結婚・婚活

男性が結婚したい女性・奥さんにしたい女性の特徴・条件!本音は?


婚活をしているけれど相手が見つからない!
結婚したいのにプロポーズされない!
と感じている女性が結構います。

容姿や性格が取り立てて悪いわけではなく、むしろチャーミングで気立てもよく、清潔感あり、料理や掃除、洗濯もできる女性でも結婚できない人が結構多いのです。

でも、こういった女性は男性の目から見て結婚したい女性、奥さんにしたい女性の条件を満たしていないのかもしれません。

結婚願望バリバリの未婚女性には怖い話かもしれませんが、20代を独身で過ごし、アラサー、アラフォーになっても結婚したいと思わず、独身でいる男性(もちろん女性もですが)は確実に増えています。

「結婚すると家庭に縛られるんじゃないか」、「結婚しても離婚するかもしれない」、「趣味に使うお金がなくなる」など、周囲の既婚者の話を聞いて、結婚というものにもはや夢を抱かなくなっている男性が増えているです。

一方で、多くはいませんが、結婚願望のあまりない男性でも「この女性となら、結婚したい!」と思わせる女性がいます。

では、結婚に夢を抱かなくなっている男性、結婚願望の薄い男性から見ても結婚したい、奥さんにしたいと思う女性とは、どんな人なのでしょうか?

「料理ができる」、「清楚で女の子らしい」、「掃除が得意」など家庭的なことでしょうか?

結婚というのは毎日の生活ですから、家庭的であるに越したことはありません。
けれど、男性がプロポーズして何が何でも奥さんにしたい女性というのは、そういったありきたりのことだけではないのです。

ここでは、そういったありきたりでない男性の本音を綴ってみました。
男性の心理を知って、選ばれて結婚できる女性になるための参考にしてみてください。


スポンサーリンク




男性が心から結婚したいと思う女性、それは結婚対象として特別なものを感じる人で、外見的なことでもあり、内面的なことでもあります。

あなたは結婚したいと思っている男性にとって心を満たす女性でしょうか。

顔がタイプである

「結婚する女性は顔じゃなくて性格だ」という男性は多いかもしれませんが、結婚するのに顔がタイプであるということは実は非常に重要です。
どストライクとまではいかなくとも、ふとした瞬間に「可愛い」「綺麗だ」と思う顔であることです。

離婚する夫婦が年々増えている昨今ですが、お互いの顔がタイプである夫婦ほど、離婚には至らないという調査結果があるそうです。

夫婦であれば、喧嘩もしないでずっと仲良くいるというのはまず不可能で、時には喧嘩をすることや、ムッとして口をきかなくなることだってあります。
そんな時に、顔がタイプというだけで、つい相手を許したり、「別れたい」という気持ちにまで至らないのだそうです。

また、顔がタイプというのは、顔の作り、パーツの間隔などが似ている人同士が感じやすいという説もあります。あの有名なデーヴィッド・ベッカムとヴィクトリア・ベッカム夫妻は、お互いに一目惚れだったそうですが、調べてみると二人の顔のパーツの位置、間隔や割合はほぼ同じなのだそうです。

人は普段の生活で鏡をよく見ますから、自分と似た顔が現れると非常に親近感がわき、一目惚れしやすいのです。それと同時に、一目惚れだったからこそ、何かあった時でも相手の顔を見るだけで仲直りできたりするのです。

心からの笑顔で癒してくれる

笑顔というのは、もっともセクシーな顔であると言われており、男性が女性を「可愛い」と思う時には必ず笑顔がつきものです。

笑顔というのは不思議なもので、どんな人でも相手が本気で笑っているか、わざとにこやかにしているかの違いを簡単に見分けることができます。特に男性は女性が本当に心から笑っているかどうか、本能で感じることができるのです。

ずっと長い時間をこれから一緒に過ごしていくのですから、隣にいる人にはいつも笑っていてほしいと思うのが当然で、男性はその笑顔に癒されたいと思っています。
また、男性は自分のパートナーが幸せそうに笑っていることで、「自分が幸せにしてやっている」という優越感を抱きやすくなり、満たされた気持ちになります。

