美容・健康

綺麗になりたい20代女磨き!綺麗になる方法、綺麗を保つ秘訣


こんにちは!

20代は色んなことを経験してきたからこそ出せる、魅力やセクシーさを発揮できるピークです❤

でも年齢を重ねてくると、お肌の老化が気になってきますよね…。

特に20代後半になってからの乾燥によるお肌へのダメージは、10代の頃のものとは比べ物になりません!

ここではそんな20代の綺麗を保つだけではなく、より綺麗になる方法やコツなど美容ライフハックをご紹介します。

『綺麗になりたい!』という方、ぜひ最後までお読みくださいね!

スポンサーリンク


美容の最大の敵は”乾燥”です!

もう乾燥を制する者は美容を制す、といっても過言ではありません。

『乾燥って言っても、おばさんになったら小じわができるってだけでしょ?』と思って油断している方は危険ですよ。

というのも乾燥は年齢や性別に関係なく、お肌に以下の様々な悪影響を及ぼすのです…。

1.かさつき、つっぱり
2.ひび割れ、かゆみ
3.ニキビ、吹き出物
4.しわ、たるみ、シミ、毛穴の開き

恐ろしいですね…!

普段は肌の水分と皮脂が丁度良い割合で分泌されバリアとして機能し、私たちの肌を外界の乾燥や汚れから守ってくれています。

しかし空気の乾燥や紫外線などの刺激でこの皮脂と水分のバランスが崩れると、乾燥肌などのトラブルを招いてしまいやすくなるんです。

ここできちんとケアしないと、

•ひじやひざはどんどん黒くなり、粉をふき
•手はカサカサ
•かかとはガサガサ
•顔は毛穴ポッコリ、シミだらけの小じわだらけ

なんて悲劇が起こってしまいます!

ですから恋をしている方や結婚を考えている方はしっかりと乾燥ケアしていきましょう。

スポンサーリンク


肌の乾燥を防いで綺麗を保つ秘訣

脅すようなことを書いてしまいましたが、きちんとケアすることで悲劇は防げます。

綺麗になる方法をお探しなら、まずは乾燥対策に重点を置きましょう。

今日からできる対策をいくつかお教えします!

室内の湿度を40~60%に調節する

室内の湿度は40~60%が最適だと言われています。

加湿エアコンなどもありますので、職場や自宅のエアコンに調湿機能がついているか調べてみましょう。

そういった機能がついていない場合は、職場なら例えばディフューザーをデスクに置いたり、自宅なら濡れタオルを部屋にかけたりして湿度を調整しても良いですね。

空気中の湿度が40%を下回ってしまうと空気が乾燥しているということですので、乾燥だけでなく風邪やインフルエンザの原因になるウイルスの活動も盛んになってしまいます。

『職場はフロアが広くて、自前のディフューザーだけじゃとても湿度を上げられない!』という時は”職場での感染症予防の観点から”という体で上司に加湿空気清浄機などの導入を打診してみてはいかかでしょう!

外出時はマスクをつける

口元の乾燥はほうれい線への第一歩です。

毎日の保湿ケアはもちろんですが、外出時にはマスクを付けて、口元の乾燥を防ぎましょう。

その際立体型のものを使い、できるだけ肌にこすれないものかこすれても負担の少ない材質のマスクを選ぶと良いでしょう。

風邪予防にもなって、一石二鳥です☆

スポンサーリンク


洗い過ぎない

仕事や学校から帰ってきて汚れをしっかり落としたいからといって、洗いすぎるのは絶対NGです!

特に象も真っ青な硬い化学繊維のボディタオルなんかでごしごししている方は、今すぐやめて下さい。

アナタのお肌は悲鳴を上げています。

実際、土木系の外勤の方など以外は、仕事で身体がそこまで汚れることはありません。

特に汗をかいていなければ、身体を洗う時は手のひらにボディーソープを泡立てて、そのまま肌の上をゆっくりすべらせる様に洗えば十分なんです。

どうしてもタオルを使って洗わなければスッキリしないという方は、ガーゼタオルなど肌に優しい素材のものを選ぶようにしましょう。

その際も肌をごしごしこするのは絶対にやめて下さいね!

