スキル・仕事・お金

出世する女性、昇進する女性の特徴と理由


先進国の中でも女性の社会進出が遅れていると言われている日本。しかしライフスタイルが多様化し、様々な分野で活躍する女性は確実に増加傾向にあります。

今回は、社会で輝く、出世する女性・昇進する女性の特徴とどの理由についてまとめてみました。女性ならではの魅力を活かして、飛躍のヒントにしてみてください。

スポンサーリンク



出世・昇進する女性が持つ具体的な14個の特徴と理由を見ていきましょう。

素直で謙虚

出世する女性には素直さがあります。

素直と聞くとなんでも言うことをハイハイと聞く従順な態度のことと誤解される方がいるかもしれません。しかし実際は、誰に対しても敬意を持って接することができ、私心にとらわれることなく人の話をよく聞いて肯定的に吸収し自分の糧とすることができる度量の広い人を指します。

特に人の話をさえぎらないことは重要なポイントと言えるでしょう。

誰の話に対しても聞く耳を持つことができるので失敗も自分の糧として柔軟に吸収することができ、成長力も抜群です。素直さがある女性は将来有望として若くして出世を掴むことも多い傾向があります。

謙虚であることも特徴的です。

出世や昇進をする為には、組織の中で良好な人間関係を築く必要があります。良好な人間関係にとって、もっとも重要な要因は信頼でしょう。

謙虚な人は、虚偽や傲慢さがないので、組織の中で信頼を集め多くの人と良好な関係を保つことができます。人に好かれ、出世・昇進した後も自然と助けてもらえます。

地位が高くても傲慢になることがないので、ますます出世や昇進を引き寄せやすいです。

行動力がある

頭の中にアイディアがあっても、行動しなければ結果に結びつきません。

出世・昇進する女性は目的の為に積極的に動く行動力があります。悩むくらいなら行動に移しますので、無駄に悩んでいる時間が少なく、仕事に集中している時間が長く成果があげやすいことも特徴でしょう。

また、自発的に行動できるので、与えられた仕事をただこなすことだけで満足しません。常に+αの付加価値をつけて返す働きを見せてくれます。その結果、どんどん仕事が集まり経験値も飛躍的に高くなる人が多いです。

行動が早いという特徴もあります。

上司にとって、時間をかけて100点の仕事をあげてくる部下より、80点の仕事でも早く仕上げて報告をくれる部下の方が強く印象に残るものです。仕事は1回で完璧になるとは限らず、上司とともにブラッシュアップすることで完成度が高くなることはよくあります。

スポンサーリンク



目に見えた成果を残している

ただ頑張っていれば報われるのは、学生時代までの話です。

出世・昇進する女性は、例外なく目に見えた成果を残しています。

そもそも、上司は誰かを出世させたり昇進させたりする為に仕事をしているわけではなく、自分もたくさんの仕事を抱えています。モチベーションの高低だけでは、誰も評価してくれません。目に見えた成果をあげることは昇進・出世の必須項目でしょう。

また、出世や昇進を掴む女性は、最初は小さな成果を積み上げることに力を入れていることが特徴的です。

最初から大きな仕事を任せられる人はいません。小さな成果の貯金をした上ではじめて、より影響力のある大きい仕事のチャンスが巡ってくることを理解しているのです。

小さくとも確実な成果を出せるということは、それだけ仕事の能力を身に着けていることの証明になります。いざ大きな仕事が来た時でも、小さな仕事で基礎をしっかり築いていますので成果として残せます。

頑張ることではなく結果を出すことにこだわる女性は出世を掴みます。

仕事を振ることができる

意外かもしれませんが、人に任せられるということも重要な能力の一つです。

出世・昇進をすると、自分の仕事だけでなく部下の仕事も管理していくことが必要になります。当然見るべき仕事量が増えますので、全て自分1人で行うことはとても難しいです。そのため全部自分で引き受けるのではなく、上手に仕事を振り分け、全体としてスムーズに仕事が回るように配慮できる力がある人が信頼を集めます。

また、仕事には優先度がありますよ。仕事を振る能力が高い人は、仕事の優先順位を見極める能力に優れているので、他人に任せても良い仕事を積極的に振って時間を作り、自分は優先度の高い重要な仕事に注力することができます。その結果、重要度の高い仕事で成果を積み上げることができ、出世・昇進をより早く果たすのです。

