英語

英会話のできる女性はモテる!幸せな結婚のために英語。英語学習のすすめ


英語のできる女性はハイソで高飛車でお高くとまっている。

そんなイメージはもう何十年も前の話で、バリバリ働くキャリアウーマン達が活躍する昨今、英語を自在に操る女性たちは決して「嫌味な存在」などではなく、憧れの的、尊敬できる人、という目で見られるようになってきた。

特に、ひと昔前までは、女性はしとやかに男性の3歩後ろをついて歩いて、主人を立てて、多少無知ぐらいの方が良いという不思議な理想像がまかり通っていた時代もあったようだが、最近はモテる女性像も変わってきており、自立した女性、しっかりと自分を持った女性、夢に向かって頑張っている女性、などポジティブでアクティブな女性を好む男性も増えてきている。

また、英語ができるというイメージが知的で、かつ努力家で外交的といったものにも繋がるため、良い印象を与える事もできる。



スカイプで英会話/無料体験実施中

男性に魅力的な女性と思ってもらうためには、やはりまずルックスを気にするだろう。

自分磨きという事で、自分自身を磨いて、良いスタイルをキープしたりダイエットに励んだりもするし、メイクや美容にも気を遣い、そしてファッションに関しても研究して、男性の目に美しく、あるいは可愛らしく映るよう努力する女性が多い。

もちろんそれはとても大切なことだ。
やはり、見ためはある程度は重要で、特に、努力すればカバーできるところ、もしくは努力すれば美人ポイントが上がるところで、努力を怠るのは良い印象は与えない。

大切なのは「意識がきちんと向いている」かどうかだ。

そして、同時に、周りの人間に気を遣えるのか、ヒステリーを起こすことなく穏やかに接してくれるのか、甘え上手なのか、など性格面も見られる。

これに関しては割と盲点になりがちで、つい女性は自分の見ためばかり気にしてしまいがちだが、男性は案外内面もちゃんと見ている。

さらに盲点になるのが、知的な分野に関してだ。

頭が良い女性がモテるというと、なんとなくイメージが湧くかもしれないが、要は知的美人というやつだ。

外見ばかりに捉われず、知的な雰囲気をかもし出している女性は、男性から見てもとても魅力的だ。

英語ができるというのは、とても分かりやすい「頭の良い」イメージで、男性たちから尊敬されたり、憧れの的にもなる。
また、知的レベルの高い印象を男性に与える事ができれば、頭のキレる将来有望株な男性に見初められる可能性もグンと上がり、エリートやお金持ちの男性と結婚できる可能性が高くなる。

才色兼備という言葉があるが、エリートたちの妻は、ほとんどがこの「才色兼備」に値する美貌と知的レベルの持ち主だろう。ただ美しいだけの、ただ可愛いだけの、中身の無い女性は、エリートの妻にはなれないのだ。

海外に駐在する事になった場合は、海外のスタッフたちの接待などをしなければならないし、海外で何かあった時に支えるべき妻が英語ができないのでは話にならない。

日本で働くエリートたちも、海外からの要人やお得意様の来客などがあった時に、自分の妻を堂々と紹介したいと思うだろう。そういう時に、英語がペラペラ話せる妻ならば、自信を持って紹介してくれるだろう。

そのためにも、英語はモテる女性になるための強力な武器のひとつと考えるのが、今の時代を生きる女性の賢明な生き方と言ってももはや過言ではないのだ。

<

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

英語ができれば人生が大きく変わるかもしれない。

英語ができれば、世界はどんどん広がっていくかもしれない。

そうだ、英語ができれば単純に交際できる男性の数も増える。憧れの外国人のダンナ様を見つける事もできるかもしれないし、生まれてくる子どもがハーフの超美男美女になる可能性だって十分にあるのだ。

そういう意味でも、声を大にして、英語の勉強はした方が良いと言えよう。

今の世の中には、インターネットという強力なサポーターがついている、Youtubeで英語のレッスンをしている動画投稿者もいるし、無料のサイトで英語学習ができるものも出ている。

