恋愛・恋活

男性受けする見た目・振る舞い方・メッセージの送り方テクニック


モテようと努力しているのに、なかなか恋人ができずに効果が実感できない!

恋人ができてもすぐに破局してしまう!

という悩みを抱えている人もいると思います。

もしかすると、気づかぬうちに行っている非モテ習慣で異性を逃してしまっているのかもしれません。

恋愛をスムーズに進めるためには、幾つかのコツを実践して男性の心を掴みやすくする必要があります。

本記事では、男性ウケする見た目・振る舞い方・メッセージの送り方等を紹介します。

スポンサーリンク




見た目ではそこらの女子とは勝負にならないから、内面なら誰にも負けないように努力しよう……そう考えている女子も中にはいると思います。

また、ある時は誰かの「人は見た目じゃないよ」という発言にホッとさせられることもあるかもしれません。

恋愛を長続きさせられるかどうかは、性格の良さに左右されることが多いです。

しかし、かといって内面ばかり磨いているとパッと見の第一印象で損をする可能性が出てきます。

取り敢えず恋愛をしたいと考えるなら、男性から見て平均的かそれ以上の容姿をしている方があなたを好いてくれる人は多くなります。

気に入ってくれる人が多ければ、そこから恋愛に発展するチャンス・可能性が増えるということです。

第一印象で好意的に思われれば、攻略難度はそうでない時と比較してぐっと下がるものです。

なので内面重視という言葉に安心せず、ある程度は外見も男性ウケするものに整えておくことが恋愛では大切です。

男性ウケするファッションとは?

ファッション初心者で全く知識がない人でも、男性のツボを押さえることができれば簡単にモテコーデを作ることができます。

まず最初に、ズボンを履いているようならスカートを履くようにしましょう。

パンツルックの女性は可愛いというよりカッコイイ(あるいはダサい)イメージが強くなりますし、ガードが堅い印象を与えてしまいます。

女子に人気のホットパンツでも、スカートと比較するとハード系に見える・防御力が高そうと思われるのでデートには向いていません。

可愛いスカートは女性の特権ですから、それを履くだけでぐっと女らしさを上げることができます。

とはいえ、タイトスカートや超ミニスカートなどは男慣れしていそうな雰囲気が出るため避けましょう。

好ましいのは膝丈か膝上10センチくらいまでの丈です。

素材はなるべく柔らかいもの、ひらひらと動くものをチョイスするのが良いです。

ファッションのカテゴリの中に「コンサバ系」というものがありますが、男性ウケする服はその系統だと思ってください。

ファッションで迷った時は、コンサバ系を選ぶのが一番無難です。

真面目感やお嬢様感も出るので、結婚も視野に入れるような本気の交際をしたい時にもうってつけです。

慣れてきたらカジュアル系やガーリー系の要素を取り入れる等、オリジナリティを出してみるといいでしょう。

その場合でも、ベースとなる雰囲気はコンサバ系を意識しておくと特別な女性感が出て、男性から大事にされやすいです。

服の色彩はミントグリーンやベビーピンクなどのパステル系、白や紺、ワインレッドといったクラシカル系が多くの男性に受け入れられやすいです。

原色系や蛍光色、柄物はカジュアル感が出すぎるため、使わない方が無難です。

濃い色の服が好きな人でも、一部にパステルカラーや白を用いたり透け感のある素材を使うことで軽やかさのある印象を与えることができます。

パステルカラーが大好きな人は、締め色の入った服を選んだり、靴にシックなカラーを取り入れることで全体の印象を上手く引き締めることができます。

靴は、街中でのデートなら5~7センチ程度のミドルヒールパンプスが一番向いています。

ヒール靴に慣れていない人は、ストラップ付きのパンプスを選ぶと安全に歩行できます。

ストラップの位置は足の甲だと幼い印象に、足首だとセクシーに見せてくれます。

また、足首をより細く見せる効果も期待できます。

ミドルヒールなら踵に高さがあるため引き締まった美脚に見せてくれますし、それでいてハイヒールほど長時間歩いても疲れません。

足が疲れやすい人は、ヒール部分の面積が広い靴を選ぶのがオススメです。

足裏にかかる重力が分散する上に、安定感が増すので疲れにくくなります。

デート中に足が痛くなって彼を心配させることのないよう、見た目だけではなく機能性もある程度考慮して履いて行く靴を選びましょう。

スポンサーリンク




男性ウケする髪型とは?