実際、笑顔が可愛い女性や、常に笑っているような顔の女性は、結婚率が高く、それとは逆に美人でもあまり笑わない女性は男性からみて親近感を感じないせいか婚期が遅れがちです。

女性的でセクシーな身体のライン

男性にとって魅力的なボディであることは、顔のケアより重要かもしれません。なぜなら、男性にとって結婚を意識することは、性欲を満たしてくれる女性、性欲を掻き立ててくれる外見、触り心地であることが必須だからです。

ただ付き合っている女性なら「美人だけど夜がイマイチ」と思っていても関係は続いていくでしょうが、結婚となると話は別です。

不倫をしない限り、その女性だけと夜の生活を共にしていくのですから、性的な欲求を満たしてくれるかどうかというのはとても重要です。

最近ではとにかく痩せるのが美しい、と勘違いしている女性が多いですが、欧米では痩せすぎの女性は禁物です。美しい女性らしい体のライン、カーヴィなスタイルを持っている女性が、男性から求められるのです。


スポンサーリンク




常に態度が一定で優しい

奥さんにしたいと思う女性とはどんな人か、それは男性の心の安定を支え、常に応援してくれる味方である人です。

仕事で嫌なことがあっても笑顔で迎えて包んでくれ、自分を非難せずに常に優しく励ましてくれる女性です。とくに、常に態度が一定で優しい女性というのは、それだけで一つの才能を持っているようなものです。

女性は生理もあるので、ホルモンに感情を左右されやすいです。ところが男性にしてみれば突然態度が変わったり責められたりするのは、混乱するだけでなく、ただでさえ疲れているところを、さらに疲れさせる存在でしかありません。

結婚するなら、常に変わらず愛してくれること、いつも一定の態度で接してくれ、不機嫌にならない女性を男性は求めています。

自分でも稼げる経済力を持っている

婚活をしている女性の中には、「専業主婦になりたい!」と宣言し、「年収800万円以上」など欲をむき出しにしている女性もいると聞きます。

しかし、自分で稼げる能力がないから男性に稼いでもらいたい、というのはハッキリ言って時代に合いません。結婚して子育て中だから働けない、というのは理解できますが、まだ結婚してもいないのに男性にだけおんぶに抱っこを求めるのはナンセンスです。

職業を持って、稼げる経済力がある女性であれば、お金がないけれど若くてハンサムな男性とだって結婚できる可能性があります。
顔や外見に自信がない女性でも、経済力で男性を誘惑することだってできるのです。

自分で稼いでいる女性の話は面白く、野心や希望に満ちていて筋がピシッと通っています。そんな強さを持っている女性というのは、現代の人気女性の象徴とも言えるのではないでしょうか。

そんな女性となら、男性は結婚してからも、趣味に使うお金を制限されたり、家族を養わなければいけないプレッシャーに押しつぶされることはありません。女性が稼いでくれる存在であればあるほど、男性は「結婚しよう」と気軽に提案できるのです。

子供が好きで出産できる

いかにも子供が好きそうで、良いお母さんになりそうな女性というのは、男性にとって家庭を想像しやすくなります。

結婚する理由が「子供ができたから」という「できちゃった婚」は、もはや一般的になりましたよね。一緒に親になるんだからきちんと結婚しよう、というのは良いきっかけだと思います。

子供がいなくても結婚して幸せな夫婦というのはたくさんいますが、これから結婚したいと思う男性の多くは、「子供が欲しい」と思っています。そのため、出産できる健康的な女性で、自分が働いている間しっかり子育てを任せられる存在であるかどうか、というのは大きなポイントです。

人に会わせても恥ずかしくない常識を備えている

結婚するとなると、二人だけの世界というわけにはいかなくなり、職場の人や友人、親や親戚にきちんと紹介することになります。そんな時に、きちんとした会話ができるかどうかというのは男性にとって重要です。

