結婚・婚活

結婚したい40代、アラフォー女性の厳しい婚活の現実。高望み?(2/2)妥協・自分磨き・結婚相談所編


結婚したい40代、アラフォー女性の厳しい婚活の現実。妥協・自分磨き・結婚相談所編

アラフォーが結婚するためには妥協が必要……でもどこまで?

アラフォー女性が婚活で幸せを掴むためには、理想を下げ、妥協しなくては無理だと言われています。

それでは、結婚するためには、どこまでの妥協が必要なのでしょうか?婚活前にしっかりと向き合い、心の準備をしておきましょう。

スポンサーリンク


経済面で男性に頼るのは止めよう

近年の婚活事情を見てみると、パートナーにはいくつになっても働いてもらいたい、と考える男性が非常に増えています。これは若い世代~年配世代まで変わらず、専業主婦の人口はどんどん減少しています。

このような状態で、結婚が難しいアラフォー世代が「専業主婦として養ってもらえるだけの年収がある男性と結婚したい!」と言い出したらどうでしょうか?その瞬間、結婚へのハードルが跳ね上がり、不可能に近い状態になってしまうでしょう。

アラフォーからの婚活では、相手の年収を気にしないことが一番です。共働きを前提にし、相手の年収が自分よりも低かったとしても、働いてくれていることに感謝をしましょう。

結婚すれば、家庭の財布は一つです。自分の方が稼いでいるから……と上から目線になるのではなく、夫婦で暮らせるだけの年収が確保できるかどうかをポイントにすることで、婚活成功の日が近づくでしょう。

本当に必要な条件だけを書き出してみる

アラフォー女性は結婚に対する理想が高すぎる傾向にあります。170センチ以上の人がいい、同居はしたくない、大卒がいい、お酒やたばこは嫌、派遣やフリーランスの人は無理、優柔不断な性格はちょっと……など細かい条件を言い出したらキリがなく、相手が見つからなくなってしまうでしょう。

婚活するなら、今求めている条件が本当に譲れないものかどうかを再確認してみましょう。「タバコを吸わない人なら、同居でもOK」「自分の家族と暮らしてくれるなら、相手の職業や容姿は問わない」「とにかく見た目重視でその他は一切気にしない」など、譲れるポイントとそうでないポイントを分けることで、重点を置くべき部分が見えるでしょう。

アラフォーからの婚活は、結婚相談所や婚活サイトを利用するケースが多いですから、こうした条件面での妥協点を決めておくことで、結婚までの道がスムーズになります。受け皿を大きくしておくことで、“思っていたよりも良い条件の相手に出会えた!”という場合もありますから、許容範囲は広げられるだけ広げておくのが正攻法だと言えるでしょう。

子どもを望まなければ結婚のチャンスがぐっと広がる?

アラフォー女性が結婚するためには、多くの妥協や諦めが求められます。その時に、まず思い浮かべて欲しいのが、子どもを望むか望まないか、です。

結婚するからにはママになりたい!40代を過ぎても産んでいる芸能人だってたくさんいるし……という声もありますが、40代で初産を経験するのは簡単ではありません。40歳で自然妊娠できる可能性は5%、45歳では1%だと言われていますから、婚活成功よりも低い確率となっているのです。

40代からの出産を目指すためには、高度な不妊治療などが必須となることもあり、多額の費用が必要となるため、男性側が難色を示すケースも多いでしょう。さらに染色体異常や流産などを発生する確率が格段に上がってしまうため、辛い思いを抱える可能性が高いのです。

この事実を知った上で、「子なしでも良いかな?」という考えが浮かんだら……その瞬間結婚の門戸が一気に広がるでしょう。婚活している男性の中には、もともと子どもを望んでいない男性や、再婚のためもう子どもは必要ない、という男性が一定数存在しています。

そういった男性にとって、最初から子なしでOKだと言ってくれる女性はありがたいものなのです。条件によっては、子どもを望まない、年上好きの年下男性と知り合うチャンスだってあるでしょう。出産までのタイムリミットを設定しなくて良いため、十分な交際期間を経てから結婚へ進むことができるのも大きなメリットです。

