結婚・婚活

婚活中の結婚できない女性が結婚相談所のアドバイザーからもらったアドバイス


結婚できない女性が結婚相談所からもらったアドバイス

友人は時として真実を隠蔽するらしい。

家族だってそうだ。気を遣ってか、はたまたひいき目で見ているからなのか、残酷な真実を私に告げる事なく、いつも私の見方を装って本当の事から目を背けさせようとする。

私は、ひとつの残酷な真実を身をもって実感し、途方に暮れていた。

パートナーが見つからない。
誰からも見初められない。
結婚が、できない。

若い頃はさして結婚願望は高くなかった。

結婚なんて息苦しいだけ。今はまだ自由に遊んでいたい。時間もお金も自分だけのものとして自由に使いたい。結婚なんて、その気になればいつでもできる、そう思っていた。

確かにあの頃は若さというブランドだけで言い寄って来る男性が数は多くなかったが、確かにいた。

それが、いわゆるアラサーとなった頃からとんと誘いの言葉をかけられなくなったのだ。

スポンサーリンク


結婚への焦り

30歳を手前に、少し焦りを覚えた。

しかし、愚かだった私は「きっと街で見知らぬ女性にほいほい声をかけるような男は若気の至りみたいなものだから、良識ある大人の男性は然る場でしか出会えないんだ」と思った。それこそが婚活の場だと思っていたのだ。

そして「それじゃ、そろそろ本腰入れて結婚相手を探しますか」と重い腰を上げたのが29歳の時。まだ20代である自分は、婚活を始めればあっという間に結婚相手が見つかると信じて疑わなかった。

ところが現実は甘くなかった。

お金をケチってマッチングアプリや街コンなどに参加する事から始めたが、20代前半の参加者も多く、もちろん自分と同世代の女性や年上の女性もいたが、皆かなり本気モードで美しかったし家庭的で知的な印象を受けた。

気軽に参加していた自分が恥ずかしくなるようで、私はあまり積極的に男性にアプローチできなかった。

その自信の無さが伝わってしまったのか、はたまた私自身に魅力が足りなかったのか、婚活で結婚相手を見つける事は困難を極めた。

そうこうしているうちに気付けば4年も経ってしまった。33歳だ。もういい加減「一刻もはやく結婚しなければ」と焦りに焦るお年頃だ。

私の中の結婚願望は信じられないほど大きく膨れ上がり、なにしろ35歳までに出産したいという希望が更に焦りに拍車をかけていた。

タイムリミットは実質あと1年のようなものだった。

このまま結婚できない女のまま一生を寂しく終えるのか。
いや、それだけは絶対に嫌だった。

良い縁に恵まれず焦りまくっている私を見かねた知人が、私に「確実な出会いを求めたいならケチケチしないで結婚相談所を頼りなさい」とアドバイスしてくれた。

背に腹は代えられぬ思いで、私は結婚相談所に入会した。

スポンサーリンク


結婚相談所へ

私の担当者はとても良い人で、私の事をほめちぎった。

「素晴らしい女性ですので、きっと良いご縁があるはずですよ」
彼女は確かにそう言った。

しかし、彼女の予言通りにはならなかった。

マッチングアプリでは、こんな私にもそれなりにアプローチが来るのだが、結婚相談所ではびっくりするほど男性からのアプローチが無かった。つまり、私とコンタクトをとりたい、私に興味がある、私と会って話してみたい、という男性がほとんどいなかったのだ。

これには大変ショックを受けた。

もちろんゼロではなかった。ゼロではなかったが、担当者から「この方が是非連絡を取りたいとおっしゃっていますよ」と紹介してもらっても、私の希望とはかけ離れていた。

容姿も受け付けなかったし、年収や職業、希望の年齢なども、ほぼ全てに当てはまらない男性しかいなかった。

逆にこちらから気になった男性を伝えて、担当者に託しても、これまた見事なほどに断られてしまった。

アプローチが無いのはまだ耐えられたが、こうも見事に断られると心が折れる。
私はひどく落ち込んだ。

そんな私を見て焦った担当者は「なんでですかねぇ。こんなに素敵な人なのに」とか「皆さん本当に見る目が無いんだから」とか、そんな言葉しかかけてくれなかった。

「私が結婚できない理由は何なんでしょうか」と相談した事もあったが「あなたが悪いわけじゃないです。運が無いだけですから、もっと自信を持ってください」と鼓舞されるだけだった。

流石に落ち込んでいた私は、友人や家族にもポツリポツリと相談してみたのだが、皆口を揃えて「それは運が無かっただけ」とか「悪いところなんて無いんだから自信持って」とか「とても素晴らしい女性だと思うよ」とか、そんなフォローしかしてくれなかった。