熱いシャワーを浴びることや高温のお風呂への入浴は避ける

代謝が衰えてくる20代後半以降の、特に冷え性の人には家に帰ってからの温かいお風呂が何よりの楽しみですよね。

ですが、いくら気持ちよくても熱いシャワーや高温のお風呂への入浴はアナタのお肌を傷つけることになってしまいます!

熱すぎるお湯は必要な皮脂やセラミドというお肌を守る大切な成分を洗い流してしまうのです。

ですから、お風呂やシャワーを浴びる時はどんなに熱くしても40度までに設定しておきましょう。

また、洗顔の時はそれよりさらに下げて35度から36度の、いわゆる人肌の温度が最適だと言われています。

もちろん季節によってはお風呂の中でぬるい温度でシャワーを浴びたり洗顔をするのは風邪をひいてしまう危険もありますから、そういった時は服を脱ぐ前に熱いシャワーをだして湯気でお風呂場を温めておくと良いでしょう。

スポンサーリンク


なんとなくでお顔の保湿ケアをしない

実はお顔の保湿ケア、意外と正しくできていない方が多いってご存知ですか?

単に化粧水の後に乳液を付ければいいというものではないんです!

正しい手順は以下の通りです。

1.500円玉大の化粧水を手に取ります。
2.手で温めて、額、頬、顎の3点において両手のひらで伸ばします。
3.目の際や小鼻周り、口元など細かい部分にもしっかりつけます。
4.最後に手のひらを優しく押し当てて、肌になじませます。

しっかり化粧水を馴染ませたら、次は乳液です。

•説明書に載っている分量の乳液を手に取ります。特に指定されていない場合は、10円玉大でOKです。
•手で温めて、顔の中心から外側に向けて伸ばしていきます。
•目元や口元など、乾燥が気になる時は重ね付けがおススメです。

忙しいからと言って化粧水が馴染む前に乳液を付けたりすると、効果が薄れてしまいます。

綺麗になる方法に、時短はありません。日々のちょっとした女磨きが真の美人をつくることを覚えておいてください☆

身体を拭く前にボディクリームやボディバターで保湿する

ボディクリームやボディバターの正しい使い方を知っている人が意外と少ないのですが、これらは実は濡れた身体に塗ることで保湿力が上がります。

ボディクリームやボディバターは、”油分でフタをする”ものですから、フタをする前に水分をふき取っていると、効果が薄れてしまいます。

お風呂上りに手で軽く水分を払ったら、首から足のつま先までしっかりボディクリームやボディバターを塗って、その後こするのではなく上から軽くたたくように押さえつけて水分を吸い取らせるイメージで体を拭くと、彼氏も大喜びのしっとり美肌が完成します♪

スポンサーリンク


唇の乾燥には”ラップパック”がオススメ

美人になるために忘れてはいけないのが唇の乾燥ケアです!

唇は外側に出ていますが、実は粘膜。だから身体の他の箇所よりもデリケートで乾燥しやすいんです。

酷いとひび割れや湿疹もできたりしてしまいます。

顔の中で目と並ぶセクシーな魅力を表現するパーツである唇、その大切なパーツが乾燥でボロボロでは、アナタの魅力も6割減…。

しっかりケアしてあげたいです!

ワセリンを使ったパックが有名ですが、私が今まで試してオススメだったのは、ハチミツを使ったラップパックです。

ハチミツは抗菌・殺菌作用もあり、保湿力も抜群です。

さらに食品ですので、ワセリンなどとは違いうっかり飲み込んでしまっても心配する必要がないです。

やり方は夜寝る前にハチミツを唇に塗り、小さく切ったラップで覆い、5分程度置いて外して終わりです。

私は乾燥が酷い時は夜通しつけていましたが、一晩でプルプルの唇が出来上がっていてとても感動しました!

※夜通しつける際はしっかりした管理のもと、自己責任で行って下さい。

顔剃り様のカミソリの刃はこまめに替える

すべすべ肌は女磨きの永遠のテーマですよね。

美人に顔の産毛は必要ありません!

