恋愛小説

プチプラスキンケアで彼氏キープ 綺麗な肌にする方法

窓から見える木の葉が色付き始めている。紅葉の見頃はまだまだ先、これから秋が深まっていくところだというのに、カフ […]

恋愛小説

メイク変えたらモテた?恋~短編恋愛小説

(加奈子)「年下男子ってさ、受け身なのかなぁ。やっぱりこっちから連絡先聞くべきだった?」 合コン後、女子だけの […]

恋愛小説

ウエディングドレス~短編恋愛小説

誰でもお姫様になれると信じていた幼少期。 白馬に乗ってやってくる王子様なんていないし、女の子の顔にはランクがあ […]

恋愛小説

取られたくない彼女~短編恋愛小説

夕食で使った食器を洗い、水切りカゴに並べていく。夫婦茶碗とおそろいの箸。おかずの乗っていた大皿、副菜用の小鉢。 […]

恋愛小説

幼なじみの再会~短編恋愛小説

「新入生代表、エルザ・アザーロヴァ」 全力を出し切った、高等科への編入試験―――主席は自分ではなかった。 それ […]