日常系小説

リセット~日常系小説

財布をどんなに覗き込んでも、出てくるのはレシートと小銭ばかり。 やっと見つけた現金は全部で327円。あと2週間 […]

日常系小説

指輪~日常系 おすすめ小説

「美穂さんてあまりジュエリーって付けないんですね」 肉を切る手を止めて、かおりはそう言った。 熟成肉を自然派ワ […]

日常系小説

霊感少女と猫又~日常系 おすすめ小説

「ぬんぬんぬん♪ふ、ふふ~ん♪」 よくわからぬ鼻歌を歌いながら、一人の少女が桜の舞う河川敷を歩いていた。 近く […]

日常系小説

母への甘え~日常系 おすすめ小説

朝は意地悪、なんていじらしい一文を、どこかの文豪は小説の中で書いたという。 けたたましい音を立てて睡眠を邪魔し […]

小説

徒然日和~日常系 おすすめ小説

「……どうしよう」 私は樋野 香苗(ひの かなえ)。 今年で満28歳。1つ年上の夫と、6歳になる息子がいる。 […]