なお、仕事を振ることとと押し付けることは違いますので注意しましょう。

仕事を振るということは、他者を信頼し任せると同時にいざという時は責任を引き受けられる力があることを意味します。

他者の力量を見誤り無責任に押し付けていては、出世や昇進に縁がなくなってしまうことでしょう。また、人からの信頼も失います。高い成果をあげる為には、人に任せるスキルを磨くことも肝心です。

スポンサーリンク



コミュニケーション能力が高い

仕事をする上で大切な能力の一つがコミュニケーション能力です。

大きな仕事になればなるほど、周囲との協調が必要になります。

コミュニケーション能力が高い人は、関わりが少ない人ともすぐに信頼関係を構築することができ、仕事を円滑に進めることが可能です。特に大きな仕事ほど重宝される人材と言えるでしょう。人脈を作る能力にも優れており、新規分野においても、優秀な人材を確保しやすいです。

感情的にならない

感情的な人は、論理的な思考ができず、問題が生じた際に適切な判断、意思決定もできないことから大きな仕事を任せてもらえない可能性が高いです。他人から信用を得られないのです。

出世・昇進する女性は決して感情的になりません。常に冷静に物事を判断し、問題が起こったとしても迅速に処理していきます。地位が高くなるほど、様々な問題を解決することが求められますので、感情的にならずに冷静に処理する能力を磨いておくことは重要です。

断る力を持つ

仕事の全体像を見て適切に断ることができる人は、長いスパンで考えると仕事の成果に圧倒的な差を生み出します。

何でもかんでも仕事を引き受けているとパンクしてしまいます。時には仕事を断ることも必要です。

しかし、ただ断れば良いというわけではありません。上司に対しては謙虚な姿勢を保ちつつ、同僚、部下に対しては偉そうに上から目線にならずに断る力が必要でしょう。

出世・昇進ができる女性になりたいなら、断る力を身につけることも必要です。

嫌われる勇気を持っている

出世・昇進するということは、目立つという側面があります。女性の社会進出にはガラスの天井があると言われている通り、前例が少ないことが多いです。自分自身が初の事例となることもあるでしょう。保守的な職場ですと、すぐに受け入れられない可能性もあります。

出世・昇進に対して批判を受けた場合、自分に非があることなのか、改善することができるかを冷静に考えましょう。

もし、自分に非があり改善できるなら、問題点を改善し、よりレベルアップした仕事を返すことが必要です。仕事の実力が高まるとともに、周囲との不和を解消につなげることができます。

非がなく改善のしようもない問題であれば、嫌われる勇気を持って受け流しましょう。いわれのない言葉は受け流しバリバリ仕事をこなすことができる女性は社会で活躍します。

スポンサーリンク



向上心がある

出世・昇進を果たす女性は向上心があり、常に今以上に生産性を高められるように努力しています。

どんな仕事でも常に改善の余地はあるものです。現状に満足せずより良くできる力のある人は、さらなる出世や昇進を引き寄せる可能性があるでしょう。

また、スキルアップに余念がないことも特徴的です。優秀な女性ほど客観的にスキルを示すことができる資格の取得を重視します。資格取得の勉強時間を確保する為に、日々の仕事をより効率化する人も多いです。

向上心が高い人は、新しい知識を取り入れることにも熱心であり、最新の情報を自分の仕事にすぐに反映させることもできます。周りの人の良いお手本となり、居るだけでモチベーションを高めてくれるので、組織の中でも重宝されます。

読書家である

出世する女性は普通の人の4倍の読書量があるという統計結果があります。読書をすることで高い集中力とバランス感覚を身に着け、仕事に役立てているのです。また、ビジネスに限らず歴史や文芸など様々な分野の読書体験を通して、アタマの柔らかさも磨いています。

読書は人間の叡智が詰まった高性能な情報伝達ツールです。出世や昇進を果たす女性ほど賢く活用しています。

ポイントは、まだ地位が低い時から、意識的に読書時間を確保して自分の成長につなげていることです。

プライベートな時間をどのように使うかによって、仕事で出世・昇進できるかどうかは決まってきます。遊びも大切ですが、毎日少しずつ読書する習慣が身についている女性は、仕事ができる人になりやすいでしょう。また、読書をすることで、知的生産性が高まりますます魅力的な存在として輝きます。

