ効果を期待できることも……。

今の自分を鏡に映してみてください。

告白できる体勢は整っていますか?

まだ頑張れる余地があるなら、今すぐ努力してみましょう。

自分磨きすることで、「彼との関係が進展」、「新しい出会いの到来」といった嬉しい結果に結びつくはずです。

また、男性の多くは「派手すぎる女性が苦手」という傾向があります。

告白の予定を立てたら、「髪は黒髪やポニーテール」、「服は清楚なブラウスやワンピース」、「ネイルはピンクや白のシンプルなもの」など、男性からの印象が良い身だしなみを心がけたいですね。

・告白が成功しやすいシチュエーションはコレ!

女性から告白するメリットに気付くと、今すぐ行動へ移したくなります。

だからといって、
「どんなシチュエーションでもOK!」
という訳ではありません。

告白には成功しやすいシチュエーションがあるんです。

それを覚えておくだけで、告白の成功率をアップできます。

女性は、告白されるなら、

「落ち着いた雰囲気のお店」
「二人きりの車の中」
「誰もいない公園」

など、静かな場所を好むものですが、男性にとって、場所はあまり重要ではありません。

場所よりも気にしているのが、告白させるときのセリフや態度です。

「突然服のすそを掴まれて“好き”と言われたい」
「好きなのになんで気付かないの?と怒られたい」
「気持ちがあふれ、泣くほど好きだと言われたい」
「普段は見せないような、恥じらった姿が見たい」

など、アニメやドラマ、映画に近いシチュエーションを望んでいます。

「女優さんでもないのに恥ずかしい」
そう、思ってしまいますよね。

けれどこれは、男性にとって「女性からの告白は妄想してしまうほど嬉しいもの」という証拠なのです。

告白するときは必ず特別感を演出したセリフや、シチュエーションで挑んでください。

成功率が格段にUPします。

・白黒つけるのはNG!発展しやすいセリフで告白

一世一代の告白。

イエスなの?ノーなの?
と、答えをすぐに求めたくなります。

女性側は好きな気持ちが最大まで昂っていますから、当然ですよね。

ですが、多くの男性にとっては寝耳に水の話。その場で、「答えはどうなの?」と結論を求められても、返事ができない場合が多いんです。

告白の日は、想いを伝えるだけ。「回答は後日で」と、あらかじめ心得ておきましょう。

そうすることで、

「煮え切らない態度にイライラしてしまった」
「脈ありなの?脈なしなの?と勘繰りすぎて疲れてしまった」

そんなストレスを、返事待ちの間に抱えなくて済みます。

ただし、「いつでもいいから答えを教えて」など、期限を決めないセリフは禁忌。

男性は、「具体的な目標や納期が決まっている方が動きやすい」という習性があります。

「〇日までに、返事を聞かせて」
「〇曜日までに返事がなかったら諦めるね」

など、明確な期日を伝えるようにしましょう。

とはいえ、できれば早めに答えを聞きたいのが乙女心。「今日返事を貰うのは無理だよね?」くらいの後押しはしてOKです。

お互いに好印象なら、その場で「お願いします」の返事が聞けるでしょう。

スポンサーリンク



・知っておきたい!手紙やメール、SNS告白のデメリット

「直接告白するのは恥ずかしい」
「緊張で変なことを口走ってしまいそう」
「好きな人を目の前にすると、頭が真っ白に……」
など、面と向かっての告白はハードルが高いもの。

「手紙」や「メール」「SNS」などを通じて告白しようかな?と考えることもあるでしょう。

もし、「想いが伝わればどの方法でも同じ」と思っているならちょっと待って!ください。間接的な告白には、いくつものデメリットが潜んでいるんです。

何より怖いのが、
“告白自体をなかったことにされてしまう”
というケース。

手紙やメールは、「受け取っていない」、「届いていない」という言い訳が簡単にできてしまいます。

FacebookやTwitterを通じて、公開告白する女性も増えていますが、「周囲が見ている手前断れない」と、良い方向へ行く場合もあれば、「周囲から興味本位であれこれ言われたくない」など、脈ありだったにも関わらず、付き合えないことも多々あります。

LINEやメッセンジャーでの告白は、既読かどうかが分かりますが、相手が返事をくれないのに、何度も追及するのは気が引けますよね。

顔が見えない状態での告白は、伝わる気持ちも半減してしまいます。

恥ずかしくても、緊張してしまってもいいんです。想いをまっすぐぶつけることが、成功への近道になります。

・いつがベストタイミング?男性の脈ありサインをチェック!

男性の中には、告白されたいアピールをしているケースがあります。

好きな相手が、脈ありサインを出していたら、その告白は大成功のチャンス!