無料のアプリも充実しているし、それらと差異をつけるために、有料のアプリや教材などは、クオリティがどんどん上がってきている。よほどの事が無い限りは、粗悪品を掴まされる心配はしなくても良くなってきている。

だからこそ、逆に自分に合った教材や学習方法を探すのがなかなか難しいとも言えるだろう。
どのように教材を選び、どのように活用させれば良いのか、そこが悩ましいところだ。

まずは、無料でできる事から試しにやってみて、自分に合っていると思えば続ければ良いし、他の方法が良いと思えば切り替えれば良い。

有料の教材でも、無料トライアルなどができるようになっているものも多いので、いくらでも試してみることができる。

いたるところに気軽に英語に触れられる環境が整っている現代社会は、若者が英語を始めるのにピッタリな時代で、インターネットひとつあれば何でもできてしまう。

英語の勉強をしたいけれど、何を使ってどうやったら良いかいまひとつ分からないという方は、まずはインターネットで検索してみるところからスタートさせてみると良いだろう。

Youtubeで検索して、お気に入りのYoutuberを見つけても良いし、日本人と英語のネイティブで共同運用している英語学習サイトなどを活用しても良い。

ここで、英語が話せたほうが絶対に良いと言える事例をご紹介しよう。
本当にモテる女性はどのような女性なのか、考えさせられる事例だ。



DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

ある会社で、比較的年代の近いプロジェクトメンバーで打ち上げの飲み会があり、男性4人女性4人で、たまたま合コンのようなスタイルで居酒屋に行って飲んだという。

このうち男性の1人が既婚者で、後は全員独身だった。
彼氏のいる女性が1人、彼女のいる男性が1人で、女性3人がフリー、男性2人がフリーだったそうだ。

女性3人はちょうど24歳から28歳という、今がまさに結婚適齢期という事で、相手探しをしていたし、それはフリーの男性サイドも同じだった。

彼氏もちの女性も含めて、4人の女性たちは皆ルックスは悪くなく、中の上ぐらいでお洒落をしたり、きちんとメイクすれば華やかで可愛らしい雰囲気も持ち合わせた美人になった。

誰かがずば抜けて美人という事もなく、逆に誰かがずば抜けて残念な容姿だという事もなかったからか、4人の女性はどういうわけかとても仲が良く、よく一緒にランチなどにも出かけていた。

8人で居酒屋で楽しく飲んでいる最中、女性のうちの1人の携帯電話が鳴った。

その女性は、携帯電話をちらっと見ると「ハロー?」と言って電話に出た。
そしてそのまま「ちょっとゴメン」と小声で言って、席を外して電話を続けたが、彼女が英語で電話しているのは明らかだった。

「すげー!」
男性は彼女が英語がこんなに堪能とは知らず、目を丸くしていた。

女性の仲間たちは皆彼女が英語がペラペラなのは知っていたので「そうそう、あの子、英語上手なんだよね」などと話していたが、明らかに男性陣の彼女を見る目が変わったのを肌で感じたのか、負けじと自分たちの良いところなどのアピールを始めた。

そして「もしかしたら彼氏かもしれないよ~」とわざと男性サイドに、彼女の電話の相手についてほのめかしたりしだした。

電話を終えて戻ってきた彼女に、女性たちが「何々?彼氏?」と聞くと、女性は「違うよ~」と笑いながら「今度うちの会社に面接に来ることになっている人だよ」と答えた。

「え?仕事の話?」
その場にいた全員が更に驚いた。

「そう、海外事業部で働くっていう事で面接にいらっしゃる予定なんだけど、たまたまその方が日本にいらっしゃってる日にうちの人事の海外担当の人が不在らしくて、代打頼まれちゃってね。友達だったら電話出なかったんだけど、ゴメンね、飲み会中に」

そう言う彼女は、その場にいた全員から尊敬の目で見られていた。

その自覚があるのか無いのか、彼女は少し照れたように笑って、話題を切り替えた。

そんなちょっとした気遣いや謙遜も、男性たちには大きく響いたらしい。
今フリーだという2人の男性が彼女にとる態度がそれまでと明らかに違っていた。

別に今までがぞんざいな態度だったわけではない。普通に、紳士的に接していた。しかし今や、尊敬している先輩や憧れの芸能人を前にしたかのような、少し緊張しているような恐縮しているような、そんな態度に変わっていた。