ですが産毛処理に気が向くあまり、カミソリを替えることを忘れてしまっては大変です。

使い古したカミソリで顔の産毛を処理すると、雑菌が繁殖し衛生的に良くないだけではなく、目に見えないレベルの小さな傷をたくさんつけてしまうのです。

傷付けられた箇所は当然皮膚が薄くなり乾燥しやすくなるだけではなく、後々毛穴の開きやシミ、シワなどの原因になってしまいます。

少なくとも2週間に1回はカミソリの刃を替えるようにしましょう!

ここまで乾燥ケアについてお話ししてきましたが、いかがですか?

美肌は綺麗になるための絶対条件です!

どれも簡単に実行できるものばかりですので、美人になりたい方はぜひ今日から実行してみて下さい。

スポンサーリンク


ボディライン美人になる方法

さて綺麗を保つ秘訣は、何も乾燥対策だけではありません!

美肌になると同時に体型もしっかりケアすることが、美人になるためには欠かせませんよね。

特に20代後半にもなると、ポッコリお腹やブラホックの上に乗る背中のお肉が気になりだした方も多いのではないでしょうか?

体型ケアとはいっても、絶食や無理なダイエットは厳禁!

これまで様々なダイエット経験を積んできた20代女子のソレは、体重計の数字という結果だけ求めた10代のころとは違います。

綺麗を保つ秘訣はバランスの取れた食事と適度な運動です。

そこでここでは”体重を減らす”という目的ではなく、”健康的で””女性的な”体型を目指すためのエクササイズをご紹介します。綺麗になりたい方はぜひ試してみてください!

魅力的な体系の基本、体幹エクササイズ:プランク

二十歳を超え、さらに20代後半にもなると筋肉が身体に定着しにくくなります。

そんな方でも、毎日少しずつのエクササイズでボディライン美人になる方法が体幹エクササイズ:プランクです☆

基本のプランク

プランク(plank)は英語で”板”という意味。

やり方:

1.四つん這いになり、両肘をつく。
2.そのまま足を後ろに伸ばして、つま先と両肘だけで体を支える。
3.頭の先からかかとまでができるだけ真っすぐになる様な姿勢をつくり、30秒間キープ。
4.これを少なくとも1日2セット行う。

ヨガマットなど適度に柔らかいところで行うと、負担が少なくて良いです。

どうです?

特別な器具も必要なく、とても簡単です!

文字では楽に感じますが、実際にやってみると腹直筋という身体の前面に位置する筋肉と脊柱起立筋という背中にあるインナーマッスルをかなり刺激します。

2日目からは筋肉痛と戦いながらトレーニングをすることになるでしょう。

しかし、その努力は報われます!

綺麗になるために、毎日1分ずつでいいので頑張りましょう♪

スポンサーリンク


わき腹に効く!サイドプランク

基本のプランクに慣れてきたら、応用してさらに綺麗なボディラインを目指しましょう。

このエクササイズはわき腹の”腹斜筋”という筋肉に作用します。

その名前の通り、わき”腹”に”斜め”についている筋肉ですので、ここを引き締めると綺麗なウエストラインが出せます❤

後ろ姿だって美人になりたい!という方に、時におススメのエクササイズです。

やり方:

1.右のわき腹を下向きにして、右肘を肩の真下につきます。
2.左手は邪魔にならないよう、自然に身体に沿わせるか腰に当てておきましょう。
3.ゆっくりと腰を持ち上げ、基本の時と同様、身体全体を真っすぐ”板”の様な姿勢になるよう意識し、20秒~30秒ほどキープ。
4.1日2セット。

基本のプランクさえできていれば、サイドプランクはそう難しくありません!

この二つを組み合わせて毎日たった5分トレーニングすれば、ウエスト美人になれます☆

いかがですか?

因みに『ヨガマットを持ってない!』という人は、お布団の上や、柔らかすぎないならベッドの上でやっても大丈夫です。


※写真は肘を伸ばしていますが、肘を地面につけて行ってください。

まとめ

綺麗になりたいという方のために、美容の大敵である乾燥への対策から、ボディラインのトレーニングまで、女磨きのための秘訣と美人になる方法をご紹介いたしました。

今回ご紹介したコツやライフハックは、どれも特別な道具や器具を必要としないものですので、この記事を呼んで下さった皆さんもぜひ今日から試してみて下さいね。

今回の綺麗になる方法を実行して、美肌美人・ボディライン美人になりましょう❤

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です