婚活を始めるなら、“子どもが欲しい、欲しくない”は一番に決めておきましょう。できれば欲しいけれど……と考えてしまうことで、せっかくの縁を逃してしまうかもしれません。

スポンサーリンク


アラフォーからでも女性は変われる!今すぐ実行したい自分磨き

アラフォー世代から婚活を始める場合、当然人一倍の努力が必要となります。年齢だけで敬遠されがちな年代ですから、結婚するためには家事はできて当たり前、一般常識は知っていて当然です。足りない部分があるのなら、今すぐ自分磨きをスタートし、選ばれるアラフォー女性を目指しましょう。

癒しの空間を作って会いたくなる女性になる

アラフォー女性が婚活するにあたり、大きな強みとなる部分をご存知でしょうか?
それが、若い世代が持っていない、懐の広さや包容力です。仕事や恋愛、人間関係など、様々な経験を積んでいるアラフォー女性は、小さなことでイライラしたり、投げやりになったりしない器を持っています。婚活では、この部分をより推し出すようにしましょう。

結婚したい男性に条件を聞いてみると、意外にも一番に“優しい人がいい”という声が上がります。もちろん、優しければ何歳でも良い、という訳ではありませんが、恋人とケンカばかりの関係に疲れている、といった男性は、なんでも怒らずに聞いてくれて、認めてくれる女性の存在にほっと一息つけることでしょう。

もし今、仕事が忙しく、アラフォーなのにギスギスしてしまっている……という状態なら、態度を今すぐ見直しましょう。優しさもなく、年齢もアラフォーでは、周囲から婚活リタイヤ組だと思われても仕方ありません。自己満足な考え方や、上から目線は絶対にNGと心得て、今すぐ大人の優しさをアピールする必要があるでしょう。

「そうはいっても、どうしたら良いのか分からない……」と言う場合は、聞く姿勢を身につけるだけで男性からの見る目ががらりと変わります。自分の意見は相手の話を聞いてから述べるようにし、まずはそのまま受け止めるくせをつけることで、一緒にいて心地良い女性になって行けます。

特に男性は、女性のマシンガントークに弱いものです。言葉で糾弾してしまうと心を閉ざしてしまうケースもあるため、想いを伝えたいときは手紙やメールなどを利用しましょう。“いつでもにこにこ話を聞いてくれる”“話していると癒される”という女性を目指せば、アラフォー年代であっても、まだまだ手に入れたいターゲットになることができます。

スポンサーリンク


自分のセールスポイントを積極的にアピール

アラフォーからの婚活は待っているだけでは何も始まりません。少しでも相手に自分を知ってもらう努力を行い、選んでもらう必要があるでしょう。

婚活では、ついつい相手の条件に、“〇〇であって欲しい……”といった要望ばかりを詰め込みがちですが、それでは男性側の負担になってしまうだけ、という事実にまずは気付いてください。

友人関係であっても、自分が苦手な裁縫などを代わりにしてくれる女性がいれば、頼りになりますし、なにより嬉しい気持ちになります。婚活もこれと同じで、相手に何をしてあげられるのか、自分と結婚することで、どんなメリットがあるのかを伝えていく必要があるのです。

そのためには、“男性は何が苦手か……”を考えるとスムーズに答えが浮かびます。例えば、「結婚して家事を女性にお願いしたい」という男性は非常に多いのですが、ここで“夫婦平等の時代だから家事は共同作業”と言い出してしまっては、相手から選ばれなくなってしまいます。

もし、家事は苦手……という場合でも、今から頑張ればかならず習得できますから、諦めずにスキルを高めるようにしましょう。その他にも男性が苦手なこととして、近所付き合いや、親戚関係とのやりとり、お金の管理、服装や髪型などの身だしなみ、親の介護などが挙げられます。

婚活を行っていくなら、これらの男性が苦手としている部分をサポートできるようにし、さりげなく家事や人付き合いが得意であることなどを、会話に盛り込みましょう。そうすることで男性は、「この人と結婚したら毎日の生活が楽になる、潤う」という気持ちになっていきます。