私を傷つけないために、そう言って濁しているのか、本気でそう思っているのか分からなくなり、私はますますやさぐれていった。

そんな中でも、比較的腹を割って話せる友人に「そんな具体的なアドバイスもしないでおだてているだけの結婚相談所なんかやめてしまえ。他の結婚相談所に変えれば良いじゃん」とアドバイスしてくれた。そして、彼女イチ押しの結婚相談所を紹介してくれた。

しかし、その結婚相談所はかなり費用がかかるようだった。

正直、この出費は痛い。

それでも気になった私は、まず無料相談にだけ行ってみる事にした。

スポンサーリンク


新しい結婚相談所へ

行ってみて驚いた。目からうろこが落ちた。

私が最初に入会した結婚相談所とは雲泥の差だった。

無料相談を担当してくれたアドバイザーの方は、はっきりとこう言ったのだ。

「結婚相談所に登録しただけでは結婚はできません」

そして、こう続けた。

「もちろん、登録しただけですぐに結婚が決まる方もいらっしゃいます。でもそんな方はひとにぎりのハイスペックな方だけです。容姿端麗だったり、年収がとても高かったり、あとは若かったり…」

「若かったり」という言葉が胸に突き刺さる。

「大抵の方はごくごく普通ですから、その普通のスペックの中でもパートナーに選んでもらえるよう、何か抜きんでた魅力を磨いていかなければならないのです。そのためには、多少厳しいアドバイスなどもさせていただいています。ご自身が変わらなければ誰とも結婚できないという方もいらっしゃいます。そんな方のためには鬼になる覚悟も辞さないというのが私たちの方針です」

この言葉がいかに頼もしく聞こえたことか。

私はアドバイザーの方に今までの悩みと相談をぶつけてみた。

すると、決してけなしたりバカにしたりする事なく、親身に話を聞いてくれた上で「ご自身が変わるためのアドバイスなども積極的にさせていただきますよ」と言ってくれた。

30代で結婚できない女性も多く、その悩みが原因で鬱になってしまうという人もいるらしい。「30代で結婚できないという悩みを抱えているのはあなただけではないです」という言葉がとても温かかった。

私は結婚相談所を変える事に決めた。

費用はかさむが、これで結婚できるならば、いや、結婚できる可能性が高くなるのならば、立派な先行投資になると考えた。

しかし、返ってきた言葉は意外なものだった。

スポンサーリンク


婚活がうまくいかない真実が

「まだご入会を勧めるわけにはまいりません」

すんなり入会できると思っていた私は拍子抜けした。

アドバイザーの方は優しくも厳しい方だった。

「今のままで安易に『良い出会いがありますよ』とお引き受けするわけにはいかないのです。もう少し詳しくお話伺って、アドバイスをさせていただき、これならばきっと良い出会えが望めそうだと当方で確信がもてるようになってからご入会ください」

そしてアドバイザーによるカウンセリングが始まった。

「33歳…年齢的には大きなハンデを背負っているわけですね」

男性は若い女性を好む。当たり前の事だ。女性だって可能な限り若い男性を希望する。

男女の希望年齢にギャップがあるため、なかなかマッチしないのが現状だという。

そうなってくると、男性であれば年収や職業などでスペックが高いと結婚へ一気に近づくわけだが、女性はこの部分が「容姿」になるという。

「つまり、美人でなければチャンスはないと…?」

私は絶望的な気持ちで尋ねた。

「もちろん美人であるに越したことはないです。ただ、ちょっと逆転の発想をしてみましょうか。どちらかというと、こうです。ブスはダメ」

最後の言葉が私を直撃した。

あやうくノックアウトされるところだったが、どうにか意識を保って半分涙目になって尋ねた。

「私、ブスですか…?」

すると、アドバイザーはクスッと笑った。

「いやいや、そんな事言ってません。美人以外はみんなブスかといわれたら、そんな事ないですよね?つまりは、美人もブスもごく一握りなんです。ただ、美人は生まれ持ったもので本当にごく一部の人間しかいないけれど、ブスは誰でもなり得るというところが注目ポイントです」

彼女の解説によると、ブスとは、一言でいえば「女である事を捨てた女」の事で、要するに体型やメイク、ファッションなどに一切気を遣わず、美しさも色気も感じられない人の事を指すという。

「男性は目で興奮する生き物です。婚活だって、まずは相手の写真を見るでしょう?写真を見て直感的に『あ、この人と会ってみたいな』と思ってもらわない事には、何も展開しないわけです。つまり、可能な限り努力を重ねて素敵なルックスとなって撮影した写真を男性に見てもらえば、可能性は広がるという事です」

スポンサーリンク


写真を加工するなど言語道断で、実際にあった時に詐欺だと思われて一気に好感度が下がるため、ナチュラルに撮影した写真でも十分美しさが伝わるようにしなければならないという事だった。

そして、私はアドバイザーから、残酷な真実を告げられた。

「まず、痩せましょう。あと、脱毛ね。脱毛はやった事は…」

「ないです」

「ですよね」

そうか。私は彼女に「ですよね」と言わせてしまうぐらいムダ毛の処理ができていなかったのか…しかも「痩せましょう」ってさらっと言われてしまった…。

私は大変ショックを受けたが、しかし、これこそが真実なのだ。
皆が気を遣って私に何も言わなかった真実を、彼女がこうして突き付けてくれた。

「ご自身もお子さん望まれているようですし、男性だってお子さん欲しい方はなるべく若い方をご希望されますから、1日も早く良い相手と巡り合うよう、とにかく急ピッチで美しいルックスを目指しましょう」

ミュゼ/1月限定おトク満載☆100円福袋!

