恋愛・恋活

彼氏彼女の最適な会う頻度・連絡頻度は?頻度が減った時の彼氏の本音


付き合い始めの頃は、毎日LINEやメール、電話をしていたのに、付き合いが長くなるにつれてすっかり頻度が減ってしまった!
なんてこと、よくありますよね。

せっかく両思いになった恋の熱は、なるべく長く持続させたいもの。
そんな時の彼氏の本音や対処法、愛されている実感を感じるためのコツなどをまとめてみました。

会えなくてイライラしてしまう前に、是非ともより効果的な方法を試してみてくださいね。


スポンサーリンク




大人の恋人同士なら、学生の頃のように毎日いつでも会えるというわけではありません。
それぞれの生活があり、付き合いや趣味もあるためです。

付き合い始めの頃から忙しくてあまり会えないカップルや遠距離カップルは、彼氏からの連絡が減っても、そんなにモヤモヤを抱えずにすみますが、家や職場が近いカップルは、最近なんだか連絡が減った!となると、最初は毎日のように会っていたのに、と何となくモヤモヤしてしまいますよね。

でも実は、彼氏と彼女では「会いたい」と思う頻度が違っているのです。
基本的に男性は女性よりも会えなくても平気な生き物ですが、その割に、夜酔っ払ったら会いたくなったり、突然「今日は彼女と眠りたい」と思うようなことがあるのです。

筆者は女性ですが、周囲からは男性のような脳内だと言われます。男友達も多いです。
男性は恋人だからと言って、毎日会えなくても全く平気。むしろ自分の時間も欲しいので毎日はかんべんしてほしい、という感じです。

とくに男性は、彼女といる時の自分と、友達とワイワイやっている時の自分は別人のように違っている人も多いので、バランスを保つためにもそれぞれの時間が必要なのです。

連絡頻度が変わるのは、付き合って3ヶ月目

付き合い始めは毎日LINEやメールをしていたけど、最近それがなくなった!
と感じるのはだいたい3ヶ月頃ではないでしょうか。

付き合い始めのキャピキャピ感が薄れ、お互いに慣れてきた頃です。
平均的には、LINEやメールなどの連絡は毎日、あるいは週2、3回という人が多いようですが、こればっかりは個人差があります。

ただ、毎日連絡していたのが週2、3回になり、週1になり、というふうにだんだん減ってくるのは、だいたい3ヶ月が分かれ目です。

彼氏からの連絡が毎日欲しいと思ったら、3ヶ月経っても飽きさせないこと、油断させないことが決め手になってきます。でも、相手が忙しいのにもかかわらず、毎日の連絡をせがむのはNGです。

恋人は付き合いが3ヶ月になると、ますます相手に惚れるか、だんだん冷めていくかのどっちかになります。忙しいだけなのに彼女から鬼電や立て続けのメールがあると、一気に冷めてしまいます。

連絡頻度が減った時の彼氏の本音とは?

恋人同士なのに連絡頻度が減った!と彼女が不満に思う時、彼氏の本音とはどのようなものがあるのでしょうか。

1、社会人として会えない時期もあることを理解してほしい

高校生や大学生の付き合いならともかく、社会人として仕事をしている以上、忙しくて連絡できないこともあるのは当たり前です。
忙しくてもメールくらいできるでしょ!と思うかもしれませんが、男性の脳内は時に複雑です。

「この仕事が片付いたらメールしよう」「今はこれだけに集中したい」と思うこともあり、それは自分で決めたことなので彼女であっても他人にとやかく言われたくないのです。

ずっと愛される彼女でいるためには、彼氏の仕事のことはきちんと理解してあげましょう。

2、自分にゾッコンだから放っておいても大丈夫

連絡頻度が減ってしまう理由として、彼女に愛されているという安心感から連絡をサボっている場合があります。多少放置しても大丈夫だという思いから、連絡する時間があっても「まあいっか」となってしまうのです。

「愛してる」ということを彼氏に伝えるのはもちろん大切なことですが、あまりに安心されるのも考えものです。ただ安心しているだけなら良いですが、その油断から出来心で浮気されることも十分ありえるので要注意です。