この件は、なるほど、英語ができるだけでこんなに男性たちが女性を見る目が変わるものか、という良い事例になった。



【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

その後、このグループにロマンスが芽生える事はなかったが、英語がペラペラな彼女は、4人の女性たちの中で一番早く結婚した。
お相手は、一流企業に勤めるエリートで、互いに婚活パーティーで出会ったそうだ。

海外転勤の可能性があるという事で、英語ができる女性を探していたらしい。
というか、英語が不自由なく話せるという事を最低条件に定めてみたところ、ほとんどの女性が彼のお眼鏡に敵わず、誰も相応しい女性が現れないことで半分諦めかけたところ、彼女と出会ったのだという。

もともと嫌味な性格でなく、きちんと人格のできている彼女だったので、申し分ないという事で、出会って早々にプロポーズをしたらしい。

この思い切った行動をとらせたのも、彼女の英語力が確かなもので、安心して海外へ連れていけると思ったからだろう。

それから、彼女自身が帰国子女だったり、留学経験が無かったり、というのも彼を惹き付けたらしい。

要は、環境で身についた英語ではなく、彼女自身が努力によって身につけた英語だから、頑張り屋である一面や、何かを成し遂げることのできる能力や根性を見出したようだった。

やはり、努力は実を結ぶのだ。

彼女は頑張って英語力を身につけて、仕事の上でも、プライベートでも、大きな幸せを掴んだ。

後に、仲良しの女性たちからどうやって英語を勉強したか聞かれるが、彼女は「とりあえず身の回りのもので、できるものは全て英語に切り替えた」と答えていた。

映画を見る時は字幕を外し、日本のニュースも英語で見て、英字新聞を購読し、Youtubeで見る動画もアメリカやイギリスの動画投稿者のものを中心に見て、それから、何よりも彼女のすごいところは、身の回りを英語に切り替えただけでなく、その中で分からないと思ったところは徹底して調べて解決していったところだった。

知らない単語や、意味の分からない言い回しに関しては辞書を引いてしらべたり、SNSを通じて仲良くなったネイティブの友だちに聞いてみて、理解を深めていったという。

また、マスターした英語は積極的にどんどん使った。そのアウトプット先が、彼女のネイティブの友人たちだった。

スカイプで会話を楽しんだり、近隣のイベントで実際に顔を合わせてお喋りを楽しんだり、彼女は積極的に自分の英語を外に出していく方法を探して、実行した。

地域でおこなわれる国際交流イベントなどにも単身乗り込んだりしたらしい。それから街行く外国人で困っているかもしれないと見えた人には自ら積極的に「何かお困りではないですか」と声をかけていたらしい。

沢山英語を聞いて、沢山英語を話して、そして分からないことは自分で調べたり人に聞いてクリアにしていって、そんな生活をしばらく続けるうちに、彼女は英語が話せるようになっていたという。

これだけの努力ができる人なのだ。

それは報われなければならない。

彼女のようにはいかずとも、本当に今の世の中には、インターネットひとつだけで、ありとあらゆる情報を手にする事ができる。

英語を始めたいけど、お金がなくて、というのはただの言い訳だ。上手にやれば、お金なんて払わなくても英語は上達する。

時間がなくて、というのもただの言い訳だ。スマートフォン1台あれば、電車の中やスキマ時間でいくらでも勉強できる。

要するに、やる気があるのかどうか、努力するだけの覚悟があるかどうか、なのだ。

ここまで、女性が英語をマスターするとモテるようになるという事を、事例も交えてご紹介してきた。

また、いくらでも勉強をはじめるきっかけと、方法は転がっているという事もご紹介してきた。

自分のスペックを高めて、モテる才色兼備女子を目指すのであれば、ぜひ今すぐにでも英語の勉強を始めてみてはいかがだろうか。



月額5500円でレッスンが24時間受け放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です