アドバイザーにそう言われ、私は俄然やる気を出した。

「美しくなるためには何かとお金がかかりますから、とにかくまずは痩身、ダイエットを最優先でいきましょう。痩せると、それだけで色々と良い事がありますからね。肌艶が良くなって化粧の乗りが良くなるし、服のサイズもダウンするからお洒落なファッションにチャレンジするためにもまずは痩せる事が必須だし、くびれが出て胸が目立つようになるから色気も出るし、良い事がたくさんあります」

それを聞いて、私はまず痩身から始めようと決めた。

痩せるためには、とにかく食事制限と運動という知識しか無かった私が「ジムに行かなきゃ」と言うと「ジムも良いですが、痩身エステへ行ってみるという手もありますよ。短い時間でキュッと引き締まった身体にするには効果的です」とアドバイスしてくれた。

痩せて理想の相手が見つかる婚活ダイエットのエススリー

「それから、脱毛ですね。男性は毛深い女性は嫌がりますから、ムダ毛のお手入れはきちんとしましょう。脱毛エステや脱毛サロンに通うとお金がかかってしまうから、家庭用の脱毛器でも良いでしょう」

「え…?剃刀とかシェーバーで剃るっていうのじゃダメなんですか…?」

思わずそう言ってしまった私に、アドバイザーは丁寧に解説してくれた。

「剃ると毛穴が目立ってしまいますし、お肌への負担も大きく傷つけてしまうから、肌荒れの原因にもなるんですよ。それに、伸びては剃り、伸びては剃り、だと大変でしょう?きちんと定期的に脱毛していると、毛が目立ちにくくなったり、生えにくくなったりするんですよ。家庭用の脱毛器でも美肌効果が期待できるものもあるので探してみてください」

簡単自宅脱毛、つるつるすべすべ肌が手に入る!

それから、彼女はダイエットと脱毛以外にも、メイクはユーチューブ動画で無料で研究ができる、美容院を変える事で新しいスタイルを発見できる、など色々とアドバイスをしてくれた。

そして最後にこう言った。

「がんばって努力なさって、再びいらした時に『これなら大丈夫』というスタートラインに立てたら、ご入会いただきプロフィール写真を撮影しましょう」

私はさっそくダイエットと脱毛、それから時間を見つけてメイクの研究やヘアケアなどにも全力を注いだ。勧めてもらった痩身エステは効果絶大で、自分でもとても驚いた。もちろん食事制限や、ジムでのトレーニングもがんばり、どうにか5kgほど体重を落とす事に成功した。5kgの違いは大きく、スッキリした見た目となり、更に脱毛の効果か清潔感が増して、我ながら自信が出てきた。



目指せ!合計-8cmやせる体験【エルセーヌ】
そして私は再びあの結婚相談所を訪れた。

婚活がうまくいく自分へ

私の姿を見て、アドバイザーは満足げに「良い写真が撮れそうですね」と言ってプロフィール写真の撮影をしてくれた。そして私は無事新しい結婚相談所に入会した。

早速プロフィールに書く自己PRなども細かくアドバイスしてくれて、今まで見た事もないような魅力的なプロフィールが仕上がった。

その効果はものすごく、私に男性からアプローチ希望の連絡が入るようになった。

こちらから気になる男性にアプローチしても、返事がある事が増えて、何名かの男性と実際に会って食事などをするようになった。

アドバイザーはいつも私に有益なアドバイスをくれた。

例えば、これは自分では気づかなかったのだが、指の細かい毛なども男性はひどく気にするという事。これにより、私は脱毛器で指の毛もきちんと処理するようになった。

こんな小さな事でもアドバイスをもらえるのは本当にありがたかった。

そうこうしているうちに、互いにとても話が弾む男性と出会う事ができて、ひとまずお付き合いをする事となった。まだ数回食事をしただけで、本格的なデートの約束を取り付けたばかりだから、今からとても楽しみにしている。

彼も、食事の時には「写真を見て、素敵な人だなぁと思って…」と言っていたので、やはり男性はルックスを大事にするんだなぁと実感した。

良いアドバイザーと巡り合えて、本当に良かった。


美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です