髪型で男性ウケを狙うなら、長さはセミロング~ロングが人気です。

手入れが楽という理由でボブにしている女性は多いですが、似合う顔立ちが限定される上に量産型という印象を与えてしまうのであまりオススメはできません。

大人しくて上品な印象を与えたいなら、毛先を内向きにカールさせるのがポイントです。

パーマは遊び慣れてそう・実は攻撃的なのでは? という印象を与えるので、ストレートに毛先だけカールさせるといいです。

髪色については、バージンヘアが一番好まれやすいと言えます。

バージンヘアであれば、髪色が黒かろうが茶色みがかっていようが関係ないそうです。

真面目だったり古風なハイスペ男性の中には、女性が髪を染めることについて好ましく思っていない人も多いです。

明るかったり奇抜な髪色についてはマイナスイメージが強いですし、明らかに染めたとわかる茶髪も量産型&無個性の女性と思われる可能性が高いので注意しましょう。

そして、ヘアスタイルと同じくらい髪質も重要で非常に男性から見られる部分です。

枝毛だらけ、ぱさついている、まとまりがない……そうした髪なら、毎日トリートメントをする習慣をつけましょう。

艶のあるサラサラ髪は男性の憧れですので、髪質をキレイに維持することで大いに女性らしさを際立たせることができるのです。

より男性ウケを狙いたいなら、可愛いヘアアクセをつけてアレンジするのもいいです。

透け感がある素材やファー付きのシュシュ、光沢が美しいリボンなど色々なものが売ってますよね。

ヘアアクセはちょっとしたアクセント付けができる部分なので、服ではチャレンジする勇気が出ないような色でも気軽に取り入れることができます。

季節やコーデ毎にアイテムを変えることで顔の印象も微妙に変わってくるので、色々と試してみてください。

デートにしていきたい髪型で非常にオススメなのがハーフアップです。

骨格的に頭がデカく見える、広がりやすい髪質が悩み……という人もいるでしょう。

ハーフアップならサイドの髪をまとめるので、頭部の印象をスッキリと仕上げることができます。
サイドの毛を頭の後ろかサイドで束ねるため、ヘアアクセも楽しめますし耳が露出するのでピアス・イヤリングも映えます。

また、ハーフアップという髪型はお嬢様的な雰囲気を出すにはピッタリの髪型でもあります。

男性ウケするコンサバスタイルとの親和性も抜群なので、迷ったらぜひ髪をハーフアップにセットしてお出かけしてみましょう。

男性ウケするメイクとは?

メイクは女性としての自信をつけてくれますので、恋愛のシーンでも積極的に取り入れるといいです。

男性ウケされたいなら、女性ウケするよりも男性目線でいいなと思われるようなメイクを狙ってしましょう。

男性ウケするメイク=ナチュラルメイク・薄化粧です。

ここでのナチュラルメイクとは、メイクしてない風に見えるガッツリメイクのことではありません。

自分の素肌や顔のパーツを活かしたメイクという意味です。

ファンデーションの厚塗りや、色っぽ感を狙った色味の強いメイクはあまり男性に好まれません。

それこそ、ベースメイクは日焼け止めにベビーパウダー(フェイスパウダー)のみで済ませるくらいが丁度いいと言う男性も多いです。

もしファンデーションで肌の粗を隠そうとしているならば、メイクよりも普段のスキンケアに力を入れて美肌を作った方が喜ばれます。

メイクをしているとつい楽しくなって何でも塗りまくってしまう人がいますが、それは要注意です。

男性ウケを狙うなら、何事も薄付きを意識してメイクするといいです。

もう少し濃い方がいいかな? と思った段階で、それ以上色味を加えるのは止めておきましょう。

アイシャドウはさり気なく目元に立体感と血色を作る具合に、チークはほんのり上気している頬をイメージして、リップは素の色を意識した血色の良い色味を選択するのがポイントです。