3、自分の趣味や友達との付き合いが忙しい

彼女とデートばかりだと、彼氏は男友達との時間や趣味の時間を作るのが難しくなってしまいます。とくに趣味や友達が多いタイプの男性は、彼女との時間ばかりにとらわれてしまうと、息苦しくなってしまいます。

趣味や友達との時間に没頭している時は、彼女のことも忘れてしまう瞬間があるので連絡を怠ってしまうのですね。

4、単純に飽きた、他に気になる子がいる

最悪のケースとしては、連絡をあまりしないのはすでに心が他の女性に移っている場合、あるいは単に冷めてしまったという場合があります。
他に気になる子が出来た時には、連絡がないだけでなく、話していても冷たくあしらわれたり、避けられたりするでしょう。

そうならないためにも、男性の心をしっかりとつなぎとめておかなくてはなりませんね。


スポンサーリンク




彼氏と彼女になっても安心させない方法

彼氏が連絡をあまりしてこないのは、仕事が忙しいという理由でなければ、あなたに安心しきってしまっているからです。

恋人同士だからといって、「何があるか分からない」という危機感を彼氏に与えることで、いつまでも夢中にさせることができるのではないでしょうか。

1、自分の時間を楽しむ女性でいる

彼氏ができると、「趣味が彼氏」のようになってしまう女性が筆者の周りにもいます。
でもそれだと100%、どんな美人でも飽きられてしまい、浮気されるか振られてしまいます。

彼氏ができても、自分という軸はしっかりと持っていなければなりません。自分のために自分が楽しめることに没頭する時間を作りましょう。

2、他の異性の存在をチラつかせる

「他の人に取られてしまうかも」と思うと、彼氏としては焦って何度も連絡したくなります。自分の周りで起こった面白い話などに交えて、異性の存在をチラつかせましょう。

そうすることで、もっと自分の方を向かせなければと思うので、彼氏は頻繁に連絡してくるようになります。筆者の男友達も、彼女と他の異性が仲良くしているのを見て逆に燃えたと言っていました。

不安にさせるまではいかなくても、他の男性と楽しくおしゃべりした、というくらいのことを、さりげなく伝えてみましょう。

3、外見やファッションセンスを磨く

他の男性から見ても魅力的な女性というのは、いくら恋人と言っても心配になります。付き合って長くなると、なかなか気合いを入れておしゃれをすることもなくなるのではないでしょうか。

男性というのは、自分ために一生懸命おしゃれをしてくれる女性が大好きです。逆に言えば、付き合いが長いからといっておしゃれをしなくなる女性にはガッカリして冷めてしまいます。

誰から見ても魅力的な女性になるため、外見やファッションセンス、似合うメイクなどを研究してみましょう。会う頻度が減ってきた時こそ、会える時には思いっきりおしゃれをするのです。そうすることで、彼氏も「他の男に取られるかも」という危機感を覚えます。

4、面白い会話の話術を磨き、聞き上手になる

「美人なのにフラれてしまう人」の特徴として、「話が面白くない人」というのがいます。付き合い始めは見かけだけで満足できても、付き合いが長くなるとやっぱり話していて面白いかどうかにつきます。

「面白い話は男性がするべき」なんてお高くとまっている女性は話になりません。自慢話ばかりもうんざりされます。

どんな美人でも、面白い話ができる女性、あるいは聞き上手で相槌を楽しそうに打ってくれる女性でなければ、選ばれる女性にはなりません。

面白い話をストックしておき、彼氏の話は常に面白いと思って聞きましょう。

付き合い始めの新鮮な気持ちを忘れずに!

彼氏の連絡頻度が減るのは、仕事や付き合いなどの理由のこともあれば、実は彼女の方にも問題があるのかもしれません。

相手にいつまでも愛してほしいと思ったら、自分も付き合いたての新鮮な気持ちを忘れずにいることが大切です。
おしゃれをしたり、彼氏を立てて会話すること、自分の楽しみをしっかりと見つけることなどを意識すると良いですね。

愛されて連絡されまくる女性になるために、もっと彼氏を愛してあげると良いかもしれません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です