アラフォーからの自分磨きは年相応を心がけて

アラフォー婚活に失敗している女性に多いのが、若い世代に対抗するため無理をして若作りしているパターンです。少しでも若く見せようと、若者ファッションや若者メイクを取り入れた結果、痛いオバサン状態になってしまっているのです。

最近では、“美魔女”という言葉もありますが、美魔女と言われている女性のほとんどが既婚者です。すでに結婚している女性が若々しいファッションやメイクを取り入れるのはありですが、独身女性がその状態では「だから結婚できないんだ」と思われてしまうのがオチでしょう。

婚活しているアラフォー女性に求められているのは、ハイセンスなオシャレではなく、清潔感のある服装や化粧です。「地味な格好ではオバサンにみられてしまうかも……」という心配はいりません。年齢にふさわしい落ち着いたスタイルを貫くことで、“この人と結婚すれば穏やかな毎日が送れるかもしれない”と思わせることができるでしょう。

今の年齢にあったメイクや服装が分からない……という時は、デパートの化粧品売り場と洋服売り場を巡ってみましょう。美容部員さんと店員さんに、似合う化粧や服を聞くことで、年齢や個性にぴったりなアイテムを提供して貰えます。

若返りたいから……若者の街へ繰り出すのではなく、アラフォーをターゲットとしたショップを選ぶことも大切です。

スポンサーリンク


趣味を突き詰めることで、出会いにつながる可能性も

自分磨きをすることで、アラフォー女性の魅力を上げることができますが、それだけでなく趣味の場で出会いを探すという手段もあります。料理や華道、茶道などの自分磨きでは、周囲が女性ばかり……というケースがほとんどですが、趣味によっては男女比が半々という場合や、女性の方が少ない、という場面もあるでしょう。

車やアニメ、歴史にお城、珍しいお酒や辛い料理など、ニッチなジャンルに踏み込めば踏み込むほど、趣味を理解してくれる女性がいない……という男性との出会いが期待できます。

とはいえ、まったく興味のない世界へ無理して参入したり、うわべだけの知識で会話をしたりしても、うまく行かないでしょう。自分の本当に興味がある分野を見つけ出し、趣味としてさらに知識を深めるためという想いで、仲間と出会うことが大切です。

共通の趣味に加え、さらに別の共通点が見つかれば、一気に距離が狭まることもあります。婚活に結びつかなかったとしても、自分が楽しめる趣味の場を充実させておくことは、独身生活に潤いをもたらしてくれるはずです。

こんな自分磨きはダメ!婚活失敗例から学ぼう

「アラフォー世代に必死になって自分磨きをしたのに結婚できなかった……」という女性が一定数います。せっかく頑張ったのに、彼女たちはいったいなぜ失敗してしまったのでしょうか?

それは、結婚相手としてふさわしい自分になるため、習い事やお稽古に夢中になりすぎたこと、だと言われています。

語学に美文字、マナーに料理など、高みを目指したのは良いのですが、そのせいで婚活に向ける時間が短くなってしまったケース、習い事などで自分自身の価値が高まったと勘違いし理想を高めに設定してしまったケース、婚活よりも自分磨きがメインとなり男性が呆れたり、引いてしまったりしたケース、などの結果となり、後悔している女性も多いようです。このような結末を迎えないためには、婚活と自分磨きはバランスを見ながら行うことが大切です。

スポンサーリンク


・アラフォーが結婚できる確率はごく僅か!結婚相談所や婚活サイトは必ず登録!

アラフォー、特に40代からの婚活は結婚率が低くなりますから、なんといっても多くの男性と出会うことが大切です。結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーなど、使えるものはすべて利用するつもりで行動していきましょう。

意外に知らない!アラフォー女性でも婚活できる場所や方法をチェック

これまでに、結婚相談所や婚活サイトなどの言葉は聞いたことがあっても、その中身は想像でしかない……というアラフォー女性が多いかと思います。

アラフォー世代でバリバリ働いている女性は、若く見られたり、活動的だったりするため、自分に自信があるというケースが多いでしょう。そのため、まさか自分が結婚相談所や婚活サイトへ登録しなければいけないなんて……とショックを受けるかもしれません。

ですが、実際に婚活の場を見てみると、そんな思いは杞憂であることが分かります。40代以上の多くの女性が実際に登録していますし、活動場所や方法も様々ですから、自分に会ったスタイルでの婚活をスタートできるでしょう。

アラフォー女性が実際に利用している婚活市場としては、以下のような場所や方法が挙げられます。
・結婚相談所
・婚活サイト
・婚活パーティー
・婚活バーや居酒屋
・婚活アプリ
・婚活バスツアー
・婚活イベント(BBQやアウトドア、スポーツ、1DAYレッスンなど)
思っていた以上に多くの婚活スタイルがあることに、驚いたのではないでしょうか?