顔色が悪くなりがちな人は、ピンク系の血色感を出せるメイクが特に男性から好評です。

女性に人気のブルーやパープル、レッド、バーガンディカラーはババ臭い印象を強烈に与えてしまうため、彼から好物だと言われない限りは避けましょう。

スポンサーリンク




男性を立たせることで女性として大事にしてもらえる

男性ウケを狙うなら、積極的に男性を立たせる振る舞いをするように心がけるといいです。

例えば、男性がよく知っている知識や得意なものがあるのなら、必要な時にはどんどん頼るようにしてください。

この甘え上手という点も、男性からしてみると可愛らしさが感じられ好印象です。

もし男性から何かをしてもらったら、すぐにその場でお礼を言うようにしましょう。

素直にお礼を言える女性からは育ちの良さも感じられますし、朗らかな印象に癒やされたり、庇護欲を掻き立たせられる男性も多いからです。

それでいて別れ際に再度お礼を言ったり、また頼りたいというような旨を伝えるとより印象アップです。

男女平等という環境で育った現代の若い男性は、女性に立てられる機会が昔の男性に比べて減っているそうです。

それでも男性は本能的に、女性に頼りにされたら嬉しい・自分が恋愛をリードしたいといった願望を持っています。

今プライベートな場面でも男性を自然に立てられる女性は、それほど多いとは言えません。

それだけに、頼りにしてくれたり持っている能力を凄いと素直に賞賛してくれる女性に対しては特別感を抱いてしまうのです。

男性を立てる習慣なんてないという人は、まずは会話の主導権を男性に渡すことから始めてみてはいかがでしょうか。

話を聞いているうちに、段々彼が自信を持っているものやプライドを持って取り組んでいることがわかってきます。

その際に相手の顔を見たり、彼が言った言葉の一部を使って相槌を打ったりすると、相手の話を聞いているアピールをすることができます。

また、会話する時には言葉遣いや話し方も女性らしさを意識することが大切です。

聞き取りやすいゆっくりとした話し方や豊かな語彙力を発揮して、他の女性との差別化を図ってみましょう。

メッセージは贅肉を落としてわかりやすく

LINEやチャットツールはコミュニケーション手段の1つとして浸透していますが、女同士のノリを男性に求めるのは得策ではありません。

男性の中では、こうしたツールは連絡手段としてしか捉えていないことが多いためです。

そのため、ダラダラと無意味な文章を送ったり会って話せばいい内容をメッセージで送るのはNG行為だと考えておきましょう。

既読スルーを責めることも、相手に面倒な人という印象を与えてしまうため避けます。

男性ウケするメッセージの送り方は、最低限の文章で内容をわかりやすくまとめるというものです。

連絡をするタイミングは忙しい時間帯を避け、お昼休憩中や仕事が終わって家に帰り、ゆっくりしている時が適切です。

デート帰りでは、別れた後や家に着いたタイミングで連絡をするといいです。

その時は、1.デートのお礼 2.楽しかったことや話の内容 3.また一緒に遊びたい、の3点を必ず盛り込みます。

本当にデートを楽しんでいた様子や相手への好意が素直に伝わるので、一気に株を上昇させる効果があります。

これらは一見地味なテクニックですが、タイミングを読んで過不足ないメッセージを送ると「この子はできる女性だな」と評価されるので非常にオススメです。

まとめ

以上、男性ウケする見た目・振る舞い方・メッセージの送り方等の紹介でした。

男性からモテるためには、服装やメイク、振る舞い方、メッセージの送り方に至るまで色々なコツがあることがわかると思います。

最初は違和感を覚えるかもしれませんが、これらを実践し続けることで徐々にテクニックを自分のものとして自然に扱えるようになってきます。

男性受けを狙うなら、服装やメイクなどの見た目・振る舞い方、メッセージの送り方などモテるための行動を意識的に実行していきましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です