健康に気を配っている

健康であることは生産性をアップさせます。例えば大切な商談の日に体調を崩してしまったとあっては、元も子もありません。ビジネスにおいて健康管理は性別問わず大事ですが、女性の体は排卵日を境に体調が変化するという男性にはない特徴があります。

出世や昇進に縁がある女性ほど、自分の体のことを良く理解し健康に気を配っています。悲しい言い方ですが「これだから女は・・・」と侮られない為にも、健康管理に意識的に取り組むことは必要と言えるでしょう。

スポンサーリンク



セルフプロデュースができる

組織の中で光り輝く為に、高いセルフプロデュース力をつけ、自分の魅力を客観的に証明して存在感を示しましょう。

存在感がある人とは、成果の見える化が上手な人と言い換えることもできます。誰にも見えないところで成果をあげても、出世や昇進には結びつきません。時には大胆に自分をアピールすることも必要です。

成果を見える形にする方法はたくさんあります。

例えば、数値化出来る仕事をできるかぎり数値化することも一つの方法です。数値として示すことで、自分の能力を客観的に上司に伝えることができます。

任された仕事のマニュアルを作ることも効果的です。出来るようになった仕事を、よりわかりやすく誰でも出来る形に整えることで、業務全体の効率化につながります。一段上のレベルで仕事を返すことができます。

自発的に勉強会を主催し、仕事を円滑に進めるためのポイントを自己開示することも有効でしょう。自分一人の成果に留めるだけで満足せず、周囲に広げることで、仕事仲間と協力し全体的に仕事の生産性を高めることができる人材であると宣伝することができます。

なお成果をあげることはもちろん大切ですが、同時に驕ることなく上司に花をもたせるくらいの余裕がある愛させる部下であることを示すことも大切です。

どれだけ力があっても、上司から嫌われてしまっては出世や昇進は望めません。優秀でありながらも愛される人物はとても魅力的なので、多くの人の心を掴みます。

人望がある

出世・昇進する女性は、人望があり周りから慕われていますが、。人望を得るには日頃の仕事への取り組み方が重要です。

まずは人が見ている見ていないに関係なく誠実に仕事に取り組む姿勢が必要でしょう。偽りがなく真面目な人であることが伝わり、人望を集めます。

また、他人が困っているときなどに助けることも大切です。返報性の法則が働き、人脈が培われていきます。

成果を自分だけのものにしないこともキーポイントでしょう。利他の精神を行動で示すことで、自然と人がついてくるようになります。

他にも、時間・納期・品質など約束事をしっかり守ること、愚痴や陰口を言わない信頼の置ける人間であること、明るい前向きな考え方ができることなどを実践することで、人望を集めることができます。

人望のある人は、困っている時に上手に頼ることが出来ますし、自然と周囲の人が力を貸してくれる傾向があることが特徴的です。

出世・昇進した後ほど、大きなプロジェクトを任される機会が多く、たくさんの人を統括する立場になります。必然的に人に頼る機会が増えますので、周りから慕われているという特徴は大切なポイントと言えるでしょう。

単純に仕事ができるだけの女性よりも、周囲と協力して仕事を推進できる力がある女性の方がビジネスにおいて魅力的です。

スポンサーリンク



女性であることに誇りを持っている

女性には女性ならではの素晴らしい特質があります。

まず優れた共感力があります。イギリス・ケンブリッジ大学の共感指数分析によると、男性よりも女性の方が共感する能力が高いことがわかっています。高い共感力を活かし柔軟なコミュニケーションがとれることは女性の強みです。

また、受容力も高い傾向があります。考え方やタイプの異なる人も自然と受け入れることができるので、どんな環境にもスムーズになじむことが可能です。

協調性にも優れています。他者との協和をとることによって、上司や同僚、部下とともに仕事を頑張ることができ、パフォーマンス向上につなげることができます。協調性に優れていることによって、自分より他者の利益を優先した行動を無理なくとることができることも多いです。

最後に

首相が「女性が輝く日本」というコンセプトを掲げたように、女性がビジネスにおいてもより輝く未来が着実に実現しつつあります。やみくもに頑張っても出世や昇進に結びつくとは限りませんが、ここでご紹介した特徴を踏まえて活動していけば、出世や昇進の機会を逃さずゲットできる可能性が高くなります。

あなたはいくつ当てはまりましたか?女性であることに自信をもって個性を活かしながら出世・昇進していきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です