この中でも、男女ともに特に利用者が多いと言われているのが、結婚相談所や婚活サイトです。

その他の方法と比較した場合、圧倒的に登録者数が多いため、“40代であっても婚活成功のチャンスをつかめる”と利用するアラフォー女性が増えています。

あの人が結婚相手を見つけた意外な秘密とは。

上手に婚活パーティーやイベントを利用するコツを紹介!

婚活パーティーやイベントは、結婚相談所や婚活サイトに比べると、アラフォー女性が求められにくい場所です。そんな、アラフォー女性に厳しい婚活市場であっても、ちょっとしたテクニックで男性の興味を惹きつけることができます。その一番簡単な方法が、参加したいパーティーやイベントの条件に注目する方法です。

アラフォーからの婚活であるにもかかわらず、年収〇〇万円以上、医者限定などの好条件ばかり狙っていては、若い層に勝つことができず、時間を無駄にしてしまうばかりです。しかし、「年齢38歳以上」「40代限定」などの集まりに限定した場合はどうでしょうか?

このパーティーやイベントで、何より嬉しいのが、参加男性はアラフォー女性を求めているという点です。参加者の年齢層は全体的に高くなりがちですが、同世代の参加者と巡り合える可能性も待っています。

さらに、自分自身がアラフォーですから、場合によってはその会場で自分が一番若い!といった状況を狙えることもあるのです。男性はまず年齢を気にするため、第一印象から多くの視線を集めることができるチャンスです。この機会を逃さず、他の参加者と一線を引く立ち居振る舞いで婚活を成功させましょう。

スポンサーリンク


遠くの相手とも知り合えるから結婚に近づける!

結婚相談所や婚活サイトなどを利用せずに婚活を始めた場合、出会える相手は職場や友人の紹介など、身近な相手ばかりとなり、結婚できる確率は正直ゼロに近いと言わざるを得ない状況になってしまうでしょう。

ところが、結婚相談所や婚活サイトなどでは、全国の男性から相手を見つけることができます。もちろん、最初から近場だけの女性を希望している男性もいますが、“良い人がいれば地域は気にしない”という男性も案外多いですから、一気に出会うチャンスが増えるのです。

距離がある相手と話を進める場合、頻繁に会って話をすることが難しくなります。そのため、デートなどの交際期間をあまり持たず、とんとん拍子に結婚の話がまとまったという報告が多いのも、嬉しいポイントだと言えるでしょう。

住んでいる地域が変われば、価値観も変わります。そんな違いを否定するのではなく、楽しむつもりで婚活を進めると、相手から好印象を持たれます。また、できれば自分の家の近くに来て欲しい……と思っているのはお互い様ですが、アラフォーからの婚活ですから、極力自分の気持ちは抑えるようにしましょう。

近所同士で結婚した場合であっても、転勤などの理由で地元を離れるケースが多々あります。あらかじめ、相手の住む地域にお嫁へ行く覚悟を決めておくことで、選択肢が広がり、より良い縁が訪れるでしょう。

最後に

アラフォーからの婚活事情は非常に厳しいものですが、まだ諦める必要はありません。アラフォーだからこそ持てる気遣いや包容力などの武器を最大限に生かし、アラフォー女性でもOK!という男性を確実に射止めることが重要でしょう。

また、アラフォーからの婚活で幸せを掴むためには、1分1秒も無駄にできません。結婚への理想を見直し、自分なりの妥協点を見つけたら、今すぐ結婚相談所や婚活サイトへ乗り込んでいきましょう。

結婚相談所で結婚できないならエン婚活エージェント。成果重視、成婚料なし、お見合い料金無料。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です