「今が告白のタイミング?!」告白前に、彼の様子を観察してみましょう。

<サインその1 告白したことないアピール>

「一度も告白したことがない」、「これまでの彼女は、全部向こうから言われて付き合った」などの、言葉を女性の前で口にする男性は、「告白して!」と言っているのも同じです。

興味のある女性へは、特にこのセリフを吐きます。自分が対象なら、ぐっと可能性が高くなります。

このタイプの男性には、「じゃあ私が付き合って……って言ったら彼女にしてくれる?」などの言葉を使い、直球で返すのも効果的です。

「別にいいけど」という答えが高確率で期待できます。

<サインその2 些細な部分をほめてくれる>

「いつも朝早く出社してるよね」、「髪の毛きれいだね」、「制服似合ってるよ」、「ノートのまとめ方が上手」など、細かい部分をほめてくれる男性は、脈ありの可能性大です。

ほめるという行為は、「会話のきっかけを探している」、「好かれたいという気持ちがあふれ出ている」そんな証拠。社交辞令だと流してしまわないようにしましょう。

<サインその3 彼女がいないことをアピール>

「彼女が欲しい」、「もう〇か月も彼女いなくて……」と伝えてくる男性は、あなたへ気持ちが向いています。

「映画デートに行きたい」、「彼女と遊園地とかいいよね」そんな、したいことをアピールするのも、好きの表れです。

そこまで言うなら、男性から伝えて欲しいところ。ですが、男性側もフラれるのは怖いもの。

ちょっとだけ大人になって、こちらから告白してあげましょう。

・ほぼ確実に脈なし……でも告白した方がいいの?

告白を考えている女性の中には、「相手に彼女がいる」、「相手の好きな人を知っている」、「相手の好みと自分が全然違う」など、明らかに脈なしというケースがあります。そんな時はつい、「フラれたら悲しいから、想いを秘めておこう」と考えがちですが、告白し、想いを伝える方が正解なんです。

その理由は3つ。
<成功の可能性がゼロではない>
彼女とうまく行っていなかったり、実は冷めていたりという場合もあるため、告白されたことで、彼が新しい恋を選択する可能性があります。

<告白し、気持ちを整理することで次の恋へ進むことができる>
きちんと区切りをつけることで、恋を終わらせることができます。

辛いかもしれませんが、痛いほど好きな気持ちを引きずることで心身を傷つけてしまうこともありますので、フラれたときは運命の相手ではなかったのだと受け止め、次の恋を見つけましょう。

<気持ちを伝えたことで、彼との関係が良好になる>
告白することで、彼との関係が変化するケースがあります。

告白後は、好きだから距離を置いたり、駆け引きをしたり……といった行動は必要なくなります。

「良い友人になれた」、「彼から男性を紹介してもらった」そんな仲になれることもあります。

・当日までに心の準備をしておこう

告白前に必ずしておきたいこと、それが、告白時のシミュレーションです。

ポジティブな女性は、うまく行った場合のこと、ネガティブな女性は、ダメだった場合のことを、頭に思い浮かべがちですが、大事なのは成功、失敗、保留。すべての結果をシミュレーションしておくことです。

告白では、男性が思いがけない行動をとる場合があります。

そんな時、素早く対処できることで、その場の空気を壊さずに済むのです。

無言で黙ってしまうような状態は、お互い辛いですよね。告白するからには、しっかりリードして、どんな答えへも、返事ができるよう、事前に準備しておきましょう。

・失敗しても大丈夫!元の関係に戻すテクニック

女性からの告白は成功率も高く、メリットいっぱいですが、そんな中でも、唯一のデメリット、あるいは心配事と言えるのが、「失敗後の関係悪化」ではないでしょうか?

告白をためらう女性のほとんどが、「元の関係に戻れなくなるのでは?」、「他人になってしまうくらいなら友だちのままでいい」と考えていると思います。

それでは、残念ながら告白が実らなかった場合、元の関係を崩さない方法はあるのでしょうか?

その答えは、YESです。しかも、簡単な方法ですから、必ず覚えておきましょう。

“元の関係の戻すテクニック”それは、「女性側が今まで通りに接する」ただそれだけです。

告白を機に、関係が崩れてしまうのを恐れているのは男性も同じ。できれば、告白以前のように接したいと思っています。

慣れるまで、多少時間はかかりますが、「これからも、今まで通りの関係でいてください」と伝えてあげましょう。たったそれだけで、二人の関係は元に戻せます。

「フラれてしまったんだから仕方がない」と諦めるのは×。変わらない付き合いがしたいと、女性側から申し出るようにしましょう。

・最後に

「女性からの告白の方が成功率が高い」だけでなく、「女性から告白したカップルの方が長続きする」というデータがあるなど、女性からの告白にはメリットがいっぱいあります。

「できれば告白してほしい……」、多くの男性が待ち望んでいます。

万が一フラれてしまっても、それは新しい恋への第一歩。

積極的なアピールで、彼のハートを掴んじゃいましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です