天然キャラやほんわかした女性でも、男性を立てながらきちんと挨拶ができ、礼儀をわきまえている女性というのは、すんなりと結婚に結びつきやすいです。

逆に、一般的な常識がなく、会話もままならないような女性、異常にシャイな女性だと、結婚して職場の人や自分の親戚、とくに親と仲良くできるかと男性としては不安になってしまいます。

社交の場などで、かまってあげなくても初対面の人ときちんと挨拶や会話ができる女性でなければ、男性は安心できません。

「付き合うだけならいいけど結婚はちょっと」と思われる女性は、人に会わせるのがちょっと心配、あるいは恥ずかしいと思われるような、常識のない女性かもしれません。


スポンサーリンク




無駄遣いをしない素朴な女性

結婚して家計を奥さんに任せることになっても構わない、と男性に思わせられなければ、なかなか結婚には至りません。一生懸命稼いできたお金をきちんと計画的に使ってくれたり、節約をして子供のために貯金したりするスキルが、奥さんとなる女性には求められるのです。

現在独身だからといって、お金があればすぐにブランド物を買ってしまったり、エステや旅行などですぐに使ってしまう女性は、男性からすると「結婚しても無駄遣いしそう」と思われてしまいます。

趣味はお金のかからないもので、ささいなことで幸せを感じることができる、素朴な女性というのは、いつの時代も男性から人気があります。
結婚しても、特別なことを求めず、日々の暮らしの中でも笑顔でいてくれると感じるからです。

自分の冗談に笑ってくれる

男性は、常に面白いことを言いたいと思っていますが、誰もがお笑い芸人のように面白いことを言えるわけではありません。けれど、男性が笑わせようとサービス精神を発揮した時には、女性にはきちんと汲み取って笑って欲しいのです。

それが本当に面白いと思って笑ってくれれば理想ですが、たとえ面白くなくても、「面白い!」と言って笑ってくれると、男性は幸せを感じ、「この子は本当にいい子だ!」と思うものです。

自分が冗談を言って彼女が笑う、という光景が、一緒に家庭を持つという想像に簡単に結びつくのです。逆に、面白いことを言っても笑ってくれない、気付いてくれない、「何が面白いの?」などと言われると、結婚して生涯一緒に過ごしたいとは思いません。

本音は恋して結婚したい!ずっと惚れさせてくれる女性

男性は、本能で追いかけたい生き物です。結婚しても奥さんにはいつもキレイにしていてほしい、時にはセクシーに誘惑してほしいと思っています。

実際結婚してみれば、それは難しいかもしれませんが、未婚でもそんな雰囲気を醸し出している女性というのは、男性にとっては結婚したい、何とか自分につなぎとめておきたい存在です。そうしなければ、きっと他の男に取られてしまう。早く自分のものにしたい!と思ってプロポーズするのです。

女性が条件を考えて打算的に結婚相手を探しているのだとしたら、男性はもっと本能に従ってピュアなものなのです。

ずっと追いかけたいと思う女性には、出会った時から強く惹きつけられるかもしれませんし、出会ってから徐々に結婚を意識するかもしれません。それにはやはり、常に努力して外見的にも内面的にも、そして経済的にも魅力的である必要があるのです。

結婚したいのに独身・未婚のままなのには理由がある

素敵な男性なのにアラフォーで独身、未婚。結婚はしたくないと思っている彼の場合は、何か理由があって結婚を渋っているのかもしれません。渋ってはいなくても、何か一歩踏み込めない理由があるのです。

女性はそんな理由を察知し、その心配を取り除く存在になれば、そんな男性とでもすんなり結婚することができるでしょう。結婚したいと思う男性が決まっているなら、その人の内面や抱えていることがどんなことであっても、彼の味方であることを伝えることです。

結婚するには、一緒に人生を歩んでいきたい、嬉しいことも悲しいことも、この人とシェアすることでメリットがある、と思わせることが必要です。

これから婚活をする人も、男性は弱くて繊細な生き物、そしていつまでも女性を追いかけたい生き物なのだということをしっかり頭におくことで、結婚したいと思われる女性に近づくことができるでしょう。


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です